FC2ブログ

【1734】130316 拙宅オフ会(終)この先は欲張りな領域?・・・(^^; 

文字色さて、ダンパーを軟化させた影響で、非常に微細な音の再生に長け、小音量時の再現性が、非常に高くなり、低域の空間の佇まいが、非常によく分かるようになったと喜んだ半面・・・

前回の教授のクリニックで改善してもらったはずなのに、まだ、プリ導入と同時に気付いた眠い音のトラウマから抜け出せないのか、中低域のキレや厚みや迫力を特徴とするお宅のサウンドを多く聞かせて頂いたイメージの増大か・・・リズミカルに、迫力や弾力感のある低音をついつい過剰に求めてしまうところがあるようで・・・

お越しいただいたお二人からは、充分楽しめるサウンドが出ているんじゃないか?ちょっと欲張りなことを求めているんじゃないか?とのことで・・・(^^;

で、一旦、お昼休憩となり、駅前へ食事へ・・・そこでも、散々楽しくオーディオ話で盛り上がり・・・それじゃあ、午後の部に入りましょかと・・・

あっ、そうそう、お越し頂いている時に、せっかくなので・・・さっきも確認させて頂いた電源周りの選択が、合っているかどうかの検証を・・・

午前中は、200→100Vのステップダウントランスから、パワーと、コンディショナーに繋いだプレーヤーとプリを両方供給するがいいか・・・パワーのみダウントランス、コンディショナー&プレーヤー・プリは、別系統の100V供給がいいかを確認頂いて、σ(^^)私の判断通り、後者がよかったわけですが・・・

今度は、逆に、別系統の100V供給したコンディショナーから、パワーも供給したらどうなるか?を聞いて頂いた・・・比較には、昼前のマドンナを・・・

【マドンナのアメリカンライフ】1732-01・・・帰省から戻ってアップしました(^^;
1732-01マドンナのアメリカンライフ

で、パワーをコンディショナーからの供給にして聞いてみると・・・ああ、ハムノイズが・・・そうそう、このパワーは、アースが繋がると駄目なんですよね・・・で、3P→2P変換をかまして・・・

う~ん、案外いいんじゃないですか?・・・結構締まって聞こえますね・・・

じゃ、別の・・・The Idea of North聞いてみましょうかとのリクエストが・・・

【The Idea of NorthのHere & Now】1679-02
1679-02The Idea of NorthのHere Now

で、これを聞いて見ると・・・うん、やっぱり、いいんじゃないですか?・・・およ(^^;

うん?・・・捨て難いけど、よく聞くと元の分離の方が、情報量、解像度が高いかな?・・・バランスとしては、こっちの方がいいかな?とは思うんですが・・・

っと言うことで、再びパワーを200→100Vのステップダウントランスからの分離供給に戻して・・・

あっ、やっぱりこっちがいいや!・・・SN感が高く、力感もこちらの方がありますね・・・

ってわけで、電源は、自分の判断が間違ってなかったと言うことで・・・\(^^)/

っと、オルフェのサンバさんから、ジェニファーウォーンズのThe Hunterのリクエストが・・・

【ジェニファーウォーンズのThe Hunter】
1734-01ジェニファーウォーンズのThe Hunter

ああ、やっぱり・・・聞こえはしますけど、うちでは、この手のベースとバスドラの帯域が薄いですね・・・っと、やはり、制動が効いてないので、ベースが伸びてリズミカルじゃないとのご指摘が・・・

う~ん、これがSPケーブルの実験で改善の手掛かりが得られるのかかどうかが問題だ・・・(^^;

で、お次は、教授が持参の羊毛とおはなの6曲目(StingのEnglishman In New York)を・・・

ふ~ん、素直な録音で軽やかで、ちょっぴりけだるい歌い方がユニーク・・・やっぱり、ギター低弦に中低域の下支えがもう少し欲しいなあ・・・(^^;

