FC2ブログ

【1927】131013 つづいて、例のケーブルを、SPの内部配線に・・・(^^; 

ハハハ・・・小ネタも小ネタ・・・何か、どんどん小ネタ化が進んでおりますが・・・リアルタイムの方で、強烈に輻輳中で、おまけに出張中のため、一層の小ネタでご容赦をm(_ _)m

ってわけで・・・軽~く、お遊びネタを・・・

てか、実際のところ、紆余曲折を経て、σ(^^)私に出来る手は、もう・・・で、電源工事後、低域は出るようになったけど・・・まだ緩い・・・で、中高域のソリッド感やスピード感が弱い気がして・・・もう、何か手入れしなくては・・・

って思いから、どこかサウンドの系統が違う方向の要素は無いか?って探したら・・・

そうか・・・SPの内部配線だ!・・・今までは、ハイエンドホースの3.5の芯線を使ってたんですが・・・どちらかと言うと、暖かで、低域は量を感じる方向・・・

で、以前から、気になってたケーブルがあって・・・傾向としては、生々しさを感じさせる吐息の擦過音やシンバルなどの音を強く、濃く出せるクローズアップ系のケーブル・・・

それがこちら・・・この変わった色のケーブル

【この変わった色のケーブル】
1927-01この変わった色のケーブル

これは、音友達から教えて頂いたケーブルで・・・非常に変わった材質、構造のケーブルで・・・あることで、このケーブルの音の傾向が、先のクローズアップをしてくれそうなことは、確認済み・・・

ってわけで、実は、かなり前から・・・NWを外出しした時から、内部配線は、変更しようって思ってたんですが・・・なかなか、機会が無くて・・・

で、このファストン端子は、もう何ヶ月も前から休眠してたものでして・・・

【ファストン端子を取り付け】
1927-02ファストン端子を取り付けて

今回、満を持して、ようやく使うことに・・・で、例のケーブルにファストン端子を圧着して・・・念のため、半田も少し染み込ませました・・・(^^;

【SP内部に配線】
1927-03SP内部に配線

ってわけで、文字通り、SPの内部に配線を・・

一応、比較用に、この時まで使ってた、ハイエンドホース3.5の芯線も残したままに・・・

これで、ファストン端子を繋ぎ駆るだけで違いが聞き比べる?・・・う~ん、繋いですぐに安定的な音が出るとは限らない・・・ってか、普通は、ならないですから、しばらく慣らしてから、比べることにしましょうか・・・

【内部配線をNWケースの端子に接続】
1927-04NWへ配線

と、これで、ネットワークから内部のSPユニットまで、例のケーブルでの配線完了・・・

ホントは、この内部配線には、やりたい施工があるんですが・・・ま、それは一旦慣らしを終えて、例のケーブルを内部配線に本格採用が決まったってことにして・・・

またまた、しばらく聞いてみることにして見ましょうか・・・また、このパターン?

ハハハ、ま、ちょい聞きのイメージとしては、概ね思っていた方向のサウンドへ・・・

低域の出と抜けが良くなって・・・中高域のキラキラ、ゾワゾワするところがクローズアップされて・・・いい感じじゃないですか?(^^;

ってわけで、短いですが、今日は一旦これにて終了・・・明日は?・・・聞いた感想の詳細へ行くか?・・・次なるお出かけのお話か?・・・???(^^;

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1997-c1048b9a