FC2ブログ

【2296】140915 ゴン蔵邸訪問(9)やっぱりプレス前後でこんなに・・・(^^; 

さて、ゴン蔵邸での貴重なサウンド体験・・・ま、実際のところ、この素晴らしいサウンドを聞かせてくれているシステム・・・現代機器とは違って、単に機器を繋げばお終いと言うわけではない・・・

そのほとんどが、パーツであり、かなりの部分に自作の要素が必要となってくる・・・ゆえに、個々のパーツの素性を知った上で、絶妙なバランスでシステムを構築して行ってこそ、このサウンドが得られるわけで・・・正に、オーナーの情熱とセンスや技術、知識やモノ自体と情報収集力の結晶というわけである・・・

そんなゴン蔵さんの音楽とオーディオへの情熱と愛情の結晶で、つぎつぎ、いろんなソースを聞かせていただいて、感激の連続なわけで・・・

っと、マンハッタンジャズクインテッドのめっちゃご機嫌なライブを、原寸大疑似体験し・・・改めて、そのダイレクトでストレートに、速く締まった濃く厚みのあるサウンドを浴びるように聴いて、感心するばかり・・・

同席の皆さんからも・・・こんなに厚みがあって濁らない音って・・・ホント凄いですね!・・・いやあ、恐れ入りましたと・・・絶賛のコメントが・・・

う~ん・・・このシステムでテープの音が聴いてみたいですね!・・・っと、ゴン蔵さんが、大阪のご自宅の方には、4trの19cmのテープとデッキをお持ちとのことで・・・今度伺う時には、こちらへ持って来ますよと・・・いやいや、何とも楽しみな話!・・・(^^;

で、おつぎにかかったのは・・・うん?・・・由紀さおり?・・・

【由紀さおりのピンクマルティーニ/1969】
2296-01由紀さおり&ピンクマルティーニ/1969

由紀さおりとピンクマルティーニのアルバムから、真夜中のボサノバ・・・

へ~!・・・1969とあるので、40年も前の?とおもったら・・・一昨年のアルバムで・・・1969年当時の曲をテーマにした、新しいアルバムとのこと・・・

ああ。だからか・・・アレンジも演奏も、随分新しい雰囲気で・・・録音も今風のすっきり爽快なサウンド・・・何となく、ラウンジのショウをPA通して聴いてるみたいだなと・・・(^^;

っと、Rayさんが・・・ここで聞くと、違うう歌に聞こえる・・・ここで聴くと粋だねと・・・

で、部屋の後方にたくさん置かれたウーファーユニットについて伺うと・・・いまのウバンギは仮の姿で・・・ゆくゆくは、その励磁のユニットで鳴らす構想をお持ちとのことで・・・励磁ならではの、いっそうの立ち上がりの速さと抜けを・・・なんて、凄いことを・・・(^^;

っと、つぎにかかったのは・・・井上揚水・・・

【井上揚水のブルーセレクション】
2296-02井上揚水のブルーセレクション

ブルーセレクションと言うセルフ・カヴァー・アルバムとのことで・・・Jazzミュージシャンとのコラボアルバムだそうで・・・そこから、 飾りじゃないのよ涙は・・・

ほう、Jazzっぽく軽快なアレンジで・・・なかなか新鮮な印象で・・・なんでも東京のスタジオで、全国ツアーの合間に、ツアー・メンバーによるレコーディング・セッションが行われたそうで・・・

で、おつぎは・・・Rayさんがこれの5曲目をと・・・

【フラメンコ】2001-02
2001-02フラメンコ

Ray邸で定番のフラメンコの・・・こちらは、マスターに近いソースからのCDRで再生・・・

おお!音が厚い!凄く芯のハッキリした厚みのある速い音!・・・いやあ、床の硬さに驚きながら聞き入ってると・・・

次はこっちをと・・・市販のプレスCDで、再び同じ曲を再生・・・

ああ、やっぱり・・・音が静かで大人しい印象で・・・あっ、ヒールのステップの音が全然鈍ってる・・・って言っても、うちなんかの出音と比べたら、これでも充分速くシャープなサウンドなんですが・・・さすがに、マスター近くで作ったCD-Rに、鮮度の面では全く及ぶわけもなく・・・っとRayさんが・・・やっぱりあかんか・・・ひょっとしたら、ここでかけたら、プレスCDでもよく鳴るかと思ったんだけどと・・・(^^;

いやはや、プレス前後では、やはり、これだけ歴然とした差が出るんですね・・・

っと、ここでEP盤の再生を・・・と、かかったのは・・・

橋幸夫と吉永小百合で、いつでも夢を・・・昭和40年より前の録音のようで・・・

っと、ここで、ウーファーの帯域を聞いてみることに・・・で、中高域の方のアンプを絞って、ウーファーのみで聞いてみると・・・あ、結構ボーカルまで聞こえているんですね・・・150Hzの6dBカットのローパスフィルターなので、これぐらいは出るそうで・・・

なんでも、555にカットせずに低域を入れると、ドライバーのエッジなど、寿命を考えて、無理をさせないようにとの配慮もあるそうで・・・

っと、さらにあれこれ聞かせていただいたんですが・・・今日はここで時間切れ・・・

ってわけでいよいよ明日が最終章・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2372-a52e3e3f