FC2ブログ

【2237】140720 Ray邸訪問(序)あら?SA-4は?・・・(^^; 

さて、Gabacho邸で、初めてのテープサウンド体験をさせていただいたんですが・・・いやはや、ホントに驚愕の連続で・・・こりゃあ、困ったものを聞いちゃったなあ・・・ってのが、正直なところ・・・

それにしても、製作現場では、聞いて見なければ、信じられないほどのクオリティーの作品を作っているのに・・・

大量生産という必須課題をクリアすることとのトレードオフなのか?・・・一般に、手に入るCDになると、何故こんなにも差が開いてしまうんだろうか?・・・

これまでの体験として・・・製作現場で完成した音源・・・市販のプレスCDを製造するための元となるデータと、実施に出来上がったプレスCDとの間にも、驚くほどの隔たり、劣化があることは、実際に何度も体験した・・

これらのスタジオからプレス工場へ出すレベルの音源をCDRに焼いたものは、これまでも、何社かがトライしていていますが・・・どれも、大抵は、かなりの差を体感できますし・・・

っと、これに加えて、アナログレコードのオリジナル盤やプロモ盤、テストプレスを聞かせていただいた体験からも・・・アナログからデジタルになる際に、既に何か大切なものが無くなってしまうように感じてて・・・

最近の、元からデジタル録音のものは別として・・・アナログ録音の作品の方が、より製作現場での作品おイメージに近いのだろうと・・・

で、今回、まさに、そのことをテープサウンド体験ににて、実感したわけで・・・

しかも、あれほど別格との体験をした初期に近いプレスのレコードの厚みや濃さや鮮度が・・・元のテープからすると、それさえ、やはり驚くべき差があるということが・・・

つまり・・・保管状態さえ悪くなければ、マスターテープには、極めて驚くほどの生々しさで録音時の演奏空間が取り込まれているのだと・・・

で、それを流通させるための媒体を作る過程(レコードのプレスやデジタル化とプレスCDの製作)で、驚くほど劣化してしまうと言うこと・・・

まあ、なので、出来るなら、今後は、この劣化する前のソースが、一般に入手出来るようになって欲しいなと・・・(一番の期待は、高次のDSD録音ソースの配信とか・・・)

まあ、とは言え、既に所有しているCDライブラリーを、全てそう言う音源に買い変えるなんてことは、非現実的なので・・・

今回体験したテープサウンドのイメージを起想出来るようなサウンド作りをしていくしかないかな?なんて・・・(^^;

って、それ以前に、自分のシステムの音をもっとまともにしてから言えよなって話ですけど・・・まあ、これも同時にやって行かんと駄目ですよね・・・(^^;

まあ、そんなことを、ぼんやり考えながら・・・Gabacho邸の近くで遅めの昼食を、皆さんと取りながら、あれこれもりがるオーディオ話をしつつ、ぼんやり考えてたと・・・

で、食事も終え、つぎの予定がある視と言うことで、名残惜しみつつ、Gabachoさんとお別れして、Iさん、Mさん、本日のコーヒーさんと、おつぎのRay邸へと車を向かわせました・・・

幸い、高速はたいした渋滞も無く・・・1時間足らずでRay邸に到着・・・

ってわけで、いよいよRay邸のサウンドを関東からのお三方とともに聞かせていただくわけですが・・・お部屋に入ると、あれ?

前回、帰還したはずのカウンターポイントのSA-4は?・・・

どうやら、前回オフ会で発生した症状は、思いのほか根が深かったようで、再度ドックへ戻ったとのこと・・・

ってわけで、少々残念なスタートとなりますが・・・これはまたこれで、新たな知見を得る機会なわけですから・・・

事実、この後、Ray邸には、既に2回もお伺いしておりまして・・・そのサウンドの変貌振りも体験済みで・・・(滝汗

なので、今回のお話は、少々シンプルに努めて・・・早々に、その後のサウンドのお話に繋げないとと・・・

と言うことで、今日のお話は、毎度のおさらいのための時間稼ぎインターバル・・・(^^;

いよいよ明日から、この日の音会のお話に・・・

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2312-96247414