FC2ブログ

【203】090206 レクスト フライデーイベント(Pit & SQUARE比較) 

さて、またまた、たらたらとした前置きで、本題に入らないまま終わってしまってスミマセンでした。(^^;

今日は、いよいよフライデーイベントのお話です。

まず、西野さんから今日のアウトラインの説明があって、ここまでのイベントでは、いきなりNS441Dチューンの機材での試聴をしていたけれど、今日は、まず、ノーマルのプレーヤー(DENON/DCD-1650AE)を使って、レクストアイテムの変遷・・・・・

というか、事前に「DRESSを聞いてみたい。」という連絡があって、それを聞きに、お一人いらっしゃる予定なので、DRESSとRS-SQUARE、ピットを順番に聞いて行こうと言う趣向のようです。

【本日の構成】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090214000909.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">203-01イベント出だしのシステム.jpg

構成機器は、多分以下かな?

 アンプ        sa1.0+REQST
 パワーアンプ     DA04+REQST
 スピーカーシステム  DW-S1
 最初のプレーヤーは、冒頭の通りノーマルのデノンのプレーヤー。
   DENON/DCD-1650AE

【ノーマルのCDP】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090214000943.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">203-02ノーマルCDP.jpg

さすがに全てノーマルはかわいそうと、電源ケーブルは、Z-PRC01 PLAYERをおごり、ラインケーブルは、Z-LNC01 Specialを投入されてました。

【芸術的配線】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090214001009.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=620,height=820'))">203-03芸術的配線技?.jpg

さて、今日のイベントでは、先に触れたように、まずは普通のCDプレーヤーの音がどんなもんかを聞くのと、DRESSを聞く・・・当然、RS-SQUAREとピットも聞くというところからスタート・・・・・

と言っても、本格試聴と言うわけではなく、レクストイベントでは、久々の普通のCDプレーヤーで、しかも、最新技術、音決めによる新製品のピットに対して、以前の技術、再生機器のレベルで開発したDRESSやRS-SQUAREが、どの程度の効果を発揮するか・・・・・

そんな予備テストみたいなちょい聞きです。

・・・で、聞いてみたσ(^^)の印象は・・・・

ピットは、響が綺麗に伸びて、艶が出てくる感じ。
ドレスは、ズバリ暖かな感じ。
RSは、やはり解像度系の効き、ハイファイ傾向の感じ。

ピット+ドレスは、そのまま暖かで響きが綺麗で艶が乗るんですが・・・何か違和感があります。
ピット+RSは、はっきりカチッとするけど、きつすぎる印象。

・・・って、実は、もう既に試聴は終わってたりして・・・・(^^;

西野さんに話しによると、5年ほど前に名古屋でRCC(なつかしー)から、東京に移転して、レクストになった時に主力として登場させたのが、RS-SQUAREで、それまでのレゾナンスチップが、貼ることが難しい・・・・場所によっては、良くならず、マイナス効果になることもあって、使うのにノウハウが必要だったことから、誰が使っても同様の効果が得られるようにと、置物系のアイテムとしてRSを出したのだとか・・・・

また、ドレスやRSは、積極的に音を変えていく方向のアイテムで、たくさん使うと使い辛いとか・・・・

で、ピットは、その機器の能力を最大限に出すセッティングをした状態を再現するアイテムなので、各機器ごとやラックに使っても効果がある・・・・ただし、能力がある機器を最適な環境に置けば、その効果が出るが、能力がなければ、変化がないのだとかどこまで伸びるかは、その機器によるのだそうです・・・・・ 
[H21.0216追記]  
機器が不要振動の影響を大きく受けていると、レゾナンス・ピットで、機器本来の性能が発揮されるが、不要振動の影響が少なくて、機器の潜在能力が既に発揮されている場合は、“向上の度合いが期待より小さめ”という感じだそうです。


逆に見ると、それぞれの機器に能力があれば、沢山使っても、それぞれでその効果を得られるので、使いすぎはないのだとか・・・・・

で、そんな話しをお聞きしながら、順番に王様席で持ち込みCDを聞かせていただく・・・・

毎度オキニのギターデュオで、今日のシステムの印象を確認させてもらいました・・・・機器は、ここまでと同様に普通のCDPにピットのみありで、アナログ出力をアンプに入力と言う構成です・・・・・

印象としては、非常にレスポンスの良いハイファイ系で、明るく元気な感じの印象で、リズミカルにエネルギッシュ、意外に奥行きも感じられました。

・・・と、1本の電話が入り・・・・どうやら、冒頭に紹介した「DRESSを聞いてみたい。」と言う方が、駅からレクストへの道順がわからず、聞いてきたようです。

で、その方を待つ間、西野さんがちょっと実験・・・・

DRESSとRS-SQUAREって、形も大きさも重さもほぼ一緒で、叩いても違いが分からないんですよねって・・・・・ペンでコンコン叩いて、念のため場所も入れ替えてっていうのを繰り返して見せてくれたんですが、音色の違いは分かりませんでした(^^;・・・・粘土も一緒らしくて、完全に釉薬の違いだけなんだそうです。

そうこうしている内に、道に迷った彼が到着し、ノーマルCDPにDRESSとRS-SQUARE、ピットと変えて試聴・・・・・

彼「全然違う!凄く変わるんですね!!」

初めての人のサプライズを見るのはとても楽しいですね!

じゃあ・・・・っと、遂に「DAC-NS1S」の登場です。

ノーマルCDPのデジタル出力を「DAC-NS1S」に入れての再生です・・・・

う~ん、非常に滑らかな音調で、低域が気持ち良い!

とてもメリハリを感じるようになったのと、全体にバランスがよくなったような印象を受けました。

・・・・彼「え~っ!こんなに違うんですか・・・・・」

リアクションが普通の対応レベルを超えちゃったみたい・・・・空いた口がふさがらない状態の驚きよう!・・・・σ(^^)には彼の驚く様がとても楽しいのです!!

ちなみに、この時点では、まだツインNSじゃありません!

あと、残念ながら、今はCC4001+NS441Dがないと言うことで、奇跡の音は聞けなかった・・・(^^;

またまた、長くなってきたので、今日はここまで・・・・

明日は、いよいよ、ツインNSか?・・・・

ってことで、続きは明日・・・・

例によって、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/224-1348a4c6