FC2ブログ

【1788】130420 今のところこんな音ですオフ会(Part 2)最終話・・・(^^; 

さてさて、5月の後半辺りから、延々振り返りを交えつつ、拙宅の現状をお聞きいただくオフ会のお話を続けてきましたが・・・いよいよ最終章へ・・・

っと言いつつ・・・HYさんと吉田兼好さんにお越しいただいての拙宅オフ会Part2・・・拙宅の現在のサウンド傾向をお聞きいただき・・・大失敗腰砕けサウンドもご確認いただいて・・・その鳴り幅の違い・・・得手不得手の差の大きさを一緒に再確認させて頂いたわけで・・・

お話は、今後の拙宅の方向ってわけで・・・ダンパー軟化対策は別として・・・ここまでお膳立ていただいて、材料も揃ってるなら、一度は、マルチアンプ駆動へって流れに・・・(^^;

で、既に、アキュのDF-55を導入し、マルチアンプ駆動を実践されている吉田兼好さんにお話を伺いつつ・・・まったりとオーディオ話を・・・

ま、今の中高域の雰囲気とクオリティーを残しつつ、温度感を少しホットに、厚くどっしり安定した中低域を加え、近隣に迷惑にならない範囲の締まったグリップ感があり、かつ軽い低域を出したいなあと・・・なが~~~~い道のりの先を夢見て・・・(^^;

でも、何でこんなに低域出ないんだろうね?・・・低域もそうですが、このSPは、ツイーターが元々大人しいんで、案外、その辺りの影響で、低域のエッジ部分が今一つ弱かったり、タイミングがずれてたりして、聴感上のインパクトが少ないのかな?って気もしてて・・・

いまの機材やアクセ、セッティングが、総合的に同じ方向って言うか、弱点部分を補強しない状態なのかなと・・・何せ、先日お伺いした同じSPをお使いのtoyocrimさんのお宅では、今の拙宅の聴感上のエネルギーバランスを、F特のグラフに書いて、高低をクルッとひっくり返したようなピラミッドサウンドを出されていましたので・・・

まあ、それはSPのせいじゃなくて、部屋の影響だよと・・・

確かに、普通、低域がが出過ぎて、どう処理しようかと悩むのが普通なのに、うちは、最初から、そんなに低域の出過ぎに悩んだことはないので・・・ま、前回のPart1でも明らかになったリビングとダイニングの天井を分断する梁(マンションの躯体)の影響や、ラックや椅子、その他の荷物の床の配置など・・・堰き止めるものが多すぎる・・・

それに、シアターもやるので、右の柱の出っ張りのお陰で、システムの中心軸が部屋の中で斜めにオフセットしているってのも、明らかに聞こえる大きな癖が無い理由の1つなのかな・・・

ま、逆に言うと、低域が出なくて、低域の芯が弱く・・・なんてのは、拙宅の部屋の癖なのかも知れませんね・・・(^^;

あとは、部屋の角&SPの真後ろに位置する丸棒調音材が、意外に効いているってのもあるかな?・・・この丸棒のお陰で、低域がもやあっと部屋に篭る感じは、全然しませんから・・・

それに、うちは、スクリーン下ろすと、今のSP配置意外には、どうにも置けなくて・・・今の位置周辺を数センチ単位でしか動かせませんから・・・

【TVの右に丸棒4本の調音材】1780-01
1780-01前回に比べ右のラックが低く

以前、TVにカバーをかけたりしてたのは、止めたの?と・・・今は、もう止めました・・・

って言うのは、この間、H氏が来た時、直接音はしっかり出して、間接音は、部屋のどこで聞いても同じに聞こえるように、音を部屋に回さないと駄目だよと・・・で、実験の結果、TVの右に丸棒を置いたことで、空間の音の隙間が埋まりまして・・・

【Cafe Paradiso】1528-01
1528-01Cafe Paradiso .jpg

Cafe Paradisoの8曲目冒頭を聞いてもらって・・・TV右の4本構成の丸棒調音材を退けて、もう一度再生すると・・・

ああ!、一音目から弦がどよ~んとした・・・弦の張りを緩めました?ってくらい・・・

結構、変わるでしょう?・・・これで、フロントの明瞭度がグンと上がって、リビング側の部屋に、音の隙間が無くなった・・・

で、再び丸棒調音材を戻して、再生すると・・・おお!一気に音が瑞々しくなった・・・弦のピンって鳴らした音が、スパッと明瞭に聞こえる・・・

これを指摘して、改善作を即座に実践して、音を立て直したH氏の腕には、つくづく感心するばかりで・・・ま、この後、daisuke邸での丸棒の効果体験や・・・naskor邸での丸棒体験のお話などして・・・

っと、そうそう・・・daisuke邸でのデジタルリベラメンテ効果が凄かったんで、拙宅でも頑張ったんですが・・・あれほどに歌い方の素晴らしさが出なくて・・・多分、中高域の情報量が圧倒的なので、その効果の違いが明確になったんだと思うんですが・・・うちのサブ系は情報量が足りないみたいで・・・(^^;

クローズアップ系ですか?との問いに・・・クローズアップと言ってますが、本来、出せるものを全部出した上で、整理をして行きたいんですが・・・未だ、全部出すってところが、低域が出なくて・・・って、低域も、中低域も含めて、あるとこだけでないって変な状態で・・・全然進まなくて、足踏みするばかりで・・・(^^;

【柴田淳COVER 70's】1649-01
1649-01柴田淳COVER 70s

っと、メインで柴淳の秋桜を聞いて・・・サブ系システムで、デジタルリベラメンテを通して再び聞くと・・・溜めがタップリに、抑揚がグッと付いて、泣けそうに鳴るはずなんですけど・・・今の、インパクトは、情報量が減って、高域が無くなるって法が大きくて・・・

でも、ちょっと、気配は感じられるようにはなって来たんです・・・おお、ちょっと、気配はあるね!と嬉しいコメントも・・・(^^;

何となく、このDACの真空管バッファが、デジタルリベラメンテの効果を全部出す方向ではないんだと思ってて・・・この辺りを何とかしたいなあと・・・

っと、ここでそろそろ、ゲストのお二人は、次のお宅に向かわれると言うことで、拙宅オフ会は、これにて終了・・・

いやあ、HYさん、吉田兼好さん、長々と不十分な拙宅サウンドにお付き合いいただいて、数々の貴重なアドバイスもいただき、大変ありがとうございましたm(_ _)m

おかげさまで、少し進むべき方向、やるべき?ってか出来ることが、少し分かりました・・・ま、ぼちぼち整理しつつ、出来ることから、順番にやって行こうと思います・・・

是非また、ご指南をお願いいたしますm(_ _)m

ってわけで・・・これにて、Part1~Part2へと、長々つづいた拙宅オフ会のお話は終了・・・

明日からは、この体験での新たな気付きを元に・・・また右往左往・・・・ハハハ(^^;

よろしくお願いしますm(_ _)m

ってわけで・・・明日は、対策第1弾のつもり?・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1855-ea5fa93a