FC2ブログ

【1617】121103 まずは川越えのために13cm逆BH箱inFE108EΣ(終)・・・(^^; 

さて、元々Ge3値の高いユニットのフォステクスFE108EΣを、これまたGe3推奨の13cm逆ホーン標準箱に入れて鳴らしてみたら・・・

あわわ・・・こりゃ困った!・・・眠い眠いと漏らしてたメインSPからのサウンドに比べると、信じられないほどに目の覚めるような音で鳴っている・・・その定位感や細かな音の肌触りなんて、どうにもメインSPじゃ出なかったところ・・・

いやいや、ホント、こんなに鳴っちゃ困っちゃいます~(^^;

ま、つまりはこれが、川越えSPの実力ってことか・・・っと、待てよ?・・・こんなポン置きで?

Ge3的には、ホントのポン置き・・・これなら、まだ、余力があるはず!

そう、先に大騒ぎした「超結界機器用」をセットして無いし・・・

あっそうだ!・・・その前に、久し振りに、休眠してた「雲泥」に登場してもらおう!

【雲泥も敷いて】
1617-01雲泥も敷いて

ってわけでGe3の伝説のインシュレーター(^^;「雲泥」を櫓台とSPの間に敷いて・・・

でもって、聞いてみると・・・!!(@@;

どひぇ~!・・・あかん!完全にメインを食いよった!(汗

これだけの実体感、広がり、空気感があるんだったら、ちょっと近過ぎるからメインの横に広げて置いてみたら?・・・

フルオケも、プリでBassをちょっぴりブースとしてやると、ほとんど聞き劣りしない!

ええのか?・・・ホンマに、いきなりこんなに鳴って!・・・

いやあ、あきませんって・・・たかだかユニットと材料費で2~3万の自作SPがこんな音出したら!

高い金出して市販SP買うのが、あほらしくなりまっせ・・・(汗

ま、とは言え、ジックリ聞いて見ると、どこかに以前からこのSPの欠点と言うか、σ(^^)私が好きになれないところがあって・・・

何ていうか、紙のコーン紙の音・・・って言うか、自作用のフォステックスのユニットの音と言うか・・・少し鼻詰まりっぽいところがあるんですよね・・・と、無理矢理、難癖を付けるしかない!(^^;

【超結界機器用を底に4枚】
1617-02超結界機器用を底に4枚

で、「超結界機器用」の最新使用法・・・四方囲み+天板置き・・・

つまり、ピラミッド貼りを・・・S-1EXから一旦引っぺがして・・・

【天板に1枚のピラミッド貼り】
1617-03天板に1枚のピラミッド貼り

でもって聞いて見ると・・・

は~っ!・・・ため息しか出無い・・・

難癖付けた紙臭さ何て、一体どこに?・・・

ピラミッド貼り前は、解像度が上がって、細かな音が聞き取れるようになっていたものの・・・

極めつけの高SN感は一層増して、更に音の粒子感の間に音が埋まり始め、滑らかな音に・・・

ギターの弦の艶っぽさ・・・バイオリンの高域の倍音がキューっと上がっていくところなんて、思わず気が逝ってしまいそうなほど・・・危ない危ない!(^^;

いやあ、ヤバイねこれ・・・

SPケーブルは、「芋蔓DQ」なので、勿論「川」越え対応してるはずですが・・・

間違いなく、機器側・・・プレーヤー、プリ、パワーは、Ge3的には「川」越えしてない普通の機材ですから・・・果たして、ここを「川」越えさせたらどうなるのか?・・・

それ以前に、SP自体は、まだ余力を持ってるのか?・・・いろいろ気になって来るわけですが・・・

あれを試すときが来たってことか?・・・

ってわけで、本来Ge3で話題のアイテム「もあれ」を試す時がやって来ました!・・・

いよいよ明日は、そのお話・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1681-8fd2783a