FC2ブログ

【015】怒涛のGe3チューン -第2章- アクセサリー(再構築)編 

相変わらず、Ge3アイテムの話ばかりですが、昨年来システム変更の大半がGe3チューンであったため、まだしばらくは、その過程を追っておきたいと思います。(突然、機器の追加や変更もあったりしますので・・・・・)

ということで、前回、一旦撤去したGe3アイテムを、概ね再構築の作業順におぼえがき。
相変わらず、汚い携帯画像でごめんなさい。

桐ラック(1段目)

まずは、桐ラック1段目。
オーディオボード「大地もどき」をセッティング。
ボード中央に「ストーンヒーラー」を2枚セット。(ストヒバーガー下)
インシュレータ「」を「ストーンヒーラーー」をまたいでセット。ストーンヒーラーの毛が押しつぶされない方が良いとのことなので、高さを稼ぐためレクストに、「」の下に「RS-SQUARE」をはさんでいます。
画像上のラックの上の方に、「要石」をお団子のように積んだ「ストーンヒーラー」がありますが、仮想アース機能の専用ブースターになるとともに、「ストヒバーガー」のアースの集約点にもなっています。
お団子状「要石」の下段3個の内2個が、1本の「脈々」につながり、アンプに接続されます。
下段の残り1個が、もう1本の「脈々」につながり、ユニバーサルプレーヤーに接続されます。
上段の「要石」1個が、この「要石」が乗っている「ストーンヒーラー」につながっており、「ストヒバーガー」の集約点となります。

桐ラック(アンプ)

」の上にアンプ(SR-9600)を設置し、空いているコアキシャル入力端子(画像右上の黒いケーブル)に「要石」を2個ぶら下げた「脈々」を接続してあります。

先の画像の大地もどきも、上記のアンプも、四隅に鹿(花札の鹿)が貼ってありますが、これこそオカルト系の真髄、まあ、おまじないみたいなもんですが、電磁波に効果があるらしい???

 桐ラック(2段目)

いよいよ、桐ラック2段目。
1段目同様に、オーディオボード「大地もどき」をセッティング。
同じくインシュレータ「」をセットしていますが、アンプとプレーヤーをまとめて「ストヒバーガー」していますので、この段には、かさ上げもなく、「ストーンヒーラー」も置きません。

 桐ラック(プレーヤー)

続いて、「」の上にプレーヤーをセット。
ストヒバーガー」を構成するために、「ストーンヒーラー」をプレーヤー天板に裏返しにし、スペーサー(インシュレータ流用)で3点支持にします。
更に「ストヒバーガー」を完成させるため、1段目のストヒからのケーブルを各ストヒに接続。(ラックの後から2本、各ストヒに繋がっている白いケーブル)

桐ラック(全体再構築) 

桐ラックの天板を戻し、テレビを設置して完了です。


てなわけで(どんなわけや?)、次回はSP設置の再構築を説明予定。
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/16-dc31f15a