FC2ブログ

【1965】131123 外出しNW配線の紫化から約1ヶ月(2)・・・(^^; 

さて、結局は、新しいもんを入れられない状態で・・・そうそうお出かけも出来なくて・・・自宅のサウンドも、思いの音になかなか出来なくて・・・仕方なく、その過程の右往左往をお話にしているだけ?・・・

つまりは、ネタになる話がないので、小ネタ?や無駄ネタ?を繋いでるだけと・・・(滝汗

って、まさかそんな事を思って書いてるわけでは無いのですが・・・やってることが多い割りに、進みが芳しくなくて・・・これといった成果も出てないのは事実・・・

なので、今日のお話も、途中経過的な、サウンド確認のφ(..)メモなわけですが・・・ま、今後に繋がるためには、必要ってことで・・・(^^;

ってわけで、もう一度、どの様態でのサウンド確認かを記しておかないと・・・

で、念のため、前回確認した信号経路のφ(..)メモを見ると・・・

UX-1-(Silver Running XLR)-CU80-(Silver Running XLR×2)-MU80-(芋蔓DQ×2)-S-1EX外出しSP端子ー(オリジナル)-NW基板-(HHS3.5×4組)-外出しNW出力端子-(紫ケーブル×4組)-S-1EX各ユニット(TW/SC/WH×2)

ってなってて・・・前回2週間ほど前の改修で・・・

「SP端子-(オリジナル)-NW-(HHS3.5)-出力端子-(SP内部:HHS3.5)-ユニット」って系統のところを、「SP端子-(紫)-NW-(紫)-出力端子-(SP内部:紫)-ユニット」って具合に、オール紫ケーブルに変更したわけで・・・

今回の試聴の信号経路は・・・

UX-1-(Silver Running XLR)-CU80-(Silver Running XLR×2)-MU80-(芋蔓DQ×2)-S-1EX外出しSP端子-(紫)-NW基盤-(紫)-外出しNW出力端子-(SP内部:紫×4組)-S-1EX各ユニット(TW/SC/WH×2)

この経路でってことになります・・・

で、いつもの曲を次々聞いていったわけで・・・

【ブライアンブロンバーグのブロンボ】1886-01
1886-01ブライアンブロンバーグのブロンボ

まずは、ブライアンブロンバーグのブロンボから・・・うん、中低域のドラムのアタックが強めにキレがよくなったからか?・・・メリハリがはっきり・・・で、低域も量が少し減った気がするんですが・・・まだホンの少し遅いような・・・このズレが問題なんでしょうね・・・

このあたりの音のタイミングをそろえられればなあ・・・

【マーカスミラーのシルバーレイン】1857-01
1857-01マーカスミラーのシルバーレイン

で、おつぎは・・・マーカスミラーのシルバーレインから、1曲目と2曲目を・・・都合1ヶ月の鳴らし込みのお陰で、以前からすると、少しは低域も出るようになって来てたんですが・・・今回の改修で、やはり締りが増進されたので、少しキレが増した感じではあるんですが・・・沈み込みと弾力感?粘り?が減って、あっさり系のサウンド方向へ・・・

う~ん、このあたり、低域の迫力とスピード感が微妙なんですね・・・

【Eva Cassidy Live At Blues Alley】1883-02
1883-02Eva Cassidy Live At Blues Alley

つづいては、Eva Cassidy Live At Blues Alleyから、7曲目のジョージアを・・・サ行のキツさが、ホンの少しだけ弱くなった?・・・ってか、中域・・・声の下支えのところが少し厚みを増して滑らかに・・・これも鳴らし込みで、重心が下ったから?(^^;

8曲目のFields of Goldでは、透明感が上がって、クリアで見通しがよくなったんですが・・・ボーカルの温度感が下って、硬いイメージに・・・でも、ギターの高音弦は、こっちの方が艶っぽい・・・うん?やっぱりこっちもホンの少しは柔らかさが欲しい?・・・(^^;

このあたりは、ボーカルに、暖か味や柔らかさ、艶っぽさが欲しいところ・・・

【helge lien trio LIVE】1739-02
1739-02helge lien trio LIVE

おつぎは、ヘルゲ・リエン・トリオのライブから、テイクファイブを・・・あれ?分金属パーカッションの厚みが薄くなっちゃった?・・・その代わり低い方の太鼓の音がよく出てる・・・

このあたりは、金属パーカッションも太鼓も出て欲しいところなんですが・・・凄く帯域ごとに微妙に変化してるんですね・・・大事なのは中域の充実?・・・最後の改修部分の鳴らし込みで、どこまで変わるか?・・・

っと、まだまだチェックは続くんですが・・・残念ながら、今日は時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2035-f082e0c7