FC2ブログ

【1696】130114 超銀蛇DGの単独試聴・・・(^^; 

っとその前に、一昨日まで、デジタルケーブルの聞き比べを、あれこれやってましたが・・・

その最後に、ちょっぴり試したもう1つ・・・ただし、これはメーカーさんの保証外のお試しです(^^;

と言うのは・・・お借りしてた、CCD-6には、特別オプションの、192KHzを入力すると10MHzを出力すると言う機能が付いてまして・・・たまたま上手く動作することがあったので、G-25Uに入力したら、どんなサウンドになるかを聞いて見ました・・・

GPS-777─CCD-6─G-25U─┐(44.1KHz)───────────┐(44.1KHz)
            ↓(産業用)        ↓(産業用)
  UX-1→(超銀蛇DG)→CCV-5→(DGリベラメンテ)→SV-192S→(リベラメンテ)→CU-80→以降通常構成

ってわけで、一昨日の構成のクロック系で、GPS-777からCCD-6へは192KHzを入れ、CCD-6の10MHzオプション出力をG-25Uの外部クロックに入れて聞いてみたんです・・・

以前の印象では、G-25U単独供給では、拙宅UX-1に対しては、あまり効果が無く、自作ルビジウムを入れてやっとその精度の恩恵を受けていいると感じれるサウンドになったのですが・・・

残念ながら、携帯電話の無線基地局用ルビジウムの払い下げ品を流用した自作ルビジウムクロックは、G-25Uへの供給時は、サウンドに癖が感じられ、休眠する結果に・・・

で、そのサウンド傾向を知りたいがための仮のお試しとして、一昨日の構成にG-25Uを挿入した音を聞いてみたわけですが・・・そのイメージは、インフラノイズの調和のサウンド傾向が、中高域へ少しエネルギーバランスが上がって、オーディオ的なサウンド・・・少しドンシャリな方くへ変化したと・・・

ってわけで、何だかあれもこれもクロック系機器を繋いだ割に、これという魅力を感じない結果となり、やっぱり、サウンド傾向が違うものを組み合わせても、なかなかいい結果は出ないと言うことを、改めて感じた次第で・・・って、最近痛いほど経験している結末で(^^;

で、っとなれば、なお更、この一連のクロック&デジタル関連の聞き比べも、結果が見えてくる・・・要は、方向性の違うアイテムの混在より、胴傾向への純度を高めるのが得策と・・・

とは言え、今回使ったケーブルの単独の効果をおさらいしたくて、超銀蛇DGのクロックケーブルでの効果について、ちょっぴりお試しを・・・
※ただ何と、超銀蛇DGは既に生産完了となり、上位?の超銀蛇シールドに変わっているそうで(汗

で、今回のお試しでは、改めて接続ケーブルのリファレンスを、オヤイデの銀線の同軸(FTVS-510)をベースに、プラグ部分も銀にしたDR-510とDB-510にして・・・これとの聞き比べをやってみました・・・

で、まずは、変化の大きい外部クロックの接続ケーブルとして・・・超銀蛇DGにカナレの75ΩのRCA-BNCの変換プラグを付けて、GPS-777とCCV-5の間に使ってみた・・・

【まずはクロックケーブルに超銀蛇DGを】
1696-01まずはクロックケーブルに超銀蛇DGを

っと、っとっと!・・・さすがにGe3的なサウンドに!

クロックケーブルでありながら、その効果の大きさにはビックリ!(@@;

シンバルの抜けが良くなって・・・定位の立体感が増して・・・タムが気持ちよく、カツン!って・・・スネアの張りも良くて、パンッて・・・ピアノの透明度も上がって・・・

かなり立ち上がりの部分にインパクトが!・・・(逆に言うと調和の響きは減退?(^^;)

で、調子付いて・・・クロックは元のオヤイデDB-510に戻して・・・

【次は終段のデジタルに超銀蛇DGを】
1696-02次は終段のデジタルに超銀蛇DGを

今度は、DACに接続するS/PSIFのデジタルケーブルを超銀蛇DGに変更してみると・・・

おおお!・・・Ge3的ウブゲがドバッと出てきた!(@@;

たとえば、声の吐息やかすれの部分が、ゾゾゾ、ゾワゾワって鳥肌立ちそうに感じたり・・・シンバルのカツンやシャ~ンと、うちのシステムの柔らかな部分がちょっぴりくっきりハッキリするとか・・・バイオリンの高域のキーンって伸びるところがヒュ~ンって持って逝かれそうに(^^;感じたりとか・・・

それに、奥行きや上下のイメージがかなりハッキリして・・・一層3D的な立体定位に・・・

こりゃ、Ge3的には、めちゃ気持ちいいご機嫌な展開!

やっぱり、Ge3的サウンドの快感を得るには、超銀蛇デジタル!ってところのようです\(^^)/

っということで、拙宅のクローズアップ系サウンドの系統においても、インフラノイズ系とGe3系では、その感じる部分が大きく違うんだと言うことを、改めて感じた次第で・・・

あっ、そうそう、じゃインフラノイズ系はどんな感じなの?って話になるんですが・・・実は、この約1ヶ月後、クロックリベラメンテってのを導入してまして・・・

なので、このお話は、またそのときが来ましたら・・・(^^;

ってわけで、このお話は、今回これにて終了・・・で、明日は・・・ちょっとお初の試聴会へ・・・

なので・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1762-11eaeaf4