っと、お次も教授のCDで、レイ・ブライアントのアローン・アット・モントルーから、3曲目のクバノ・チャントを・・・

【レイ・ブライアントのアローン・アット・モントルー】
1734-02レイ・ブライアントのアローン・アット・モントルー

う~ん、古い録音?1972年・・・素直でリアルな録音ですが、ご機嫌な演奏ですね・・・床の音もあんなに聞こえるのに、低音の弦が薄くて軽い・・・マンションサウンドだからと言い訳できそうですが・・・ホンとはもっと沈み込ませたいところですね・・・(^^;

で、お次は・・・クラシックのオペラのCDですが・・・詳細不明(^^;

かなり奥行きを感じる再生ですが・・・教授からは、良いですねとのコメントが・・・

お次は、オルフェのサンバさんのリクエストで、リュートピアとエンジェルスカイツを・・・で、録音とホールの響きの関係について、あれこれ・・・

じゃ、そろそろ・・・っと、その前に、こっちを少し・・・と、教授のリクエストで・・・

【クローズアップ系の音を】画像は、トラポを退けてからのもの・・・
1734-03クローズアップ系の音を

現状の、クローズアップ系の音を・・・いや、まだ全然手が付けられてなくて・・・

まずは、メイン系で柴淳の秋桜を聞いてもらって・・・

まずは、CECのTL5100から、CCV-5経由でGPS-777から外部クロックを入れたDAC(SV-192SV/DSD)を経由してメイン系で再生・・・これで、音色や音調はともかく、歌詞がちゃんと聞こえるようにしたいんですが・・・daisuke邸での感動のサウンドは得られなくて・・・

情報量がもっとあればと・・・UX-1のデジタルアウトを、デジタルリベラメンテで、GPS-777から外部クロックを入れたDAC(SV-192SV/DSD)を経由してメイン系で再生・・・で、こちらの方が、あの時の音には近いんですが・・・daisuke邸での感動の再現には、まだまだ、高域の情報とエネルギーが足りない気がして・・・

っと、教授から・・・これをどうしたいの?って・・・

いやあ、この先はこのDACと、うちのシステムでは、出ない気がするんです・・・歌う声の出し方の強弱や言葉を出す時の息遣いの情報もエネルギーも足りない気がして・・・

だったら、インシュにアルミを入れると良いとはずですよとのことで、入れて聞いて見ると・・・

おお!・・・声の振るえや息遣いが、分かり易くなった!(@@・・・もう一息・・・

後は、DACの上のトランスポートを退けて・・・

う~ん・・・抜けはよくなったんですが、思う方向への伸びはあまり無かった・・・

じゃあ、アルミの上にさらにチタンを乗せると、もう少し出ますよとのことで・・・

【アルミとチタンで】
1734-04アルミとチタンで

ほう、確かに息遣いが更に良く分かるようになりました!

ってわけで・・・少し感触をいただいて・・・これにて拙宅オフ会は時間切れで、終了・・・

教授、オルフェのサンバさん、今回も色んなアドバイスをありがとうございましたm(_ _)m

またまた、色々気付きがあり、また、課題もハッキリしてきました!

認識と、判断、調整のノウハウ・・・まだまだ未熟ゆえ、右往左往しております・・・恐縮ですが、また、今後もご指導、よろしくお願いしま~す!m(_ _)m

で、このお話は、これにてお終い・・・明日は・・・この次の日のオフ会のお話へ・・・

ハイ、連荘だったのです(^^;

ってわけで、・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

当日は大変お世話になりました。
本当に欲張りな悩みだと思いますねw
いろんなジャンルの音楽を十分楽しめるレベルであると思います。
しかし、そこがで立ち止まらないのがMt.T2さんがMt.T2さんであるところですから、少しでも自分の出したい音が出るようにこれからもがんばってください。私も、そろそろ次の音作りをするかも?です。

教授、おはようございます!
こちらこそ、大変お世話になりましたm(_ _)m
どうも、異質のサウンドを混同してイメージしているのが、そもそも問題なようで・・・
まずは、それぞれのイメージを実現できるようになってから、次のステップに進むようにしようと思います(^^;
今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1801-7a209fa6