FC2ブログ

【2279】140913 USBリベラメンテを自宅でじっくり聴いてみる・・・(^^; 

さて、今回Ray邸で、SA-4帰還後のサウンドを聞かせていただき・・・途中のセレクターを撤去したサウンドの鮮度感、抜けの良さに改めて、その前にお邪魔した時のUSBリベラメンテのサウンドを思い出していた・・・

前回、Ray邸でUSBリベラメンテをダイレクトに繋いだサウンドを聞かせていただいた・・・

【2260】140824 Ray邸再訪(2):USBリベラメンテ試聴(1)・・・(^^; [2014/10/15]
以降、全5話・・・

実は、その際、更にこのちょっと前に、Gabacho邸で聞かせていただいた、演奏に限りなく近い所の録音音源・・・オリジナル盤、テストプレス・・・そして遂にはマスターテープの何代目かのコピーを2トラ38テープで聞いて・・・

その鮮度感の凄さに驚き・・・演奏の機微や熱気、エネルギー感など、生を感じる要素が、我々一般人が入手可能な音源になると、ごっそり無くなることを改めて認識したわけで・・・

一方で、このRay邸でのUSBリベラメンテ体験が、このサウンドの再構築・・・まあ、無いものは出せないにしても・・・元のサウンド、つまりは、Gabacho邸で聞かせていただいたマスターテープサウンドをイメージできるサウンドになるのでは?って期待が・・・

特に、今回Ray邸へ伺った際の鮮度感の高い、環境でなら、よりこのテープサウンドをイメージしやすくなるのでは?ってな気も・・・

ま、そんな刺激と・・・USBリベラメンテ到着後の拙宅でのトライ・・・

【2253】140819 USBリベラメンテ到着!・・・(^^; [2014/10/08]
【2254】140823 USBリベラメンテ試聴のはずが?・・・(^^; [2014/10/09]
【2255】140823 USBリベラメンテを実家で試聴(前編)・・・(^^; [2014/10/10]
【2256】140823 USBリベラメンテを実家で試聴(後編)・・・(^^; [2014/10/11]
【2257】140823 USB分離給電ケーブルの改修・・・(^^; [2014/10/12]

このトライに加えて・・・プチ悪足掻きな追加対策・・・

【2267】140831 USB分離給電ケーブルの改修・・・(^^; [2014/10/22]

と、拙宅でのサウンド向上のために、あれこれやって来たわけでして・・・

その流れから・・・この改修型のUSB分離給電ケーブルの実力確認と・・・ちょっと思いついたことがあって、拙宅でUSBリベラメンテ使用時の、USB給電アダプターの有用性を、もう一度確認しようと思いまして・・・

改めて、自宅実験をやってみたわけで・・・今日はその話・・・って、いつもながらに、回りくどくて分かり難い話やなあ!(^^;

で、何はともあれ・・・試したことの結果のφ(..)メモを・・・

【改修型(梯子型)USB分離給電ケーブル】
2279-01改修型USB分離給電ケーブル確認

まずは、改修型(梯子型)USB分離給電ケーブルのサウンドを確認して・・・っと、接続構成は・・・画像の通りで、PC~改修型(梯子型)USB分離給電ケーブル~自作USB給電アダプター(Type3)~自作分離給電ケーブル~KORG DS-DAC-10~RCAリベラメンテ~プリ(CU-80)・・・って構成!

で、音を確認して・・・自作USB給電アダプターのアースリンクOFFにして、再確認・・・やっぱ、グンッとSN感が向上して、見通しがよくなるなと・・・

でもって、これを、USBリベラメンテを使うと・・・なんですが・・・このままでは、前回と同じになっちゃいます・・・で、今回思いついたのが・・・

【USB給電アダプタとUSBリベラメンテ】
2279-02USB給電アダプタとUSBリベラメンテ

構成に、USBリベラメンテを入れるんですが・・・前回のように、USB給電アダプタとPCの間ではなく・・・USB給電アダプタとKORG DS-DAC-10の間に入れてみました・・・(ただ、接続の関係で、USB給電アダプタはType1を使用)・・・

っと、そのサウンドは・・・ハハハ、SN感の向上、音の鮮度、透明感の向上に加え、ずれてた音を収斂させて、滑らかに純度の高い演奏と、非常に自然な響きの空間が・・・ハハハ、既に、改修型(梯子型)USB分離給電ケーブルのアースリンクOffを簡単に超えちゃった・・・(^^;

で、それならと、USB給電アダプタ(Type1)のアースリンクをOFFにして再び聞いて見ると・・・はあ~!やっぱ、また更にSN感が向上して、音の透明度がアップ・・・これによって一層ソロが浮かび上がり、歌の歌い方、歌詞の語り方?気持ちの込め様が、凄く分かり易くなる・・・

じゃあ、最後に・・・USB給電アダプタは、果たしてお邪魔虫なのか?・・・

【USBリベラメンテをダイレクトに】
2279-03USBリベラメンテをダイレクトに

ってわけで、USBリベラメンテを、PC~KORG DS-DAC-10の間に、ダイレクトに使って、もう一度聞き比べて見ると・・・

うわ~!やっぱこれだわ!・・・厳密には、電源別給電より、更にそのアースリンクOFFより・・・確かに、若干SN感は下がっているのかも知れませんが・・・そんなことよりこの滑らかな音の濃さ!厚み!・・・あの究極のアナログサウンドの方向だ!・・・

やはり、拙宅では、USBリベラメンテのダイレクト接続の方が、音がクリアで、滑らかで、音数も多く感じ・・・ボーカルの強弱や息遣い、細かなニュアンスの表現までが感じ取りやすく・・・ピアノのペダルの音やその操作の前後のピアノの響きの違いまでも分かりやすい・・・

ってわけで・・・USBリベラメンテ、強いなあ!って、改めて感じた次第で・・・衝撃のマスターテープショックを払拭する・・・までは厳しいですが、容易にイメージできるサウンドを聴かせてくれる!・・・これは、既存のソースを聴く上で、大きな救い!

と、一縷の望みが得られたわけですが・・・実はこの後、また違う系統のPCオーディオに関連する体験をしにお出かけを・・・

と、残念ながら、今日はここで時間切れなので・・・つづきは明日に・・・

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2355-13800226