FC2ブログ

【1577】120826 elmar65邸訪問(終):別世界サウンドは天上の世界?・・・(^^; 

さて、elmar65邸での、驚くべき貴重な実験試聴のビックリ体験の連続に、ホントお声掛けいただき、参加させていただいてよかったと、感謝の念に堪えませんm(_ _)m

Wここまで貴重な機材で鳴らすEの系統のシステムのサウンドを体験できる機会も、そうそうないでしょうし、ましてや、それをFMアコースティックとHB-1のシステムと同時に聞けるなんて・・・

しかも、その上更に、オールハワイアンコアのHB-1で鳴らす5.0chサラウンド・・・で、これまた、そんな機会は、普通はないやろ!っていう、FMアコースティックのパワーで駆動したHB-1の5.0chサラウンドまで聞けるとは・・・ホント、感謝感謝!のありがたき幸せm(_ _)m

っと、ところが・・・今回、この普通は出来ない、類まれなる環境での比較試聴をする機会があるので、是非、その貴重な機会を一緒に体験しませんかと声掛けいただいたelmar65さん・・・実際に確かめたかったのは、まだその先のサウンドが、果たしてどんな世界なのか?・・・

そう、このオールハワイアンコアのHB-1をFMアコースティックのパワーアンプで駆動した5.0chサラウンドを、フロントのみではあるけれど、純正?環境にしたら・・・要は、フロント2chをFMアコースティックのプリ~パワーで駆動したらどんなサウンドの世界となるか?・・・

既に、パワーを5.0ch全てFMアコースティックで駆動しているのだから、流石に、フロントだけにFMのプリを入れたって、もうそんなに大きな変化は、現れないだろうって結論を期待しつつ・・・素晴らしい別次元サウンドで鳴ることを予感しているようなelmar65さん・・・

いやあ、それは間違いなく、期待を裏切る結果・・・いや、それ以上に、その先の狂おしくも悩ましい結果が待っていますよ・・・でも、その世界を聞くには、あとどれだけの機材が要るのか・・・

ああ、そうか、その先の世界のドアを開け、その世界にホンの少しでも触れてしまうと・・・

っと、今日のこの日に行き着かざるを得なくなったelmar65さんのお話をお聞きして、その苦悩と葛藤を感じつつ・・・更にこの先を追求するとどうなるか・・・それも予想した上でなおの、信じられない程の熱き思いを聞かせていただいて(^^;・・・それならば、尚更、冷静に、より真剣にその世界を、聞かせていただくことに・・・

で、ソニーのAVアンプ(9100ES)にFMのパワーで構成する5.0chに、フロントのみ、FMのプリを通して聞いて見ると・・・

だあ~~~!(^^;・・・ほらね!・・・冒頭の空気感、ベースやサックスの質感、何と言ってもそのボーカルの濃さと実体感、魅惑の艶・・・そういう事ですよ・・・

っと、ボーカルの質感の高さが気になって、センターSPの所へ聞きに行くと・・・鳴ってない・・・

なるほど、ボーカルを左右に振り分けた実質4.0chのソースということか・・・だから、いきなりボーカルがこの濃さと艶っぽさに鳴ったんだ・・・

じゃ、ボーカルがセンターに入ってるソースなら?と、レディーキムのSACDレフトアローンを・・・

【レディー・キムのSACDレフト・アローン】
1577-01レディー・キムのSACDレフト・アローン.jpg

っと、最初の演奏を聞いた感じでは、これもセンター無しかな?っと思ったんですが、ボーカルが出た瞬間、もろセンターから・・・で、衝撃の事実が明白に・・・センターはプリ通ってないんですよね?

っと、皆さんから、そういう事かという諦め?呆れた?笑いが・・・

そうなんです・・・めっちゃ濃く艶やかな伴奏に対して・・・ボーカルが、高解像度で細かな音まで出して来るんですが、カラッとサラッと繊細で緻密な粒子感・・・

っと、elmar65さんが、解決策があると・・・マルチの再生では、プレーヤーは、iLinkでAVアンプに繋ぐので、上に乗ったFM255は、通らない・・・だから、マルチの時だけ、このFM255を通せば・・・そうなれば、後・・・

っとっとっと・・・ここで、elmar65さんの真に熱い思いが語られ・・・みんな咳き込み・・・いやいや、正にその先の世界は命がけと言うことですね・・・(^^;

