FC2ブログ

【1614】121103 クリーン電源(DUSSUN X1200)到着!・・・(^^; 

さて、昨日のお話で、届いた大きな荷物は電源系で・・・以前クリーン電源で失敗した話の上で、再チャレンジしますと書いてる通り・・・中身はタイトル通り・・・

なんじゃそれ?・・・わざわざお話を分ける必要はあったの?・・・え?いえ・・・全然(^^;

単に、昨日はしんどかったんで・・・m(_ _)m

って、さて置き・・・本題へ・・・ちなみに、このパターン・・・へへへ(^^;

届いたのは、中華なクリーン電源・・・メーカーはDUSSUNってどっかの自動車メーカーの海外ブランドみたいな名前ですが・・・上海のメーカーだそうで・・・それは外観からも・・・

【DUSSUN X1200】
1614-01DUSSUN X1200

見てくれは、そこそこ、それらしいのですが・・・やっぱりどことなく惜しい!感じが拭えない・・・

ただ、作りとしては、かなり本気で、しっかり作っている気はします・・・

筐体は、大半をアルミ射出整形材を使って、それなりに考えたのか?単なるデザインか?・・・

外観では、底板も天板も10mm厚程のアルミ板材で、外装材もバックパネルを除いてアルミと・・・

ま、ここでも惜しいところで鉄板使ってたり・・・

外装のアルミの塗装も、どこか中華を思わせる梨地の目の粗さだったりしますが・・・

内部の構成も、真面目に作っているようで、Φ20cmクラスのトロイダルトランスでアイソレートした低インピーダンスのハイスピードアンプだとか・・・

基本的に、スイッチングタイプではなく、アナログタイプの電源のようです・・・

【後は4口×2系統】
1614-02後は4口×2系統

画像のように、バックパネルに2個口コンセントが4個ありまして・・・

縦の列(4個口)は、左右で別系統のフィルターが設けられているようです・・・

で、コンセントには、ホスピタルグレードを使っているとのことで、差込感は、オヤイデのR-1にも似たかなりしっかりした感触です・・・

ま、そう言いつつ、このコンセント周りは磁性体だらけですが・・・(^^;

【ダウントランスの後に繋ぐ】
1614-03ダウントランスの後に繋ぐ

ってわけで、早速繋いで見ました・・・

200V⇒100Vのダウントランスの2次側プラグの、PowerWedgeへ繋いでたところを、X1200に繋ぎ変え、もう1口は、そのまま自作フィルター付タップ(画像右)を繋いでいます・・・

で、繋いで早々の音は・・・

が~~~ん・・・やっぱり、このパターンか!・・・トホホ(;_;

何とも、団子でもっさりと・・・大借金プリの眠い音に100人力の応援が付いたような眠い音・・・(汗

こりゃやっちまったか!・・・と焦ったんですが・・・聞いてるうちにどんどん抜けてきて・・・

半時間もすると、すっきり力強い音に・・・ま、元のサウンドを超えるほど目覚めていませんが・・・

で、ふと考えた・・・電源系のインシュは、めっちゃ効くんだった・・・

ってわけで、PowerWedgeに敷いてたアルミのスパイクインシュを、3点支持で置いてみると・・・

おおお!・・・眠気を催してた高域のロールオフが、かなり改善された!

って、これは、かなりプラシーボな気はしますが・・・インシュによる変化が、そこそこ敏感に出ることは、確認できました!・・・(^^;

うん?・・・待てよ、ちょっといいかも?・・・うん!やっぱ、SN感もかなり上がってる・・・

無音時の静寂がよく分かり、音が始まってのザワザワしたした感じもよく聞こえるように・・・

これは、ひょっとすると、かなりいいかも?(^^;

ってわけで、ファーストインプレッションは、期待通り・・・

と言うか・・・かなりのお役立ちアイテムになりそう・・・\(^^)/

ちょっぴり安心・・・ま、この後は、追々試して行きたいと思います・・・(^^;

で、何だかよう分からんお話はここまでとして・・・明日は、更に分からん世界へ・・・(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

今回は当たりですね!

おはようございます。
写真で拝見する限り、そこそこヨサゲな
クリーン電源に見えるんですが・・
やっぱり外観は支那テイストなんですね。

それよりも、中身がちゃんとしていれば
OK!

Re: 今回は当たりですね!

吉田兼好さん おはようございます。
外観は、中華な中でも、かなり上質な部類だとは思います・・・言われなければわからない人も多いかも?
でも、よく見ると・・・パーツショップで特売のアルミケース的なテイストが微細なところに見え隠れ・・・って感じです・・・
逆に言うと、ここまで気にしなくてもと言うところまで気配った日本の品質の高さを誉めるべきかもしれません(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1678-437220a1