FC2ブログ

【2204】140625-28 次の一手のために長尺バランス(XLR)ケーブル製作(序章)・・(^^; 

さて、Nさんにお誘いいただいた東海方面への2連荘の遠征で、FALやアバンギャルドといった個性的なSPの試聴体験の一方・・・久々のハイエンドシアター系サウンド体験では、初のベルテックのパワーアンプの威力を体感し・・・片や、不思議なことに、偶然か必然か?ダイヤトーンとイノウエシステムのお宅に2軒も伺ったわけで・・・

なんとも色濃い、濃密至極の連続体験・・・衝撃体験の連続・・・(@@;

ってわけで、本来なら、自宅のサウンドにどう活かそうか?って・・・その貴重な体験からの気付きや学びを元に、自宅システムのサウンド向上への情熱を燃やすべきところ・・・

実際には、現実世界・・・自宅システムのあまりの不甲斐なさに意気消沈・・・途方に暮れる事態へと呼び戻されたって感じでしょうか・・・(^^;

で、自宅システムの何が問題なのか?・・・ハハハ、それすらぼやけるほどの放置状態(^^;

えっと・・・ブログを見返して・・・見る間でもなく・・・問題は、音が眠いこと・・・勿論、鳴っていない状態な分けでして・・・

1つは、ず~っと引きずっているメインSPの弄り過ぎ~ユニットへの禁断の1手・・・

ま、これはある程度回復したかな?とも思い込もうとしてるんですが・・・(^^;

もう一つの問題である求める音と、現有機材のサウンド傾向の相違も重なって・・・

って、おいおい!(^^;・・・何それ?全然話にならんやん!・・・ハイ(^^;

そうなんです・・・どうやら、今のσ(^^)私が欲しているのは・・・濃く厚く実体感のある音・・・速くエネルギッシュで生々しい勢いと鮮度・・・ハハハ今のシステムじゃねえ・・・

でも、だからと言って機材を入替えるってのは、今のところやりたくはない・・・って、そもそも出来ないし(^^;

ってわけで、今の構成のまま、もっと遊び倒すことを考えようってことで・・・まずは、セッティングを調整して、思った音ではならない機材ながらも、機材のパフォーマンスなりに、なる状態にと・・・

でもって、その過程で、調整のノウハウも再体験しつつ・・・少しは、自分のパフォーマンスもアップしたいなと・・・

で、そのための第一歩として・・・部屋の片付け・・・物を減らして・・・調整範囲を広げる・・・なんてことを、おぼろげに思って・・・

部屋お方付けは、遅々として進まず・・・モノは、AVアンプのみドナドナしてOPPOとマルチchアナログプリって構成へ・・・

で、おつぎは、猛暑対策も兼ねて、電源周りのシンプル化てことで・・・200V⇒100Vのステップダウントランスの撤去を・・・

でもって、おつぎが・・・何をしたいか?って言うと・・・フロントのSPセッティングの自由度を上げたい・・・要は、調整範囲の拡大を図ること・・・

いやあ・・・一応、今のSP位置は、部屋の中を、フルレンジの小型SPを持ち歩いて、シアターモード時にスクリーンの邪魔をしない範囲で、よく鳴っていそうな位置を探して・・・

その辺りで、音離れよく被りも薄い位置にメインSPを置いて、そこから微調整した位置ではあるんです・・・

でも、ここでもう一度・・・SP周辺のごちゃごちゃを取り除いて、スッキリしたセッティングで確認してみたくなったと・・・

で、そのためには、現在、床に平置きの機材達を出来るだけ退けたいなと・・・

ま、その第1弾として、移動先のスペース確保のため、AVアンプをドナドナしたと・・・

っとなると、おつぎは、平置き機材の移動のための準備・・・

ってわけで、予定していた作業が今回のお話・・・何?なんちゅう長い、意味のない前フリ?・・・ハハハそれは、前から分かり切った事ですから・・・(^^;

で・・・リアルタイムからは1ヵ月半以上のタイムラグがありますが・・・(滝汗

ようやく、タイトルのケーブル作成に行き着いたと・・・

あれ?・・・また、与太話で時間切れ・・・そんなもったいぶる話でもないのに・・・

なんですが、仕方ありません・・・ゆえに、本題は明日に・・・

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

およそ1ヶ月のものあいだレポートいただきましてありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。
フルレンジメインにしつつシンプルなシステムを3±1つ構築されてる家と弩級システム一つに投資されてる家とオーディオショップにJAZZ喫茶などいろいろ織り交ぜて行かさせていただきました。
スケジューリングの都合で二連決行となってしまいましたが、よくも詳細をそんなに覚えてらっしゃるものだなと思いました。


最後の〆となったM氏は克黒0型の自宅にお招きした初来訪者でもあり、意識的な部分で影響を受けた方でもあります。
「真の無彩色ことそが真の極彩色である」
「どれを選ぶかよりどれを選ばないかが重要である」
「やれないのはやる気がないからである」
などさまざまな語録をいただきました。
まぁ、それをまねて自分でもいろいろ語録を作ったのは、以前克黒の縁側をごらんになられたことがあるのでご存知かと思います。

