FC2ブログ

【1936】131027 内部配線変更後の音~左SPを4cm右へ(試聴編)・・・(^^; 

いやはや、やっぱり、なかなか上手く行きませんねえ・・・低域のグリップや中低域の下支えを望みつつ、中高域の粒立ちと、高域の抜けも持たせたい・・・

銀やプラチナ系線材とりジッドに金属スパイク系セッティング・・・一般的に腰高ハイ上がりのうるさい音系セッティングなんですが・・・その大元をそのままに、下半身の安定化を望むと言う無理を通したくて・・・(^^;

それにしても、普通、出過ぎる低域の始末に手を焼く方が一般的なんですが・・・拙宅では、ノーマル状態で、ついぞ溢れるような低域に出くわしたことが無い・・・

ひょっとして、これってシアターメインの配置ゆえ、SP位置が悪いのか?・・・そんな思いが沸々と湧き上がりはじめた今日この頃・・・

いやあ、普通に考えれば、内部配線を、また逆方向・・・エネルギーを下より上方向へシフトする傾向のものにしたからでしょ・・・アハハ、やっぱそこ?(^^;

そんな事を思わせるトリガーとなった、先の左SPの4cm右移動の試聴のお話へ・・・

【調整後:左SPを約4cm右へ】1936-02
1935-02調整後(左SPを4cm右へ)

内部配線を、Ge3の方向性のものに変え、SPケーブルもGe3の芋蔓DQで、バイアンプ・バイワイヤーで繋いで、ほぼトレーニングは完了状態のはず・・・

まあ、そんな状態ですが・・・まずは、先のかめきち邸オフ会でRayさんに聞かせていただいたMUSICA NUDAから、2曲目のRoxanneを・・・

【MUSICA NUDA】1915-02
1915-02強烈なMUSICA NUDA

元がめちゃオンな録音なんで、その鮮度感は高くて当たり前なんですが・・・何とか、がっかりしなくて済むレベルは維持してる感じ・・・この辺りは、例の内部配線と芋蔓DQの効果が効いてるってのは明白ですが・・・

コントラバスのタッピングと胴の鳴りが聞き分けられるようになったのは、左SPの配置を壁から離した効果のように思える・・・

ただ、音としての低域は出てるんですが・・・軽くて薄い・・・地に足の着いたグリップ感のある低音ではない・・・締まってるといえばそうなんですが・・・寂しい(^^;

で、お次はいつものマーカスミラーを・・・ベースの弦の太さと切れは出てきたかな?・・・でも、やっぱ打込みのドラムが軽い・・・これは、銅単線系の線材使って、チタンスパイク外して・・・って言うより、耳が大口径(38cmとか)ウーファーの音を求めてる?・・・(^^;

つづいて、ブロンバーグのブロンボを・・・うん、低域のアタックが早くなって、低域自体もそれなりの量には聞こえてるけど・・・まだちょっぴりアタックと太鼓の振動のタイミングがズレてる感じ・・・

なので、バスドラが腰高?ベースももっと沈み込んで欲しいなあ・・・う~ん、これも耳が大口径の迫力を求めてる?・・・いやいや、そんな事より、まだまだやることあるでしょ(^^;

おつぎは、アイボールのライブを・・・おっ、この打込みの低音は、いい感じで出てるんじゃない?・・・太鼓のアタックもシンセの低域の唸りもいい感じ・・・ボーカルは、吐息の擦過音もゾクゾク感もあって、抜けもいい感じ・・・

ただ、以前に比べると、SNは良くなって、暗騒音があれこれ聞こえるようになったのに対して、低域は腰高?軽く締まった方向へ・・・

フィリッパジョルダーノは・・・低域のシンセベース?も、伸びたパンツのゴムほどではなくて、ボーカルの邪魔はしてない・・・が、低域全体は、随分薄くなった気が・・・

ジェニファーウォーンズのハンター24Kは・・・打込みのベースやパーカッションのキレはいいんだけど・・・やっぱ中低域が薄くなった気が・・・4cmの右移動が、そんなに効いてる?

アイデアオブノースは・・・これも打込みのアタックと速さはいい感じだけど・・・低域の量感にはまだまだ不足感が・・・ま、腰から上の見通しはよくなったということで・・・(^^;

なので、大貫妙子のピュアアコースティックを・・・ストリングスの見通し、ボーカルの純度、透明度は、グンッとよくなった気が・・・

やっぱ、結局、低域とは裏腹に、その方向は変化させやすいってことですね・・・

中低域、低域が減ったのは、内部配線?セッティングの変更?・・・また宿題?(^^;

ニルスロフグレインのギターは、ピッキングも運指のキュキュッて音も綺麗で、心地よい響き方がするなあって気が・・・でも、ボーカルやギターのボディータップの中低域は、下支えがまだまだ全然薄い気も・・・

これで、SPケーブルをリベラメンテにすれば、下支えも出てくるかな?

ちなみにこのままで、柴淳を聞くと?・・・ピアノやギターはこれで充分・・・歌は・・・吐息の擦過音やゾクゾク感はほどほどにあるけど・・・詩を感じるほどでは・・・

それ出すには、SPリベラメンテのバイアンプ・バイワイヤが要るんだろうなあ・・・いやあ、やってみたいなあ!・・・いや、いかんいかん、我慢我慢(^^;

ってわけで、まだSP移動下ばかりだし、少し馴染ませて、聞き込まないと・・・

なので、移動直後のインプレ試聴は、ここまで・・・明日は、またもっと小ネタへ・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2006-80fde197