FC2ブログ

【1737】130317 拙宅オフ:かめきちさん来宅(3)モノラルならこう鳴る・・・(^^; 

さて、早速、拙宅オフ会のつづきであるが・・・一通り、拙宅でよく鳴る方のお楽しみ定番ソフトを聞いていただいて(^^;・・・いよいよここからは、古い録音や、果たして鳴るか?と言う課題曲?へ・・・

ってわけで、以前、かめきち邸でオリジナル盤を聞かせていただいたこのCDを・・・

【アルバム"ZOOT"SIMS】
1737-01”ZOOT”SIMS

アルバム"ZOOT"SIMSから、Evening in Parisを再生・・・この辺は、線が細いんですよね(^^;

と、かめきちさんが・・・これは、線は太いはずなんですけど(笑・・・

ま、モノラルゆえ、サックスの音圧はそれなりにあるが、やはり、腰高な感じがするんですよ・・・

と、かめきちさんからは・・・ええんやないですか?とのコメント・・・ホッ(^^;

ダンパーを柔らかくして、中高域の細かな音が、ものすごく聞こえるようになって、そこは大成功だったんですが・・・後は、重心をもう少し下げたいのと、パルス性の音のキレとか躍動感が出ないところを何とかしないといけないと思っているんです・・・(^^;

と、そう言う欲を出すと、このピアノはもっと出て来るはずだとか、色々出てきちゃいますよと(爆

お次は・・・これも濃い曲・・・

【ペギー・リーのブラックコーヒー】
1737-02ペギー・リーのブラックコーヒー

もちろんモノラルで、ペギー・リーのブラックコーヒーを再生・・・

と、かめきちさんが・・・この曲は、レコードだとピアノがかなりシャキンと入ってるんですけど、CDだと、入ってないのかと思うほど聞こえないんですと・・・ハハハ、確かに後で眠い音が(^^;

一般的には、オリジナル10インチの方がいいとされてるんですが、かめきち邸では、12インチの方がよく鳴るのだそうで・・・そうそう、かめきち邸では、SPユニットの能力が高いので、全部曝け出されちゃうんで、他でいいと思う曲が、期待通りに鳴らなかったり、逆に、他ではパッとしない曲が、俄然活き活きと鳴り出したりするんですよね・・・

ま、拙宅ではこんな感じに鳴ります・・・と、そうか、こう鳴るんですか・・・難し過ぎて、この音に手を入れるなんて出来ないですと・・・ホントの低音は、ウーファーの口径も要りますからね・・・

古いモノラル録音の曲は、まだそれなりに聞けるんですが・・・こういうのがと・・・

【角田健一ビッグバンドのDVD-A】1549-02
1549-02角田健一ビッグバンドのDVD-A.jpg

角田健一バンドのBIG BAND STAGE・・・これはDVDオーディオとCDの2枚組みで、この後には、SACD盤も出たんですが・・・今回は、CD盤から・・・シング・シング・シングを再生・・・

このドラムが、ペラペラ薄っぺらくて、重心が高くて腰がない・・・ホーンセクションもそれなりに鳴ってるんですが、同じく腰高な感じで・・・この太鼓あたりを、もっとしっかり出したいんです・・・

と、これはこれで、いいんじゃないですか?と・・・う~ん、さすがに現代のマルチマイクの録音なので、ごちゃっと団子になってしまうということは無いんですが、やはり、もう少し低域の量感を・・・耳が過剰を求めてるんですかねえ・・・(^^;

おつぎは、最近未調整ですが・・・こんなのも再生できるようにしてるのがまずいのかも?と・・・

【JenChopinのSACD】1429-01
1429-01JaneChopinのアルバム.jpg

JazzのSACDで、おまけにサラウンドマルチという珍しいJen ChopinのSACDを・・・拙宅では、プリアンプでアナログダウンミックスして4.0チャンネルで再生・・・

それなりに空間の感じが出て、フロントに奥行きが感じられんですが・・・っと、ラッパは生っぽく聞こえますねと・・・

で、これのステレオを再生すると・・・あっ最近はサラウンドの調整が余り出来てなかったのもありますが・・・断然、フロントが濃くて自然な広がりが・・・(汗

と、かめきちさんからも・・・こっちの方が自然な感じですねと・・・

以前は、ステレオ再生のクオリティーが低かったので、サラウンドの方が、楽に空間やフロント奥行き感が感じれたんですが・・・今は、逆に、2チャンネルの調整が進んだのと、サラウンドの方の調整不足もあって、全然駄目ですねえ・・・(汗

っと、ここで、かめきちさんから、素敵なお土産をいただいた!

【こんなお土産を】
1737-03こんなお土産を

何と、エジソンの蝋管!(@@;・・・と、16インチのレコード!(@@;・・・何と、どちらも再生装置があれば、キチンと鳴るものなんだそうです・・・ま、拙宅では、ディスプレイ用になりますが(汗

何でも、16インチのレコードは、ラジオ局がストライキの時に延々とかけられるように作られたものだとか・・・

それと、今日は、できそうに無いけど、時間が出来たら実験してみてくださいと・・・

【ウェスタンのケーブル】
1737-04ウエスタンのケーブル

おお、これは貴重な物を・・・最近SPケーブルでは、色々試さないとって状況なので・・・しばらくお借りして、どこかで聞かせていただきます(^^;

それと、画像は、ケーブルのみですが、この他に、秘伝の3チャンネルのチャンデバも・・・

こりゃ、宿題満載ですね!・・・(^^;

っと、今日は、うたた寝が過ぎたので、ここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Westernのケーブル

灰色の太いケーブルは以前使っていました。黒と灰色のペアーは現在使っているものに似ています。茶色のものは初めて見ましたが、良さそうですね。写真にないものを3種類ほど使っています。いずれも満足度が高く、それまでのオーディオ誌に出てくるブランド品を駆逐してしまいました。中でも単線のものが気にいっています。Westernは高嶺の花なのでケーブルだけにしています。
Mt.T2さんの評価を楽しみにしています。

Re: Westernのケーブル

酒仙坊さん、こんにちは。
茶色いのは、シースが油紙みたいなやつでした。
単線は、10cmほどが2本だけでしたの、違いが分かるかどうか?・・・
お借りした状態が、数メートル1本と言う状態なので、切って試すかそのまま試し聞きするか迷っています・・・(^^;
いずれにしても、今は時間が取れないので、お試しは、少し先になりそうです・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1804-a1b6a260