FC2ブログ

【1678】130102 教授邸詣でwith大佐(3)クールビューティ!・・・(^^; 

さて、約1年ぶりの教授邸・・・私の耳のずれ具合が大きいのか?教授邸のサウンドの進化か?・・・厚く濃い目で、ほんのちょっぴり低域に重心が・・・で、思いのほか部屋の響きがたっぷり・・・

その空間のサイズを拙宅に置き換えると・・・つくづく、がっくり_| ̄|○

っと、どうぞと王様席を大佐に譲るも、心なしか元気が・・・もうだいたい・・・(^^;

で、お次にかかったのは、手島葵のテルーの歌・・・

【テルーの唄】1240-01
1240-01テルーの唄.jpg

おお、めちゃ久しぶりに聞いたかな?(^^;・・・凄く、部屋の響きをいかにシームレスに繋がれているのが分かる・・・ってか、元のソースに入っているエコーが、ドバッと全開で出ているからこそか・・・

ボーカルが目の前に厚く立つのは勿論なんですが、バックのシンセ?の情報量がめちゃ多いですね・・・これを聞くと、拙宅は、中低域が多くなってるから、高域が足りなく感じてしまう・・・そう耳の基準がずれてるってことだと感じました・・・(^^;

と、教授が、じゃ、ブルメ用に、ちょっとSPを動かしますと・・・え?SPを?・・・いやいや、位置をじゃなくて、駆動するとの意味でした・・・いやあ、ビックリ!(@@;したあ・・・(^^;

で、かけられたのは・・・パイプオルガン・・・この雰囲気は?・・・

【Engleskyts】1180-01
1180-01Engleskyts.jpg

ああ、このCD・・・いつも、Rayさんがかけられる7曲目ばかり聞いてましたが・・・これは2曲目・・・

ほう、凄い教会のサイズ・・・天井が高~い!・・・響きがこんなに長いの?・・・おお、オルガンが全開に鳴り出した・・・オルガンの高域ってこんな不思議系の音なんだ・・・中域、高域の響きの包囲感も凄いけど・・・何気に低域がリニアに部屋を満たすのが、快感・・・

っと、何を聞かれますか?と、教授が大佐に・・・最近は、ロックのライブをとのことで・・・じゃあ、ロドガブをかけましょうかと・・・まずは、スタジオで・・・

【ロドガブ・11:11・Hanuman】798-04
798-04ロドガブ:1111:Hanuman.jpg

格闘弦11:11の1曲目、Hanumanから・・・

ああ、ワニ目のCDでワールドワイドにブレイクして・・・しっかり稼いで、スタジオまで作って、そこでガッツリ録音したってだけあって、克明でダイナミックなオンマイクなカッチリサウンド!

弦の細かな音まで、ドバッと全部、フルに出し切り!・・・破綻せず、何食わぬ顔?のように・・・

で、お次は・・・ジャパンライブから・・・

【ロド&ガブ LIVE in JAPAN】
1678-01ロド&ガブLIVEinJAPAN

副題が激情セッションだったかと思いますが・・・いつもの天国への階段から・・・

めっちゃSNの高いクリアな音で、ギターテクの細かな部分を、クッキリ克明に・・・4Kカメラの超望遠で指先までハッキリ見えるがごとく・・・大佐同席で客観的に聞くと・・・クールビューティー!

ちょっぴりスモークが残ったような、むっとする感じのライブハウスと言うより、コンサートホールって感じのイメージが強い・・・

TAMACUNからのサウンドは、正にそのイメージがより明確になる感じ!・・・どこまでもメロディーラインの綺麗な旋律はブレることなく正確に・・・

DIABLO ROJOでは、ギターのボディーパーカッションのリズムが、衝撃波となって、その風圧がクリアに体に伝わる・・・それでもロドリーゴの弦は、綺麗な響きを失うことなく、メロディーを刻む・・・

と、もちろん、これはビマークのサウンドで・・・

次は、σ(^^)私が王様席で・・ビッグバンドJazzを2曲・・・

ほう、なるほど・・・これが正に出し切り系・・・個々の楽器の演奏が、それぞれ濁ることなくそれぞれが全てオンマイクなのが良く分かるような克明なサウンド・・・場末のアーシーなJazzバーというより、ホテルのラウンジでのかぶりつき席で聞いているイメージ・・・

以前より、中高域のキレがよく、膨大な情報量の洪水を浴びてる感じで・・・眠くゆるい音になれてた私の耳には、久々の全開出し切り系は、耳が付いていかない・・・

じゃあ、ブルメを聞いときますか?とのことで・・・

【ホルストの惑星】1148-02
1148-02ホルストの惑星.jpg

何も聞こえなくなったさん、ご推薦の・・・ってか、ご推薦なのは、サラウンドマルチの方なんですが・・・勿論教授邸では2chステレオで・・・

おお、これも今のマルチマイクで個々の楽器のディテールを付加したホール全体の響きと両方を出し切るサウンド・・・なるほど、これが教授流のブルメサウンドか・・・

鳴らされているのは、P-0なので、CD層なんですが・・・有り余る情報量、微細で克明な描き分けを聞いていると、SACDのクオリティーで鳴っているかのような錯覚に・・・

なるほどなあ・・・っと、残念、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1744-6ceba0cf