FC2ブログ

【1651】121202 daisuke邸再訪(終):驚愕のデジタルリベラメンテ!その3・・・(^^; 

さて、長々続けてしまいましたが、daisuke邸再訪のお話もこれが最終章・・・なんと言っても、前回伺って以降のdaisuke邸の進化が目覚しく、そのパフォーマンスの高さに感心したわけですが・・・

その進化を持ってしてこその新たな発見・・・ホント、今回の体験は、貴重なものとなったわけで・・・レンジやスピードなど、音の快感を追求するのとは、違ったところに、音楽の楽しみがあるのだと言うことを身を持って感じたと言って過言ではありません・・・

デジタルだと言うのに、こんなに変わっていいのか?って突っ込みたくなるんですが・・・変わるんだからしょうがない・・・ケーブルを、インフラノイズの新製品、デジタルリベラメンテに変更するだけで、そのサウンドの聴き所が明白に・・・

特に、ボーカルものでは、歌い方が変わると言うか、表現のし方が変わるかのような変貌振り・・・

ってわけで、デジタルリベラメンテに合う歌は?と言うことで・・・

お次は、手島葵のThe Roseの1曲目を、まずはデジタルリベラメンテで聞いて・・・続いて、オリジナルのAES/EBUに戻して聞いてみると・・・

あっ・・・オリジナルの方は聞いていて、普通に呼吸をしていられるんですが・・・なんて言うんでしょう?デジタルリベラメンテだと、聞いてる自分の呼吸のタイミングがずれてしまうと言うか・・・普通に呼吸できなくなって、歌に合わせて止まるというか、息を飲んでしまうような・・・

daisukeさんの、オーディオ的な観点で言えば、オリジナルの方がいいですよねとの問いかけに・・・

それは、全く同意なんですが・・・デジタルリベラメンテで再生した時の歌い方を聞くと・・・歌詞の言葉の意味を歌っているかのように感じると言うか・・・

これがよく、オーディオ的とか音楽的とか言われる違いなんでしょうか?・・・

音楽の何たるかが分かっていないσ(^^)私的には、この音楽性とか音楽的という言葉が、どうにも好きじゃないんですが・・・敢えて言うなら、このデジタルリベラメンテで感じた部分のようなものも、そう呼ぶのでしょうか?・・・

いやあ、でも、ホントこれはビックリ!(@@;の変化ですね・・・

こんなに違いが出るのなら、ひょっとしてこのケーブルで聞くと、歌のうまい人と歌唱としてだけで歌っている人の違い・・・いわゆる上手下手じゃなくて、言葉の意味を歌っているかどうか?みたいの)があらわになっちゃったりして・・・(^^;

すると、お次は、ユーミンの卒業写真が、オリジナルのAEA/EBUでかけられて・・・

ああ、最初のイントロが、もうすでに、スーッと普通に出てくるところからして普通(^^;

で、続いてデジタルリベラメンテに切替えて聞いてみると・・・

うん?違いはあるけど、意外にも、差はそんなに大きくない・・・なんで意外やねん!(^^;・・・ハハハ、でも、やっぱりデジリベの方が、曲のイメージには合ってるように感じる・・・

っと、今度は、今井美紀の年下の水夫をデジタルリベラメンテで聞くと・・・

ピアノの音色は丸過ぎるんだけど・・・やっぱり歌が、歌詞をもの凄く、ゆっくり大切に歌っているかのように聞こえる・・・

で、またまたオリジナルに戻して聞くと・・・

ピアノの音色が断然ハッキリとして、綺麗!・・・曲としてはこっちの方が断然良いと思うんだけど・・・歌は、残念ながらと言うか・・・やっぱり、すうっとサラッとした感じに聞こえるなあ・・・

何となく、Jazzとかフュージョンの中でも、即興性の高い、緊張感を持った丁々発止の曲のインパクトは、AES/EBUの方が合いそうに思いますけど・・・メロディーやそこに乗せる思いのようなものがあるかのように聞こえる曲だと、デジタルリベラメンテの方が合う気がします・・・

っと、最後に井筒香奈江の時のままにから、マイラグジュアリーナイトを、AES/EBUで聞くと・・・

ささやくようなかすれた声のリアリティーは・・・なんてところへ耳が行っちゃう・・・(^^;

で、続けてデジタルリベラメンテで聞いてみると・・・

ハハハ、daisukeさんと顔尾を見合わせ、笑うしかなかった・・・圧倒的な歌い方の違い!(@@;

何なんでしょう?・・・もの凄くゆっくりに聞こえて、声を出す強さの微妙な変化が、もの凄く良く分かって、曲の世界にのめり込んでしまう・・・

すると、daisukeさんからも・・・これは、曲のシチュエーションに合わせて、切替えて聞くというのが良さそうですね・・・この曲は、明らかに、デジタルリベラメンテの方が、入り込めますと・・・

ホントは、この違いと言うか・・・こういう感覚で曲を聞くのに、無くてはならないのは何なのか?を知りたいところなんですけどねえ・・・(^^;

それにしても、何なんだろう?この変わりようは!・・・声の出し方がこんなに変わって聞こえるとは・・・ホントは、声の強弱をこんなに微妙に付けて歌っているんだ!・・・

いやあ、凄い違いがあるなあ・・・ま、おそらく、daisukeさんのシステムが、この違いをキッチリ出すパフォーマンスを持っているからこそのような気はしますが・・・それにしても、これは凄い経験をさせていただきました!・・・ホント、ありがとうございました!m(_ _)m

あ、ちなみに持ち込んだ機材を片付けてる間、先のマルチョウのデジケーで井筒香奈江をかけられたんですが・・・音色と言うかバランスと言うか、音調はデジリベに似ているんだけど・・・やはり、歌い方の聞こえ方、発声の仕方の違いが、デジリベには独特の世界があるようで・・・なぜそうなるのか?は分かりませんが、これがチューニングされた音の世界ってことなんでしょうか・・・

果たして、拙宅のDACが戻ってきて、ここまでの違いが分かるのだろうか?・・・って心配しつつ・・・ホント、貴重な休日に突然押しかけて、長々とお邪魔してしまって、スミマセンでしたm(_ _)m

でも、お蔭様で、もの凄く貴重な体験をさせてもらいました!ホントありがとうございましたm(_ _)m

ってわけで、貴重な体験をさせていただいたdaisuke邸再訪のお話も、これにて終了・・・

明日からは・・・ハハハ、実はまたまたお出かけのお話に・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1716-a606cf03