FC2ブログ

【1607】121014 naskor邸再訪:(終)似心から一芯?・・凄い!・・・(^^; 

さて、naskor邸での新ウエルフロート試聴とGPS-777&CCV-5の持込試聴と、その効果の程をタップリと楽しませていただきましたが・・・いやいや、ほんとお伺いした先で聞かせていただくと、その変化が良くわかりますね!(^^;

ってわけで、SP下に新ウエルフロートを敷いて3時間ほど・・・当初も聞いたヘイリーロレンを聞くと、やはり馴染みは必要で、その変化は大きいということを感じますね!・・・(^^;

で、この効果の上では、SP間、センター部の音響調整は、非常に効果が大きくなるようで・・・Ray邸でのご本家「和心:わしん」の効果にビックリしたのと同じく・・・naskor邸でも、似心(にしん:籐の衝立)(^^;の効果は大きく、あらためてビックリ!(@@;

ただ、思い返すと、似心は、曲によって違和感や調整の必要性を感じるのに対し、ご本家は、どの曲調でも、大きな違和感がなかったところから、その完成度の高さが伺える気がする・・・

実際には、ご本家は、更に一枚ずつ、ブレードの角度を調整することで、また違ったサウンドステージを作れるようで、流石、この辺りもプロが作った拘りの品ってことかなと・・・(^^;

っと、そんなことを考えさせる、似心の効果を感じつつ・・・

ふと、見ると無く部屋を見まわしてたら・・・あっ!部屋の片隅にどこかで見たような丸棒が!

何でも、リア側の壁の鏡の前にタペストリーをかける実験をするために用意されたのが、思うように行かなくて、置いておかれたもののようで・・・

うん?!・・・待てよ・・・ふと、H氏来阪時の拙宅&daisuke邸での実験を思い出した!・・・

これは試してみないと!・・・ってわけで・・・

H氏の受け売りで行くと、これだけでも、かなり変わると思うんですが・・・(^^;

【似心から一芯の誕生?(^^;】
1607-01一芯の誕生?

ってわけで・・・放置してあるのを見つけたΦ1.5cmほどの丸棒1本を、センターに持っていくと・・・

えええ!なにそれ!すごい!(@@;・・・皆さんの驚き様が面白い!(^^;

丸棒をセンターに持っていく段階で、シュッと棒の周りにボーカルが定位して・・・フロントの壁からの距離を変えると濃さが変わる!・・・こんな細い丸棒1本でセンターが出るの!?

これに、台つけて、色を塗ったら、全く分からなくなりますよ!・・・(^^;

いやいや、ここでもH氏の言ってた事が実証された・・・それにしても、よく効くなあ!・・・手に持って移動させるのに応じて、フロントステージがガラガラと変わる!

これは、σ(^^)私的にも大きな収穫!・・・壁からの距離(前後間隔)が少しあると大きく変化する・・・壁から少し離す・・・SPのバッフルより少し後辺りにするとステージがすごく立体的になる!・・・不思議だけど凄い!・・・こりゃうちでもやってみないと!・・・

うちでは今、以前の4本組みを、実験用にバラしてフロントのカーテンレールにぶら下げたら、壁からの距離がほとんど無いからか?あまり効果がなくなってて・・・(^^;

っと、Rayさんが・・・これなら、ウエルフロートが無くてもいいじゃない?(笑・・・

いやいや、それは無理でしょう!・・・ウエルフロートで音の純度が上がっているからこそ、この丸棒の効果が分かり易くなってるわけで・・・(^^;

さて、それじゃあ、SP下のウエルフロートを外して返しに行きましょうか・・・とnaskorさん

ってわけで、ボードを撤去・・・今度は、元のTAOCのボードもなしに、床へ直置きに・・・

で、やっぱ、素の音が聞きたいとリクエスト!(^^;・・・聞きたく無いなと言う感じのnaskorさんが、仕方なく、もう一度、ヘイリーロレンを再生・・・

うん?・・・しっとりした艶っぽさも軽やかな低音の弾力感も無くなったけど、全然聞けないってことは無い・・・おっ!音量上げると意外に聞けるかも?・・・

うん?・・・これは、かなり丸棒が聞いてますね!

なので、丸棒を退けてみると・・・ああ、ヘイリーロレンが舞台袖にドリンクのみに行っちゃった・・・低域もかなりダレて、もっさりした感じに・・・前後感も無くなって平坦に・・・

でもって、再びセンターに丸棒を持って来ると・・・おお、ヘイリーロレンがステージに帰って来た!・・・これなら、もう、その丸棒だけでいいんじゃない?(爆

いやいや、めっちゃ効きますけど、ウエルフロートに乗せた時の音を、一度聞いちゃうと・・・やっぱり戻れませんよ・・・(^^;

とは言え、この丸棒の効果!・・・半端無く効きますね!

まあそれと、TAOCの整振技術がよく出来ているからゆえと言うことで・・・(爆

ボーカルは、ホントこれでも十分ですね・・・低域は、ウエルフロートがないとダレちゃいますけど・・・もう少し太い丸棒にしたら、変わるかもしれませんよ・・・次ぎ来た時、太いのが後に2本増えて、3本になってたりして・・・(大爆笑

でも、H氏のよると、太さで反射する帯域は変わるそうですし・・・丸だと拡散して効果が緩めですけど、角棒だとピンポイントで効果や方向性もハッキリするそうで・・・いやいや、H氏がお箸1本で空間の音の定位をコントロールしてるのも、なるほど、疑う余地は無いなと言う実感した次第で・・・

だけど、ウエルフロートがないと、音がダレて来るから、ずっと聞いていようという気にはならないねってコメントに、皆さん納得の様子・・・

っと、まあ、それも含めて、naskorさんとしては、今後の算段ができて来たようで・・・(^^;

いやあ、ホント、今回の実験試聴は、いろいろ体験させていただいて、めっちゃ得るものが多く、大きかったです!・・・

naskorさん、ホント貴重な機会に同席させていただいてありがとうございましたm(_ _)m

naskorさん、Rayさん、今回、急な押しかけ試聴に快く応じていただいて、たくさんのアドバイスもいただいて、ホントありがとうございましたm(_ _)m

ってわけで、この連荘押しかけ試聴のお話も、これにて終了・・・

明日は・・・毎度の中継ぎネタ?(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1670-de6095bb