FC2ブログ

【1803】130512 メインSP(S-1EX)にペットボトル詰めPart2(..)メモ・・・(^^; 

さて、オルフェのサンバ邸では、我侭をお許しいただいて、あれやこれやと実験させていただいたお陰で、拙宅の上位機種なら、この世界までのサウンドが出せるんだという体験をさせて頂けた・・

が、うちに戻って、自分ちの音を聞いて・・・ガクッ_| ̄|○

再び、腰砕けサウンドが、如何に本来のパフォーマンスから離れているかを思い知った状況で・・・って、オルフェのサンバ邸へ伺う前の日には、こんなことやってたわけですから・・・

【1795】130511 メインSP(S-1EX)が防災備蓄品貯蔵庫に?・・・(@@; [2013/07/06]

こりゃあ、早いとこ、この問題に、何とか解決の糸口を掴まんといかん!と・・・

で、今日は、前回のSP(S-1EX)へのペットボトル詰めの続きをやってみることに・・・

何はともあれ、まずは行き過ぎてみないと、良い加減は分からないからと・・・

ウーファーのエンクロージャーに2lが2本だったのを、1本追加して3本(6L)に・・・で、500mlを1本、2本と追加して・・・合計7リットルにしてみました・・・

でもって、まず、低域のみの周波数特性を測ってみると・・・

【低域のみの周波数特性(7リットル詰め)】
1803-01 130512 CU80+MU80→低域のみ-SinSweep

80Hzのギャップが減って・・・290Hzと420Hzあたりのギャップがどんどん深く・・・

音は、量も結構弾力感も出てきましたが・・・ありゃあ(^^;

で、お次は、高域・・・一旦、500ml2本で測ったんですが・・・ちょっと音が詰まった感じになったので・・・CSTのサブエンクロージャーからは、ペットボトルを全部撤去して高域のみの周波数特性を測ってみたら・・・

【高域のみの周波数特性(CST空)】
1803-02 130512 CU80+MU80→高域のみ(CST空)-SinSweep

ホントは、中低域が、少し下まで伸びるかと思ったんですが・・・変わらず・・・くそ~!

600hz~900Hz辺りにこんもり山があって・・・ボーカルが良く聞こえるのはこれ?

でもって、試しに、低域の画像と重ねて見ると・・・

【低域+高域の周波数特性を重ねる】
1803-03 130512 CU80+MU80→低域+高域(CST空)-SinShotAPR

クロス辺りが盛り上がって、300Hzと400Hzあたりのギャップが消えるといいんですが・・・

残念ながら、クロス辺りは、何か間が開いちゃってますね(^^;

で、実際に両方鳴らしてみると・・・

【全体域の周波数特性】
1803-04 130512 CU80+MU80→(CST空)-SinSweep

う~ん、やっぱり、ギャップはそのまま・・・これだと、バスドラ、ベース、スネアとか・・・一番肝心で、欲しいところが足りてない・・・

ってわけで、もう少し締まり良く聞こえればと・・・中域には威圧をかけて、低域のエッジに切れが出ないかな?って思って、CSTのサブエンクロージャーに500mlを1本入れると・・・

ちょっとは締まったかな?(^^;って感じがして・・・

まあ、さすがに7リットルも詰めたんで、低域の収斂はさすがに早くなったみたい?・・・

【7リットル詰めの累積スペクトラム】
1803-05 130512 CU80+MU80→(CST空)-Accumulat1803-e

でもって、色々なCDを聞いて見ましたが・・・

低域から中低域に少し量感が出てきて弾力感も・・・でも、キレはまだまだ・・・残念!

そうか・・・これには、やっぱり、最終的に脱脂か・・・何かダンパーの柔らかさを取り除くものが要るってことかなあ?・・・(^^;

それに・・・低域を感じるようになったからだと思うんですが・・・どうやら、今度は、高域の抜けが悪くなったような気もして来た・・・トホホ(泣

う~ん・・・こりゃまた、しばらく聞き込んでみるしかないのかな?・・・

ってわけで、短いですが、今日の話はここまで・・・明日はいよいよ次の一手か?(^^;

なので・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1871-57a7d65d