FC2ブログ

【1860】130813 電源ケーブルの製作(CV-S3.5)・・・(^^; 

さて、電源周りで、出音の雰囲気を大きく変えられるのでは?って、毎度の安直な発想から、金欠金欠と騒いでいながら、辛うじて入手した電源ケーブルに張り替えて・・・

どんな音になるかな?って期待しつつも・・・

連日帰宅が遅く、音量が上げれないので・・・BGMとして鳴らしつつ・・・

今回、配線したCV-S3.5の切れ端で、電ケーを作ることに・・・

何でまた?・・・ってのは、今回の低音増強電源強化のため、ネット検索してたら・・・

何と、見かけが、ブラックラベルのようなケーブル製作例が・・・(@@;

効果や理論はともかく、ブラックラベルもどきの筋骨隆々なケーブル!

おお!これは、試してみないと!・・・って、毎度の好奇心のみの突っ走り(^^;

ってわけで、その材料としてジュンフロン線も入手したと・・・

【01今回の材料】
1860-01今回の材料

で、今回の材料は、先の配線に使ったCV-S3.5の切れ端と・・・ジュンフロン線を適当に・・・

【02ジュンフロン線を縁ってCV-Sに巻きつけて】
1860-02ジュンフロン線を縁ってCV-Sに巻きつけて

一応、ご本家がこの加工をされたのは・・・周波数の高いノイズは、流れやすい導体の表皮を流れると・・・なので、ノイズを流すラインを追加して、フェライトリングを通してノイズカットするのだそうで・・・

そんなことから、銀メッキのジュンフロン線を使うことにしたわけで・・・

ただ、σ(^^)私的には、ちょっと、フェライトを使うと、音が鈍るのでは?って、気持ちの面での抵抗があったので・・・

って言うか、単に、筋骨隆々の見た目だけいただきっ!なので・・・(^^;

と言うことで、ジュンフロン線をよって、CV-S3.5に巻きつけて・・・

【03ニュートラルとラインにジュンフロン線を】 【04末端にちょっぴり半田を流し】
1860-03ニュートラルとラインにジュンフロン線を 1860-04末端にちょっぴり半田を流し

で、末端は、CV-S3.5のニュートラルとラインに、それぞれジュンフロン線を、軽く半田を流して接続しました・・・

【05発酵するほど放置してたCMC】   【06ノイズ吸収にアルミテープで巻き付ける】
1860-05発酵するほど放置してたCMC 1860-06ノイズ吸収にアルミテープで巻き付ける

で、ここでちょっとオリジナル加工を・・・

っと言うのも、入手後、音の不満に悶々としてて、もう発酵してるんじゃないか?ってくらい、使うタイミングを逸してたCMCが、押入れの肥やしになってたので・・・

せっかくだから、今回、押入れから引っ張り出して・・・(^^;

ケーブル両端、プラグ近くに、CMCシートをアルミテープで巻きつけ・・・

【07メッシュチューブを被せて出来上がり】 【08これでタップとDUSSUNを繋ぐ】
1860-07メッシュチューブを被せて出来上がり 1860-08これでタップとDUSSUNを繋ぐ

でもって、これも買い置きの・・・ちょとどうなの?って趣味のメッシュチューブを被せて・・・ブラックラベルならぬ、レッドラメラベル?の完成・・・なんじゃそりゃ!(^^;

でもって、これを今回配線したCV-S3.5とDUSSUNの間に挿入して、しばしエージングを・・・

ま、しばらくエージングの後、気が向けば、ケーブルの実験をやろうかなと・・・

でも、何か、音場がこじんまり、抜けももう一つってのが、最初の印象・・・

ま、繋いですぐだから?・・・それに、張り替えた電源ケーブルによるサウンドの傾向の上に成り立っている音ですし・・・

果たしてどう変わるでしょうか?

それより、電源ケーブルの効果の方がどうなるか?の方が、心配・・・(^^;

ってわけで、このお話は、これにて終了・・・

明日は・・・またまた、この延長線のお話に・・・(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1929-f19e69ca