FC2ブログ

【2150】140517 BMCのPureDACを聞きに行ってきた・・・(^^; 

っとさて、醍醐LPレコードコンサートで、様々な自作アンプを聞かせていただき・・・その素晴らしい個性豊かなサウンドを楽しんだんですが・・・

能率の高いホーンスピーカーの鳴りっぷりや・・・ヴィンテージなげんこつSPの、バランスのとれた、音楽を楽しく聞くためのサウンドを体験し・・・

家のジャンク機材と配線ゴミがかき集めて並べてあるの?ってな具合にしか見えないシステム・・・仰々しい機材を、いっぱい目の前に並べ・・・あれやこれやとケーブや接続構成、インシュレーターのセッティングからルームチューニングまで・・・

音が変わった!変わったと!その変化の結果に一喜一憂することを、至上の楽しみとしているかのようなアホな実験三昧・・・(滝汗

お前は一体、何のために、そんなアホなことを延々とやってるの?・・・一体何を聞いてるの?って・・・本質を差し置き、枝葉末節に、日々翻弄され・・・

つくづく、我がアホさ加減を痛感したんですが・・・

性懲りもなく、興味津々な機器の音を聞きに出かけてきました・・・(^^;

で、まずは、でかける前に、現状のシステムでサラッと予備試聴を・・・

【予備試聴】
2150-01予備試聴

いやいや、ホント見るからに、町工場て的な散らかりよう・・・(大恥

でもって、最近のヘビロテソース・・・SealのSoul Liveから・・・

【SealのSoul Live】2027-01
2027-01Seal Soul Live

1曲目と3曲目と5曲目をチラッと聞いて・・・う~ん、機材の実力や投資額に見合うサウンドではないんですが・・・σ(^^)私的に、マンションサウンドの範囲で、サラッと聴く分には、そこそこ楽しめる音は出てるんですよね・・・(^^;

で、インフラノイズさんのCDR試聴時に面白かった、再ローディングして、もう一度聞いてみると・・・うん、やっぱ見通しがスッキリして、音が整理され、細かな音も整然とし、全体に滑らかで、ちょっぴり濃さも増して・・・アホらしいけど、面白いですよね!(^^;

でもって、つづけて、ヘイリー・ロレンのハート・ファーストからも2曲ほど聞いて・・・

今度は、UX-1のS/PDIF出力をOPPOに入れて、ES-9018の音を聞いてみる・・・

ちなみに、接続はGe3のデジタルケーブル・・・他は拙宅標準構成で・・・そうそう、数日前からSPのインシュを初代「雲泥」の3点支持にしてます・・・

うん、やっぱSNが上がって、音の粒子が微細化されて・・・高解像度な後方展開系の度合いがグッと強くなる感じ・・・

ってわけで、いよいよBMCを聞きに・・・お買い物がてら、かみさんとお出かけ・・・

【BMCのPureDACを試聴】
2150-02BMCのPureDACを試聴

機材は・・・SPがエラックのBS312(一番外側のブックシェルフ)、トランスポートがYAMAHAの新しいプレーヤーで・・・プリ&DACが今回の試聴目的のBMC PureDAC・・・アンプがBMCのモノラルアンプで、M2を・・・

ま、ちょっとアンプが、反則技的構成ですが・・・これで、SealのSoul Liveの1曲目と3曲目と5曲目、ヘイリー・ロレンの1曲目と2曲目を試聴・・・

う~ん・・・音の出方が全く違う!(^^;・・・SPがエラックのBS-312ってのもあるのかなあ・・・何となく、そうてん邸で聞いたBMCのサウンドに繋がる感じなので、BMCのサウンドカラーってことなのかな?

非常に音の粒子が細かく、情報量も多く、もの凄く精密に、緻密にステージの広がりまでもジオラマのように展開する・・・で、何とも不思議な感じがそのステージの感じが、もの凄く左右だけでなく、後方への展開が深いこと・・・っと、通電直後からだったからか、音が変わってきたので、もう一度聞きなおすと・・・

うん、広がりと奥行きの展開はそのままに、粒状感がかなり改善されて、ボーカルがSPの間より少し前まで出て来た!(^^;・・・この空間表現力は独特で・・・OPPOにも少し似た要素はあるんですが・・・ここまでの空間展開は、BMCの特徴のような気が・・・

ってわけで・・・BMC PureDACだけのサウンドとしてなら・・・OPPOで我慢できるかな?って感じですが・・・アンプ込みのこの空間が聞きたいとなると・・・(^^;

ちなみに、PureDACのチップは、ES-9016Sってことで・・・ま、それもあってBMCにしてはリーズナブルなんですかね・・・

でもって、帰宅後・・・恐る恐る、拙宅システムでもう一度同じ曲を・・・

うん、こっちの空間の方が安心できる・・・SN感、情報量、空間展開ではさすがモノアンプとの組み合わせってことで・・・

う~ん、うちのシステム、以前に比べ、低域はホンの少し改善してるんですが・・・どうやら、また、高域の伸びが無くなってるような気が・・・(汗

やっぱり、システムの実力としては、そんなに無茶に劣るところはないんだという感じで・・・結局は、自分の目指すサウンドをハッキリさせて、セッティングで追い込んでいくって基本をしっかりやりなさいってことですね・・・(滝汗

なので、このお話は、これにてお終い・・・明日は、またプチ実験?(^^;

ってわけで、何はともあれ・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2224-97d54a86