FC2ブログ

【2092】140323 H氏邸再訪(1)空白時間のすり合わせ・・・(^^; 

さて、単身赴任中、一番の音友達・・・何かとつるんでは、あちこち伺ったり・・・H氏邸へも何度も行って、様々な実験をし、お互い、音楽やオーディオ、音響について、熱く語り合ったものでした・・・

特に、彼は、独自の考えに、ノウハウを積み重ね、蝙蝠のような耳を持っているのか?と思えるほど、部屋の音響に敏感で・・・何度も、考えられないような不思議な実験で、部屋の音響の不思議や効果の大きさを教えてくれた・・・

その調整テクニックは、ルームチューニングの魔術師と呼ぶに相応しいほど、驚くべきレベルに達しており・・・2~3センチの長さの木片数個だけで、ボーカルや楽器の実在感を増し、定位をコントロールしたりしてみせる・・・

そんな彼のリスニングルームを、σ(^^)私は、見た目のイメージから、パルテノン神殿と呼んでいたわけだが・・・(^^;

【前回のパルテノン神殿】579-01
579-01ホントに入れ替わったんだ.jpg

そんなH氏に、合うのは2年振り・・・パルテノン神殿参りは4年半ぶりと言うことで、とても楽しみに朝早くの新幹線で向かった・・・

最寄の駅に到着し、駅前のロータリーに向かい、以前と同じ場所で、彼の車を見つけ、2年振りの再会を果たした・・・

早速、近況を語りながら、彼のお薦めの海鮮料理のお店へ行って、早めの昼食を取りながら、ここ最近の話で大盛り上がり・・・

特に、彼は、ここ数年、オーディオの再生を、より生のコンサートの印象に近づけるべく、実際のコンサート体験を増やし・・・更には、本場ウイーンにまで飛んで、しかも、何度も出かけるほどになっていて・・・本場のオーケストラの演奏やホールの響き、教会の響きの体験を、これでもかって言うほど積んで来ている・・・

ただ、いつの間にか、彼の興味は、ミュージカルの方へと比重を移しており・・・ここ最近は、オーディオマニアとしてより、もっぱらミュージカルファンとしての活動の比重の方が多いようで、その活動内容は、面白い話満載ではあるが、またちょっと、別の世界のようである(^^;

ってわけで、σ(^^)私の興味は、もっぱら今の拙宅のサウンドの欠点改善へのヒントが得たいという点に集中し・・・彼の最新のコンサート経験を踏まえた、音響に対する考え方や、ノウハウについて、あれこれと話を聞きまくる結果となった・・・(^^;

とは言え、ミュージカルファンとしての活動の中で、オーディオに関連する部分は多くあるようで・・・特に自分で声を出すことで、どのように体の響きをコントロールし、部屋の響きを感じ、使って音を部屋に行き渡らせるかと言うような経験知は、一層高まっているようで・・・

例えば、低音は胸に響かせ、高い音は頭に響かせ上に抜かないと、伸びない詰まったかんじになるとか・・・同じ音程でも、倍音を響かせることで高い音に聞こえたり・・・低い方を響かせることで、低い音に聞こえたりと・・・

で、これがまた、オーディオや音響に関連してて、フィードバックできる部分も多くあるとのことで・・・

それから・・・アナログとデジタルの再生音の違いやどっちが優位か?とか・・・生とオーディオ再生の違いとか・・・

基音と響き・・・直接音と間接音・・・音のいいホールのサウンドは、基音がしっかりと聞こえ、響きも埋もれず綺麗に伸びていて・・・混じって行くのではなく、それぞれがしっかり聞こえるんだけど、混じって濁ることなく、重なってなお全体が聞こえるようなとか・・・

拙宅の低域不足については、やはり高い方の調整をしっかりやることとのアドバイスや・・・

最近のH氏邸のサウンドは、音の帯域が、しっかり高さに応じて定位するように・・・低域は下の方に、中域は真ん中あたりに、高域は高めにと調整しているとか・・・

ま、そんな話をあれこれ、美味しいお昼をいただきながら・・・(^^;

っと、そうそう、このお昼、さすがお薦めのお店で、開店前からお客さんが並んで待つだけのことはあって、とっても美味しかった!・・・ごちそうさんでしたm(_ _)m

ってわけで、腹ごしらえも出来て、いよいよH氏邸へ・・・

と、その途中・・・以前、H氏邸で、ボーカルの音像が高めだと指摘していた件について・・・ようやく原因が分かって解決したと・・・

やはり、床がカーペット敷きなので、下の方の高域が吸われて、高いところからの高域に引きずられるからとのことで・・・特にH氏邸は、間接音サウンドイメージをコントロールしているため、その辺りが、もの凄く影響してきているとのこと・・・

ウィーンの楽友協会(ムジークフェライン)の音が、低域は下から聞こえ・・・真ん中にピカピカに光った中音があって・・・高音は上から降ってくる感じで・・・混じらないと言うか、混濁しないので、音は全部明瞭で・・・で、明瞭なんだけど響きもしっかりあって・・・

そんな捕らえ方を、自分のイメージとして、それに近付くように調整しているとのこと・・・

で、うちが、相変わらず低域が出ない話をしたところ・・・H氏邸は、カーペットが低音を吸うというのもあるが、高音を吸うから低音が聞こえなくなるということもあって・・・実在感のある低音を出すためにも、下からの高音がないと駄目なんだと・・・その辺りに新たな工夫をして調整しているとのこと・・・

と、うちはフローリングだけど、低音が出ないのは?と聞くと・・・物が多いからじゃないかと・・・物が多いと振動して低音を吸うからじゃないかと・・・低音は、ものを揺らすことでエネルギーが無くなって、音もなくなると・・・SPからは音は出てるけど、聞こえなくなっているんじゃないかと・・・だから、逆に、高音を下で乱反射させて、目立たせることで、低音が聞こえるかも知れないよとのこと・・・正に、H氏邸の手法がそうなんだそうで・・・

へえ~!そうなんだ・・・こりゃしっかりその辺を聞かせてもらわないと・・・

っと、H氏邸に到着し・・・いよいよ・・・っと残念、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2165-4e2e2b36