FC2ブログ

【1811】130609 遂に、S-1EX大分解~!やってみないと分からんので・・・(^^; 

ホンマ、一体なんで、そんな塗り物にまた手を出してるんや!?・・・って、突っ込みたくもなりますよね(^^;・・・何せ、今一番の課題として抱えているのが、似た名前の塗り物を塗ってから、出音が変わってしまったメインSPのS-1EXなわけですから・・・

でも、昨日までの塗り物は、接点処理剤ですから・・・ま、用途が違うわけで・・・

それに、そもそもこの塗り物も、効果が無かったわけではなくて・・・実際には、本来の対処方法もある・・・ここは、未確認・・・ってか、この確認をする余裕がないだけで・・・

で、それまでは、一旦元の状態に近付けようと・・・遂に、重い腰を上げました・・・

今回、S-1EXのダンパーを塗り物で、軟化させ、振動板の動作を軽くして・・・

平日帰宅後、深夜の小音量再生時の低音の描写力には驚くほどのリニアリティーを感じ、これは凄い!と大喜びだったんです・・・

ところが、週末昼間の通常音量にすると・・・低域のグリップ感がなくて、腰砕けに・・・

まあ、SPの仕組みを理解されている、普通のオーディオマニアなら、当たり前のことなので、ビンテージユニットの補修とか、特定の条件以外では、絶対やらない愚行と、嘲笑されているかとは思いますが・・・(汗

実際のところ、σ(^^)私にとっては、この状態を体験してみて、ようやく、仕組みと、現実と、頭の中のイメージが繋がってきたかな?・・・って感じでして・・・

σ(^^)私としては、振動板は、通常ニュートラルな位置にいて、行きも戻りも全部アンプの駆動力によって動かされるもんだと思ってたのですが・・・

ま、もちろん、駆動し切るアンプはありますし・・・結局は、アンプとSPの特性との関係から繰り出されるサウンドが、求める音と合うかどうか・・・

で、うちのSPは、σ(^^)私の勝手な印象では・・・エッジやダンパーのバネ的な要素を当てにして?利用して?駆動している・・・振動板の重さを克服するため、このバネの力を借りて、瞬発力と言うか、立ち上がりの初速?スピード感?のある音を出しているのではないか?・・・って思うわけです・・・

実は・・・この塗り塗りの結果、どんな音になるかイメージしていた音があったんです・・・それは、アンプからの信号に、限りなくリニアに動くことを目指したユニット・・・エッジやダンパーの影響を、出来るだけ排除したユニット!・・・(^^;

あきやんのViV laboratoryが世に出した「evanui」のユニットです!・・・

そう、うちのSPも、エッジとダンパーの制限から振動板を開放してやれば・・・あの、エッジレス、ダンパーレスの「evanui」のような、超トランジェントなサウンドになってくれるんじゃないかなって、もの凄く期待してたんです・・・(^^;

でも、あの音の延長線を追いかけるには、どうにも振動板が重過ぎる・・・逆に言うと、アンプが非力すぎる・・・特に低域をあの「evanui」の振動板のスピードで、量や迫力まで出そうとするには、一体どれほどの駆動力、制動力のアンプが要るんだろう?・・・

あっ!・・・だから、結局「evanui」は、低域をBHにしたってことなのか?・・・あれ?そう言えば、同じく素晴らしくトランジェントの良いジャーマンフィジックスのUNICORNも、低域はBHだなあ・・・

やっぱり、中高域なら可能でも、普通のダイナミック型のユニットでは、低域をこれらのSP並みのトランジェントで鳴らすのは難しいと言うことなのか・・・(^^;

だから、ダンパーを軟化させたって言うのは・・・ある意味正しかったんだけど、うちのアンプとSPユニットの組合せで、極小音量時なら良かったんだけど、それなりの音量域では、失敗だったって思いに行き当たったわけで・・・(激汗

【ユニット&ペットボトル撤去】
1811-01ユニット&ペットボトル撤去

かくなるうえは、駄目元で、何か自力修復方法を考えて、試してみるしかないなと、思いが行き当たったわけで・・・なので・・・どうせユニット外して、修復を試みるなら・・・

いっそ、予てより懸案だったマルチアンプ駆動の寄り道もできるように(^^;・・・ネットワークも取り出してしまおう・・・

と、色気を出したんですが・・・これが、予想外に大変で・・・

【ネットワークも一旦取り出し】
1811-02ネットワークも一旦取り出し

で、結局、この日は、左チャンネルのみ、低域改善のために、突っ込んでいたペットボトルと、SPユニットと内部配線、ネットワークを取り外したと・・・

【端子1本壊しちゃった】
1811-03端子1本壊した

ホントは、ダンパーの脱脂もしたかったんですが・・・ここで時間切れ・・・

ってわけで・・・つづきは、ちょっと先で・・・明日は、ちょっと寄り道・・・また?(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1879-4ccfd430