FC2ブログ

【2199】140622 M氏邸訪問(2):ダイヤトーンシステムを楽しむ!・・(^^; 

っと、さてさて・・・最寄駅の待ち合わせに20分近くも遅刻してしまったM氏邸訪問・・・今回の遠征の例によって、Nさんからは事前情報はほとんどいただいておらず・・・

めっちゃ緊張しての訪問となったわけですが・・・曲をかけていただく合間で、お話氏を伺っていけば・・・なんて思ってたんですが・・・最初から持参のソースをかけるのがやり方と言うことで・・・(汗

ってわけで、おさらいの方も、さっそく昨日のつづきへ・・・

ダイヤトーンのシステムで、最近の定番曲を聞かせていただいて・・・そのナチュラルなバランスと、SPの個性を上手く引き出す、絶妙の組合せを感じる・・・

と、ここで、SPの型番を伺って見ると・・・ダイヤトーンのDS-800ZXとのこと・・・97年?のモデルで・・・何と!デッドストック・・・つまり新品を、しかも専用SPスタンド付きで手に入れられたのだそうで・・・ひょえ~!(@@;

少数とは言え、結構コアなファンのいるダイヤトーンのSPで、よく新品が残ってましたね!・・・おまけに、その入手価格をお聞きして、更にビックリ!(@@;

いやあ、そんな値段で新品を入手されて・・・で、この鳴りっぷりだなんて・・・巡り合うべくしてここへ来たって感じですね・・・

っと、おつぎは、これまた定番の、AA誌付録のモニター当選したマスターCDRを・・・

【左が付録CD・右下がマスターCDR】2112-02
2112-02左が付録CD・右下がマスターCDR

おお、ブラシがいい感じでクッキリと・・・ピアノの打鍵が心地良いクリアさ・・・ベースも篭ることなく、タイト過ぎずに程好い量感・・・やはり、ボーカルのかすれ部分がとっても魅力的に感じる・・・そもそも、出音を遮る感じが無く、元の録音の勢いを素直に出してくれてる感じで・・・

ただ、音の粒状感やあと少しのサ行の感じからすると・・・SP本来の強さなのかもしれませんが・・・まだ鳴らし込みで中域~高域の抜けや滑らかさが増しそうな気がして・・・

いやあ、その時のシステムを最大限に鳴らされてるって感じで・・・凄いノウハウの詰まった再生なんでしょうね・・・その金額でこんなに鳴っちゃ、うちの鳴らせてないシステムを思うと、ホント困っちゃいますねえ・・・(恥

ところで、このSPは、バスレフですか?と伺うと・・・密閉ですとのことで・・・何でも、ご友人のところでこの機種を聞かれ、その出音に可能性を見出され、是非とも手に入れなければと、あちこち探しておられたのだそうで・・・ここへ来るべくして来たって感じですね・・・

Mさんから・・・耳に刺さる寸前のところがいいでしょと・・・(^^;

ハイ、ゾクゾクするところですよね・・・元々ダイヤトーンのユニットっお金かけてしっかり作ってましたもんね・・・

と、Mさんからは、独特の音ですよね・・・他には変わるものがないです・・・本当は、SANSUIの90Xシリーズで鳴らすといいんですけどね・・・ま、今それに近いのがアキュフェーズですね・・・ラックスだと大人し過ぎちゃって、せっかくのいいところが丸くなっちゃう・・・

と、Nさんから・・・なかなか、抑圧感がなくてストレスフリーな感じが気持ちがいいですね・・・上の伸びがいいんで、吹き抜けのある部屋で聞いてみたくなりますと・・・

で、Mさんからは、耳にグッと来る感じがなかなかいいでしょ・・・これが、ダイヤトーンのボロンツイーターの振動板の特徴なんですよねと・・・

で、おつぎは・・・以前、かめきち邸でFさんがかけられたギターのCD・・・

【Sounds of Wood&Steeel2】2156-02
2156-02Sounds of WoodSteeel2

Sounds of Wood&Steeel2の1曲目から・・・

いや、ひょっとすると、再発盤だからか、それともうちのシステムが駄目駄目だからか、このCD,強調感が強く感じられて、最初に聞かせていただいた感じに鳴らないんですよ(^^;・・・なので、よそで鳴らすとどう鳴るかな?って思いまして・・・

ってわけで、再生していただくと・・・

う~ん・・・なるほど・・・エッジを立てて鮮度感を出して、中低域の響きが薄く、中高域のエコーが強めに聞こえる・・・どうやら、基本的にはうちのシステムが鳴ってないってのが主で・・・最初に聞いたのが限定盤ゆえの音のというか・・・再発時に濃い目の化粧もしていそうってのが分かりました・・・

つづけて5曲目も聞かせてもらいましたが・・・この再発盤は、中域の厚いシステムで聴くといい感じに鳴るような音作りなのかなあ・・・いずれにしても、やっぱり最初に聞かせて頂いた限定盤とは音が違う気が・・・

でも、その違いを簡単に分からせてくれるこのダイヤトーンのシステムのポテンシャルの高さは、すごいですね・・・それに引き換え、拙宅システムの体たらくときたら・・・(^^;

っとっとっと・・・毎度キレの悪いところなんですが・・・今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2274-5f172cb9