FC2ブログ

【2246】140721 京都人さん邸訪問(3)反射音で濁らないとピュアな音に・・・(^^; 

さて、京都人さんの研究成果とでも言うべき音場空間の再現ショウ?を、つぎつぎといろんな曲で楽しませていただき・・・この空間再現を、自分ちでやろうとしたら?・・・

う~ん・・・点音源のフルレンジで交差法のシビアなセッティング・・・まあ、ホントの立体空間の再現ってのは、今のσ(^^)私には無理だろうなあ・・・コツやノウハウが無いし・・・

でも、もしそのセッティングが出来たとしたら、今聞かせていただいてるサウンド空間が現れるのか?・・・う~ん、どう頭の中でイメージを膨らませて行っても、こんなに澄んだ、ピュアな音にはならない気が・・・

そうか!・・・やっぱり、壁からの反射の影響だ!・・・うちのサウンドイメージには、かなりの部屋の反射音が、それこそ何重にも折り重なってそうだってのが、容易に分かる・・・

でも、だからと言って吸音すうと・・・この生々しさは出ないだろうなあ・・・だって、これだけの広さの京都人さんのオーディオルームでも、様々なルームチューンが・・・

【この広さでもルームチューン】
2246-01この広さでもルームチューン

敢えて吸音系でといって探しても・・・床のシルク材?くらいしか・・・あんなに離れた壁でもオーガンジーがかけてあって・・これは吸音というより拡散だろうし・・・

あっ!・・・・そうか、拡散で反射音のレベルを下げて、時間差が出るようにして・・・直接音との時間差をつける方向の調整をすればいいって事か?・・・ハハハ、分かったよなことを書きつつ、じゃどうするの?って考えても、答えが・・・(^^;

んな、寄り道の愚考は置いといて・・・昨日のつづきへ・・・

バルバラのボーカルを聞いても、直接音がハッキリしてて、間接音が被らないので、ピュアな澄んだ声に聞こえるわけで・・・

っと、おつぎは・・・Marige GibsonのSay It With Musicから・・・

【Marige GibsonのSay It With Music】
2246-02Marige GibsonのSay It With Music

Jazzボーカル的なピアノトリオの伴奏にボーカルで・・・透明感のあるエコーが綺麗に広がっていく感じで・・・ピアノの高い方やシンバルも綺麗な音色に感じる・・・やはり、濁りが無いって感じで・・・

で、おつぎは・・・propriusレーベルのJazzのサンプラーから・・・

【propriusのJazzサンプラー】
2246-03Jazzのサンプラー

強くクリアなジャズボーカル・・・ピアノの音が生々しく・・・響きが濁らない・・・この点では、どれも同じ傾向に・・・つづくJazzライブの曲も、サックスとドラムのスティックの渇いた音が生々しさを感じて・・・特にシンバルの厚みのある音が、リアルっぽくて・・・

おつぎは・・・Toots thielemansのJust FriendsってSACDから・・・

【Toots thielemansのJust Friends】
2246-04Toots thielemansのJust Friends

ギターの音色と響きが綺麗で心地いい・・・ハーモニカとトランペットがそこに立つ感じで・・・それが、現実の今の空間で音が混じって行く感じに・・・

でもって、おつぎは・・・EXTONのSACDのサンプラーから・・・

【EXTONのBEST盤SACD】
2246-05EXTONのBEST盤SACD

ベートーベンの弦楽四重奏を4管でやった演奏で・・・楽器が空間に浮かぶ・・・クリアで響きがよくて・・・バスクラの低い響きも木管らしい優しい音色で、広がりと響きが綺麗・・・

おつぎは・・・ハルモニアムンディの50周年記念BOXから11枚目・・・

【ハルモニアムンディのBoxから】
2246-06ハルモニアムンディのBoxから

カスタネットが鮮烈で・・・バイオリンとギターと男声、女声で・・・空間の響きが半端ない伸びと広がりで・・・

で、このあと、レコード芸術7月号の付録CDから・・・ハーモニカのエコーが綺麗で・・・後でピアノの伴奏が・・・空間が広い・・・で、つぎの曲は・・・リコーダーとチェンバロとバイオリンの曲で・・・これまた自然なホログラム空間の半球の中に居るみたいに・・・

で、おつぎは・・・トスカニーニでワーグナー

【トスカニーニでワーグナー】
2246-07トスカニーニのワーグナー

ヒスノイズが入ってるけど気にならない・・・バイオリンの繊細な音が凄く聞き取れる・・・かなりな高解像度って感じで・・・前後もよく出てる・・・

京都人さんによると・・・この当時はコンデンサーマイクは未だ無いので、リボンマイクのはずですと・・・なるほど・・・だから少し音が太いんですね・・・

っとっとっと・・・せっかく調子付いて来たのに・・・今日はここまで・・・

つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2321-02d6e501