勝手ながらいくつかご紹介させていただきますと、

複数システムをお持ちの方は「相対的評価、つまり対比ができる」のでうまくすみわけなさられてるんですよね。
キャラの作り直しというか強くてニューゲームができるというか。
すでに得た経験地を元に再構築できる強みをご存知なわけです。オーディオで問題になるのは日本人に傾向の強い「木を見て森を見ず」だと思います。
アクセサリや小手先の技に頼ってばかりで本質を見ようとしない方が多いことに対して
-個性と個性の掛合せはボトルネックにしかならない-

長年オーディオをされてらっしゃる方ってコンコルド効果にとらわれているような気がしています。
惰性で現状維持もしくは進行させてらっしゃる場合が多く気づいてらっしゃらない場合もある。
子供のころ好奇心で機会を分解してばらし、
組み立ててみるとあれ?バネがはまらない、
ネジがあまってる、といったようなことをしていたのを思い出します。
いじることが趣味ならばそれでよいのですが、
「なぜ現状に満足しないのか」の答えをわかってらっしゃらない、もしくはあえて避けてらっしゃる場合もあるようです。
時間X労力Xコスト=根拠のない自信

問題の切り分けができる人、つまりマクロ視点とミクロ視点を切り替えて多様な視点から俯瞰で観察できる人のシステムは参考になるということですね。
イノウエも理詰めで作られたシステムですので
オーナーとしてもそういう人の下で活躍しているのはやはり運命なのかもしれません。
オーディオの一般常識?が通用しませんから。
大学のレポートと同じくある一定の決まったテンプレートに流し込んでいく作業ができる人でないと道を踏み外したときすぐに軌道修正できず、いびつでちぐはぐな結果を招いてしまうことが多いように思います。

※これはあくまでお宅訪問させていただいた先で得た私自身の思考や人から影響を受けた上での意見、経験則ですのでその外に対して適用できるものではありませんのでご注意ください。

コメント長々とすみません。
現在の思考に至ったのは自身が機材ヲタクだったからなんですよね。
いろいろと挫折や破綻を経験してその戒めで今の自分があるといったところでしょうか。
オーディオの世界は横並びのノウハウの共有が少ないように思います。
音は好みだから、とか抽象的な部分に逃げすぎているきらいがあり、何事にも基本と指標というものはあると思います。
しかし、はじめたときはそういったものがなかったので音響での指標とは何か?指標探し、マニュアル作りを自身で始めたんですよね。
結論はスタジオモニタリング機材のただの流用に行き着いたわけですが、それだけでは所詮独りよがりの域をでませんので、コンシューマーオーディオ製品のオーナー方と交流を持たせていただき、現場を知る、自システム以上の存在を探すなど多様な目的を持ってやり取りさせていただいております。
人は経験を借りることができますから、多様な価値観の下、構築されたシステム環境に触れ合えることは貴重なことと存じます。
そして、Mt.T2さんはそれを地で実行され貴重な体験記をつぶさにあげられて世間に広められてらっしゃるのです。
それも毎日欠かさず。
とても労力の要ることですが、すばらしいことだと思います。
自身の外に眼を向けることで、自身そのものに対する対比を見つけ出す機会を得られるわけですから。

コメント送信しんですが、消えちゃいまして・・・返信が遅くてすみませんm(_ _)m

旧克黒0型さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
また、今回の遠征にお誘いいただいて、大変ありがとうございました!・・・お陰様で、非常に多くの貴重な体験と、新たな気づきや学びが得られました。

記憶の件ですが・・・SNSやこのブログを以前からご覧の方にはデフォルトですが・・・物忘れが激しく、訪問からおさらいの日までの隔たりが長いゆえ、ボイスメモを使わせていただいております・・・

で、よそ様のお宅に伺ったときの話は・・・おさらいと称して、当日の記憶を頼りに、聞かせていただいたCDなどを拙宅システムで聞きながら、当日の印象を思い起こし、ボイスメモでも確認しつつ・・・当日からおさらいの日までの新たな体験なども踏まえて、振り返り、新たな気づきや学びを書き記す・・・そんなことをやっております(^^;

で、出来ることなら、伺ったお宅の素晴らしいサウンドのエッセンスを拙宅システムにも取り入れたいところですが・・・情熱の積み重ねで作り上げられたサウンドが、一度聞いただけで、真似られるはずも無く、拙宅システムの不甲斐なさを、これでもかというほど思い知らされることばかり・・・(^^;

ゆえに、いつかはそんなサウンド作りのノウハウを身に付けたいと・・・当日の気付きや学びもふくめて体験したことをできるだけ書き残している次第で・・・

と同時に、せめて少しは自分のノウハウも身に付けようと、お馬鹿な実験を繰り返してはおりますが・・・効果を上げる経験よりも、これはやっちゃ駄目って言う、失敗談ばかり増える状況で・・・
ま、このブログは、そんな自分への戒めも含めた備忘録であり、σ(^^)私の履歴書ってわけです・・・

単なる覚え書きでなく、ブログにしているのは・・・またアホなかとやっとると突っ込んでいただいたり、あんな失敗だけはしないでおこうと思ってもらったり・・・新たな出会いのきっかけになればと・・・
てか、自分の覚え書きを直ぐサボっちゃわないために、刺激や励みにさせてもらってるってのがホントのところですかね・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2279-61c9a8c1