FC2ブログ

【2309】141005 ヒモ族入信の儀?Gabacho邸再訪:序章・・・(^^; 

何だか、マラソン大会の走者の集団をかき分けながら、必死に逆走しているような・・・世の中がデジタルが当たり前、今やハイレゾの時代ですよと日々邁進をつづける中・・・

一部、レコードの人気が上がっているなんて話題を聞いて、しばらく経ちますが・・・

アナログへの回帰?・・・いやあ、確かにレコードが一部に人気ってのは・・・ま、言っても、極々ホンの一部ではってはなしですが・・・これはありなんですよね(^^;

例えば、こちら大阪の日本橋では・・・中古CDショップに中古レコードがかなり置かれるようになってますし・・・中古レコード専門店も出現してますし・・・何より、一部では、新譜がレコードでも出てたりしてますし・・・

ま、間違いなく、一部アナログへの回帰が進んでいるのは確かなんですが・・・

そんな中で、テープ?・・・何それ?・・・そもそも、ソースはあるの?・・・メディアとして存在するの?・・・ってなことは、これっぽっちも考えてなくて・・・

今思うと、ちょっと、伺ったところが強烈過ぎたのかも・・・(^^;

これまでの体験で、キチンと調整されたアナログ再生には、デジタルの及ばない面があることは感じていて・・・特に、オリジナル盤と言われる、最初期のプレスには、驚くほどの情報量とエネルギー、そして何より、強烈な鮮度感が感じられるってことも・・・

ところが・・・Gabacho邸での体験では、そのオリジナル盤より更に情報量や鮮度感で勝る盤が存在することを体験・・・

そう言えば、これまでにも、何度かは、プロモ盤ってのを聞いたことがあったような気もするんですが・・・そのときは、単独での試聴だったりして、一般的に入手出来る音源との隔たりを余り感じてなかったみたいで・・・

それが、このGabacho邸では、それこそ、地続きでその根幹に向けて辿って行ったわけでして・・・おまけに、その先にテープの世界があるってことを・・・

でもって、更に、その先・・・録音現場にデジタル化が普及する前は、大元の記録メディアは、テープだったわけで・・・数代経た孫コピーだったとしても、そのマスターテープサウンドを体験してしまって・・・

っと、時をほぼ同じくして・・・デジタルの劣化・・・録音スタジオで製作されたプレスCDを作成する前のデジタルマスターの音を体験し・・・プレスCDになることで、いかに劣化するかも体験し・・・

でもって、このCD製作のためのスタジオマスターを直接CDRに焼いた音と、そのCD製作のためのスタジオマスターを作る元になったアナログマスターテープから直接起こしたアナログレコードのラッカー盤を聞いたりと・・・

この体験を繋いで行くと・・・手元に一般的に入手出来るCDと言うデジタルメディアから、実際の演奏を記録メディアに録音したばかりのところまで遡る体験をしてしまったわけで・・・

えっ?・・・そんなの生演奏とCDを聞き比べれば、直ぐに分かること?・・・

ええ、確かにそうなんですが・・・σ(^^)私的には、この一連の体験の前までは、電気を使った記録メディアに記録した時点で、実際の演奏とは、確実に別次元のものになってしまうんだと思い込んでいたわけで・・・

とは言え、CDに記録されているものをそのまま再現できれば、演奏を記録したばかりまでの状態に限りなく近い世界が再現できるのだと思ってたんです・・・

ところが・・・この一連の体験で、演奏を記録したばかりの音世界は、その演奏の印象を、そのまま記録メディアに残していて・・・プレスされた市販メディアとは、明らかに、断然次元の違うサウンド世界になっていたのだということを知った・・・って言うか、実体験してしまったわけで・・・

比較するまでもなく、別世界と思っていた世界の隔たりが・・・演奏と記録時点で、既に大きく違っていて・・・市販メディアは、この記録時点にかなり近いんだというのが認識の誤りだと気付いたと・・・

演奏の与える大きなエネルギーやエモーションは、実は、録音時点ではそれ程大きく失われるのではなくて・・・量産市販メディア化される際に、強烈に削がれてしまうんだと・・・

でもって、それぞれの格差は、量産化(プレス)時点で、最も大きく削がれ・・・特にアナログよりデジタル・・・つまり、レコードよりCDの方が差が大きい・・・

で、直接デジタル録音した場合と、アナログ録音した場合の違いは、未体験ながら・・・基点をアナログマスターテープとした場合・・・デジタル化の時点で、何か削がれるものがあって・・・そこから更に、先の量産化で、大きく削がれるということを認識したわけです・・・

ってわけで、この衝撃の体験をきっかけに・・・削がれるものの少ないアナログの世界で、プレスによる大きな格差を受けない、テープの世界を体験しておかなければという思いに・・・

で、昨日のオープンリールの試聴環境構築に手を出したわけで・・・

あれ?・・・序章すら終わらぬままに、今日の時間切れ・・・(滝汗

ってわけで、続きは明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2385-983e4e32