FC2ブログ

【1560】120812 H氏迎撃オフ(39)daisuke邸(5):丸棒1本でステージが!!・・・(^^; 

さて、daisuke邸のH氏ルームチューニング講座もいよいよ終盤・・・丸棒調音材の全撤去して、部屋の音響を確認し・・・大型の丸棒調音材(アンク)をリスポジ後方の壁の前に・・・シルバンを、SPの真後ろに設置してみて・・・その効果の大きさが次第に明確に・・・

で、moukutsuさんの合流もあって、もう少し、いろいろな曲を聞いてみましょうと言うことに・・・

じゃあ、もう一度、課題曲3曲をかけてみますとdaisukeさんが・・・ジャネットリンドストームの1曲目から再生・・・

おお!調整前の記憶と比べると、ピアノの低域の深みが増して・・・ボーカル、ピアノの配置が明瞭になって、それぞれの音抜けがよくなり、広がり、奥行き共に自然に広がった気がする・・・

っと、H氏が・・・いいところまで来たんですが・・・何か2~3cm角の棒、丸棒でも、何か棒はありませんか?と・・・まだ少し響きすぎてて、センターがもう少し薄いので、ハッキリさせたいから・・・

っと、daisukeさんが、調音材のスカイラインを天井に付ける際、試聴しながら位置決めをするために、床からのつっかえ棒を使ってたので、それならあると・・・

ってわけで、左右のシルバンをもう少し広げて、センターにつっかえ棒を立てて実験を・・・

【センターにつっかえ棒を】
1560-01センターに丸棒を.jpg

で、再びジャネットリンドストームを再生・・・

おお!・・・ボーカルがグッと実体感を増した!・・・ピアノとの距離も良くわかる・・・

っと、H氏が・・・最初は、センターが薄くて、ピアノより後で聞こえてきたので、センターに棒を立ててみたと・・・で、daisukeさんに聞いてもらうと・・・

つっかえ棒を立てた方が、実在感が出た・・・ちょっとボーカルがハッキリしたと・・・

で、実際は、20mm×30mmくらいの角棒を・・・窓の下の壁に・・・目立つのが嫌なら、壁と同じ色に塗装して・・・両面テープで壁に貼って試してみれば良いとのこと・・・

今は、少しシルバンで広げてるので、濃さが足りなければ、角棒をもう1本とか2本とか追加してみれば良いのだそうで・・・ボーカルのセンターを出したら、今度は、オーケストラを聞いて・・・で、ステージの配置の薄い所に、棒を追加していく・・・すると、棒を貼ったところが目立ってくる・・・で、また聞いてみて、薄いと思う所に棒を貼り付ける・・・っと、これを繰り返して調整していくと、段々、オーケストラの各楽器が、綺麗に並んでいく・・・daisukeさんは、広がりがお好きなようなので、広げた所からスタートして・・・広がった分、薄くなるので、それを、棒を足して直していく・・・

このSPの音が、部屋を回りだすと、部屋のどこで聞いても同じ音がする・・・と言うか、響きや間接音が、部屋を回ると、どこで聞いても同じになると言うことで・・・違うのは直接音・・・コンサートホールでは、ウィーンの楽友教会ホール(ムジークフェライン)がそうで・・・1階で聞いても、2階で聞いてもどこで聞いても、その響きや間接音は、どこで聞いても同じで、直接音が、聞く位置に応じて変わってくる・・・日本のホールだと、大抵は、座る位置で全然音が違ってしまうとのこと・・・

って言うことで、SPの位置を上手く取ると、部屋中を音が回るようになって、リスポジに座って聞いても、ソファーに寝転んで聞いても横の席で聞いても、同じ響きになる・・・

っと、daisukeさんが・・・その音が回るポイントを探すのは、物凄く大変ですねと・・・

確かに、大変なようだけど、普通は、リスポジが決まっているので、そこでの聞こえ方を中心に調整していくしかなくて・・・根気良く調整していくしかない・・・と、H氏・・・

じゃあ、後は、左右が少しアンバランスなんで、何曲か聞いて確認しましょうと・・・さっきのギター、再びCafe Paradisoの8曲目を試聴・・・この曲の後半がチェックしやすいとのこと・・・

っと・・・既に、あまり悪くなくて(^^;・・・意外に纏まっているとのこと・・・

で、もう1曲、ジャニーヌヤンセンの四季の10曲目、冬を試聴・・・

すると・・・第一バイオリンが少し右に寄っているとのこと・・・これは、やはり、右壁の反射に引っ張られているから・・・この場合、布を貼ったりして、右を殺す方法もあるが、音が死んでしまうので・・・逆に、左の音を強くする方が良くて・・・音のエネルギーは出来るだけ殺さないで、そのままにしておきたい・・・だから・・・と、左のシルバンをSPの後から、少し左のコーナーの方向へ離すと・・・

で、再び四季の10曲目を試聴すると・・・

随分良くなった・・・第一バイオリンが右に寄って、第二バイオリンに重なってたのが、左へズレて、それぞれはっきり聞こえるようになった・・・

まあ、こうやって、地道に調整していくしかないんですと、H氏・・・

続いて、サバール指揮のモーツアルトのレクイエムを試聴・・・

おお・・・教会の天井高がしっかり高いんだと分かるように、響きが上の方へ抜けて、ふわ~っと柔らかく降り注ぐ感じに・・・

いやあ、みるみる音が変わって来ましたね、凄くよく分かります・・・と、daisukeさん

じゃあ、ちょっと、daisukeさんが、いつも聞き慣れている曲を聞いてみてくださいと・・・

ってわけで、まずは・・・ああ、残念、今日はここで時間切れ・・・

この続き・・・最後、daisukeさんの確認試聴は明日・・・

ってわけで・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1622-a49ced01