FC2ブログ

【2015】140113 SPリベラメンテ方向性確認(後編)・・・(^^; 

昨日の話、タイトルと内容が違うやん!・・・最近、なんやこのパターンがめっちゃ多い気がする!・・・ハハハ、毎度のことですやん、気にしない気にしない!・・・ボチボチ行かんと、頭の整理が追い付かないんで、ご容赦をm(_ _)m

ってな与太はさて置き・・・昨日のお話の続き・・・ってか、今回のお話の本題へ・・・

SPリベラメンテ3.9mの導入によりまして、高低のタイミングの差?をちょっぴり変えられるからでしょうか・・・音の雰囲気が変化して、その組合せによって、イメージする音へ、少しでも近付けられるのでは?と試してみて・・・

当初、デモ機の試聴の段階では、低域の量感から、高域側に短い方(SPL2.6)、低域側に長い方(SPL3.9m)が好感触でしたが・・・SPL3.9m導入後の確認では、結局、セオリー通り高域側に長い方(SPL3.9m)、低域側に短い方(SPL2.6)が締まりもよくて好感触に・・・

ただ、元々うちのシステムの中低域が薄くて軽い点は変わらず、音の芯に収斂する傾向が強いのと響きが綺麗に伸びるんですが、立ち上がりがほんの少し鈍る感じがして・・・好みの要素が垣間見えところがあるものの・・・さりとて、芋蔓DQのもSPLにも、どちらにも捨て難い部分が・・・(^^;

と言うことで、何とか良いとこ取りが出来ないか?と・・・ない頭と経験をフルに活用するも、名案は浮かばず・・・

残るは、以前から効果に期待されるケーブルの方向性を変えるぐらいしか・・・(^^;

ってわけで、やってみないとなあって思ってたSPLの方向性の違いを試してみました・・・

【標準方向】
2015-01標準方向

えっと・・・これまでは、画像のように、SP側(送り出し先)にマークがなくて、目印に低域側に黄色のテープを貼り付けてましたが・・・

送り出し元にマークのある方、SP側を無印の方向(通常の推奨方向)で聞いていたのを、低域側も高域側も、両方とも、逆方向に繋ぎ変えて聞いてみました・・・

【逆方向】
2015-02逆方向

画像のSPLの青いシースを止めている部分に赤いシールが貼ってありますが、これがマークでして・・・このマークがSP側(送り出し先)と言うことで、メーカー推奨の逆となります・・・

ってわけで、これで聞き比べて見ると・・・

暗騒音の空気の動きや、細か雑音など、ホールの空気のうごめきやピアニシモでの楽器の細かな表現が、以前よりよく聞き取れるように・・・

それに、ギターやベースの弦の運指が、キュキュッといい感じ・・・ドラムの立ち上がりもスパンとエッジ感も出てきて、とっても心地良い快感系要素が増加!・・・(^^;

ってわけで、元々拙宅システムに足りないと思っていた、中域~中低域の厚みや低域の沈み込みと弾力感って辺りは、まだもう少し、鳴らし込みと調整の余地がありそうですが・・・

何より、ようやく、少しは安心して音楽を楽しみながら聴けるようになりました!・・・

今後、更に慣らしが進んだら、どんな展開になるか、とても楽しみ・・・(^^;

というわけで、まだまだ、ぼちぼち、あれこれ聴きながら、楽しく調整して行きたいとは思いますが・・・

これ以上は、σ(^^)私の経験と腕?耳?だけでは、簡単には辿り着けそうにない・・・

ってわけで、次の手を何か考えないと・・・

特に、中域~中低域の厚みや低域の沈み込みと弾力感って・・・どんな手が?・・・

う~ん・・・耳がどんどん高みを望みますね・・・

と言うことで、この後には、もうこれと言う手もなくて・・・

しばし聞き込みと、何か策がないかを模索することに・・・

ってわけで、短いですが、今日の結果から、この試聴結果がスタンダードってことに・・・

なので、この後もっといろいろ聞き込みながら・・・次なる一手を模索して行かないと・・・ま、ボチボチいくとしましょうか・・・(^^;

ってわけで、このお話はこれにて終了・・・明日は、またプチネタを・・・

まあいつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2087-54e754fb