ってわけで、ちょっと冷静になって、次は同じく女声Jazzボーカルを・・・

【グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG】
1577-02グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG.jpg

と言うことで、グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUGをサラウンドでかけていただいた・・・っと、後方の拍手が途切れるので、リアのボリュームを少し上げてもらうと・・・

いやいや、もう、まんまライブハウスの中で、飲みながらかぶりつき席で楽しんでいる雰囲気・・・タップリ楽しんだ後、お次は・・・

【ホルストの惑星】1148-02
1148-02ホルストの惑星.jpg

ガラッと雰囲気を変えて、オーケストラに行きましょうか・・・と、何も聞こえなくなったさんご推薦のホルストの惑星のSACDをかけていただく・・・

おお!・・・やはり、クラシックの再生は、サラウンドにするとグッと雰囲気が楽しめますね!・・・

でも、HB-1の良さ、FMの魅力をタップリ感じつつ、サウンドの完成度と言う点も明らかに・・・やはり、フルオケを聞くと、センターの粗さや、ポン置きで充分と思えた空間構成が、まだ詰めていく余地があると言うこと・・・その先にどんな世界が待っているかも予想できた・・・

っと、ここで、レコードでホルストの惑星(どこの演奏か確認忘れました(^^;)を、AVアンプの擬似サラウンドで再生・・・いやあ、やっぱり雰囲気でますね!・・・送出し元の質が高いので、擬似サラウンドかけても、劣化を余り気にしなくても、演奏自体を楽しめる!・・・

お次は、naskorさん持参の、スタジオマスターから夜中に電気を消して、等速焼いたCDRで、KANKAWAのオルガニストを・・・

【オルガニスト!】1037-02 画像は通常盤
1037-02オルガニスト!.jpg

過去、何軒も持ち歩いて鳴らし、低域のエモーショナルな鳴り方が、お部屋の特性とピッタリあったようで・・・他では聞けない、一番、ご自宅がご機嫌に鳴るというソース・・・

果たして、naskor邸でのエモーショナルな低音は出現するか?・・・

っと、普通に聞けば、既に、超ビックリ(@@;な濃さと深みのあるサウンドで鳴っているんですが・・・naskor邸でのグワ~っと来るエモーションは来ない・・・残念(^^;

じゃあ、最後に、リュートピアを2chでそのまま鳴らして・・・

【りゅーとぴあ山本真希グレンツィングオルガンの魅力】1434-01
1434-01りゅーとぴあ山本真希グレンツィングオルガンの魅力.jpg

いやいや、流石に、モニターに使われたSPを、再生用の魅惑のサウンドにして鳴らしているって感じで、ソースの中に入った情報をしっかり、音楽として鳴らしている!!

elmar65さんのプチ情報で、例の低音は、奏者の即興で、2つの音を交互に鳴らしているとのこと・・・

で、これは、ちょっと遊びですとことわって、擬似5.0ch(教会モード)で再生すると・・・

おおお!凄い雰囲気が・・・教会の深い響きが出て物凄く心地よい・・・でも、これって、りゅーとぴあの鮮度の高い録音のお陰なんでしょうね・・・普通のソースなら、残響に直接音が飲み込まれてしまうでしょうね・・・そうそう、例の低音、2つの音階が交互に鳴っててビートのようなうねりが出ているのが分かりました・・・(^^;

ってわけで、あまりに濃い内容過ぎて、最も盛り上った終盤のお話を、駆け足でおさらいせざるを得なかったんですが・・・その可能性まで考えると、ホント凄い世界が・・・

ホントに貴重な機会にご一緒させていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

この魅惑のサウンドを体験でき、この魅力を改めて感じたり、この世界が、σ(^^)私的には、自分自身に別世界と思わせることが出来ました・・・リーマンですから(^^;

この機会を与えていただいた、elmar65さん、お声掛けをいただいた大佐・・・ホントに大変ありがとうございましたm(_ _)m

また、追い込みの経過も聞かせてくださいね?・・・よろしくお願いしますm(_ _)m

ってわけで、ビックリ連続のelmar65邸のお話は、これでお終い・・・

明日からは、また底辺の悪あがきのお話を・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1640-bca48c63