FC2ブログ

【141】081206 クラシックコンサート体験記(恐怖のサスペンス②) 

昨日は、十数年ぶりのクラシックコンサート体験の序章をお話しましたが、皆さん気になるのは、やはり謎の男ですよねぇ!
さて、謎の男の目的は、一体何なのか?・・・・・σ(^^)の運命やいかに!!

2曲目が終わって、15分の休憩に入ったんですが・・・
  :
  :
 う~くっせ~! 彼はまだ爆睡中・・・

 あかん、トイレに行くため会場を出て深呼吸!!
 はぁ~苦しかった!!

 小用を足して、時間一杯新鮮な空気を吸って、席に戻る・・・・

 彼はまだ爆睡中。

 スーツの襟章の所に変なブローチみたいなものが付いている・・・・

 金属製のφ2cmくらいで厚みが1センチ位の表面に直径3mm程度の
 ルビーみたいな赤紫の粒がいっぱい埋め込まれている・・・・
 やっぱ危ねぇし!! そっとしとこ!

 だって、○○マフィアの若手が、パーティかなんかで出来上がって、
 コンサートにフラッと・・・・
 文句を言おうと声をかけたら、言葉が通じず、急に相手は逆上して、
 ポケットからナイフを・・・・
 あかんあかん! やめとこ!

 それとも○○国の工作員か?
 鞄には武器が入っていて、テロ活動の指示を受けてやって来た・・・・
 合図があるまでは、目立たぬように寝たフリ・・・・
 声をかけたら、見つかったと勘違いして、強硬手段に・・・・
 あかんあかん! やっぱりやめとこ!!

 うっ、それにしても、くっせ~な~!
  :
  :
3曲目がはじまった。
  :
  :
 でも、ニオイが気になって集中できん!!

 気持ち悪さと相まって、段々腹が立ってきた・・・

 σ(^^)にとっては、隣で大声で騒がれているのと同じだな!

 んー!いらいらするな~!・・・・でも危ないから我慢しろ!
  :
  :
で、ふと不思議な聞こえ方に驚きました。

【座った位置からのステージ】
141-1座った位置からのステージ.jpg

σ(^^)には、前列の弦楽器は、胴の面が見える位置の音、横側が見える音、裏側が見える音はそれぞれ少し違う印象(印象ですよ)に思えるんです。
画像の位置で聞くと、楽器の横と裏の音の印象が強く聞こえる気がしたんです。(^^;

変かな~?

あと、管楽器、木管、金管などは、譜面台の裏から聞いているような印象を受けるんです。
加えて、楽器の音が床に伝わったり、反射した音が耳の高さより上に向かって広がって行く感じがしました。
ちょうど、画像のイメージの譜面台と床の間の音の印象が強いようなイメージなんです。
まあ、見たまんまのイメージの音に思えたんです。
(σ(^^;の印象は、相当見た目に引きずられるプラシーボ野郎なんで(^^;・・・)

過去の体験の印象では、ステージと同じ高さ~少し高いところで、椅子に座て、そこから見えるステージのイメージのような印象に聞こえていた(これも見たまま(^^;)ように思ったので、この位置で聞くオーケストラは、「下(裏)から見た音」のように感じました。

なんか、ホログラムのような3次元のステージの音を下から透視して聞いているような錯覚?を感じました。

何とも、不思議な体験で驚きました。 ←やっぱり、変な感覚なんかな~?

で、さすがにメインの楽曲演奏と言うことで、演奏ももちろんそろって、非常にいい感じになってきました。
  :
  :
 ・・・と、動きがありました!

 隣が動き出しました。・・・うっ、目が血走っている・・・こわい~!

 腕時計を何度も見ています!

 なんだろ?どうしたんだろ?・・・爆弾の時間か?襲撃の合図を待っているのか?

 両手を顔の前に持ってきた!

 ん? 拍手でもするのか? 彼が力を入れようとしたその時・・
  :
  :
曲の間奏部分が来て、また演奏が再開。
  :
  :
 と同時に、彼は、手を叩こうとするような素振りを急に止め、全身の力を抜いた・・・

 そして数十秒後、彼はまた船を漕ぎ出した・・・

 ひょっとして、お前はそのために来ているのか?

 ついに、演奏が最終にさしかかったその時、彼は再び、おもむろに体を起こし・・・

 両手を顔の前に構え、力を込める時を待った。
  :
  :
オーケストラが演奏の最後の音を出した直後、最後のホールの余韻を確認するごとく、指揮者が動きを止めるよりほんの少し早く
  :
  :
 我慢できなくなった彼は、渾身の力で拍手を始めた。
  :
  :
そして、一瞬の間を置いて、会場全体から拍手が沸き起こり、拍手の渦に包まれた。
  :
  :
 彼は、相変わらず渾身の力で拍手を続けているが、どうもその手の動きは大振りで
 ぎこちなく、他の会場の拍手のテンポとは、随分遅いようだ。

 時折、それに気付いたかのように、慌ててピッチを早くするが、思いとは裏腹に
 直ぐにまた遅れだす・・・
  :
  :
指揮者が一旦退場し、再度登場すると・・・・
  :
  :
 彼は再び、気力を奮い起こし、渾身の力で拍手を始める・・・
  :
  :
アンコールで、再度1曲演奏があり、その曲の終盤にも・・・・・
  :
  :
 彼は同様の待機状態を取り、再び演奏の終わる瞬間のほんの少し前から、渾身の力で拍手をした。
 その顔は、満面の笑み(なんかメッチャキショい顔しとるで~)で、いたくご満悦な様子であった。
  :
  :
会場の拍手が鳴り止むと・・・・
  :
  :
 彼はぐったりと席にうな垂れ、脱力感一杯に席に崩れていた。

 ・・・・でも、やっぱり目の焦点が合ってない感じがする・・・・

 すると、彼は、おもむろに鞄を引っ掻き回し、何やら取り出した。

 今日のアンケート用紙である。

 彼は、おぼつかない手で、文字を書き出した・・・・

 全てカタカナである・・・やはり日本人ではないな・・・・

 注意しようかとも思ったが、やはり止めておこう・・・
 まだ完全に危険でないと分かったわけではない。
  :
  :
σ(^^)は、友人たちと共に会場を出た。


いや~!途中から何か、変な展開になりましたね!
でも、メッチャオモロイ体験でした!!

まあ、こんなハラハラドキドキ体験が毎回あったらたまりませんが・・・(^^;
それはそうと、不思議な鳴り方のする空間を体験させてもらったので、今度は是非、普通席の音を聞いて見たいです・・・・

ヒジヤン、また誘ってくださいね~!

で、この後、ヒジヤンに、スンゲー危ない奴がいた!って話と、とっても不思議な音だったと感想を話しながら、とりあえず、3人で食事して帰ろうということになり、コンサート会場を後にしました。

駅ビルまで戻り、適当なお店にたどり着くまでは、もちろん、注文を決めるとき意外は、もう3人ともあれやこれやとオーディオ話で超盛り上がり!!

ご機嫌な話の盛り上がりに、ビールもどんどん進み、益々絶好調!!
・・・・明日のブログのお話が、まだ全部書けてないぞ~!

結局、ラストオーダーもなんのその、もう閉店ですと言われるまで楽しさ全開でした。\(^^)/

いや~!趣味の仲間って、ホンとにいいですね!!

ヒジヤン、nissyさん楽しい時間をありがとうございました。

また遊んでくださいね~・・・・・えっ?明日も一緒!ガハハ

と言うことで、今日はここまで。


デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/159-3d1197cb