FC2ブログ

【1510】120728 オルフェのサンバ邸(1)前回からの成果?・・・(^^; 

さて、daisuke邸からオルフェのサンバ邸への移動も程なく、まずはリビング・ダイニングでお話を・・・このオフ会の少し前にモモンガさんと合流されたコンサートの時の話や、HYさんとのプチオフ会のお話などなど・・・

で、前回の教授とモモンガさんの訪問からは、レイアウトをSP間配置から、右サイドへ移動し、SP下に教授のアルミスパイク受けを敷き・・・

家具移動のらくらくヘルパーを使って、御影石の裏に、フェルトを貼って・・・

【らくらくヘルパー】
1510-01らくらくヘルパー.jpg

そうそう、σ(^^)私もこのらくらくヘルパーで最初は、SPの下のインシュやボードを変えていたんですが・・・あまりの頻度に、自作のハンドジャッキを作って・・・で、結局面倒になって、今は2×4の角材とアルミ角パイプというシンプルな方法に・・・って、話はそこそこに・・・(^^;

ま、最初は前回かけたソースに近いものをかけて・・・ここ最近の成果の確認と言うことで・・・

ってわけで、一同、2階のオーディオルームへ移動・・・

うわ~!随分変わりましたね!・・・こりゃ、モモンガさん、ライバルですよ!と囃し立て・・・(^^;

【オルフェのサンバ邸再訪】
1510-02オルフェのサンバ邸再訪(教授クリニック).jpg

で、それ以上に、新たな逸品の鑑賞で大盛り上がり\(^^)/  いやあ凄い!世界限定500体(^^;

っと、オルフェのサンバさんが、先日から、少し変わりましたのでと断られて・・・

サンバのノリノリの曲を再生・・・

ホーンセクションの鮮烈さに、負けないパーカッション・・・ベースとドラムもボン着く1歩手前で踏ん張ってる?・・・

っと、教授から・・・全然違うじゃないですか!・・・と好感触のコメントが・・・

確かに、σ(^^)私は、画像を撮影した位置での試聴のため、若干定在波の影響を受けるものの、リスポジ近くへ行くと、中高域の鮮度と解像度に合った低域に・・・

いやあ、変わりましたね!ここまで変わってるとは思いませんでした!と、教授からのコメント・・・

続いては、パーカッションの曲・・・キックドラムのドスッ!って締まりも、スネアの連打、シンバル、金属のパーカッション解像度も高く、混濁することなしに・・・スカッと気持ちよく決まって、快感レベルも高い!・・・っと、ベースが始まる所で中断・・・(^^;

と、ここまでよく矯正されましたね!と、教授からも、驚きのコメントが・・・

前回、ウーファーが動いて無いとの指摘から、かなり鳴らし込みをされ、アルミのスパイク受け、御影裏のフェルト・・・っと、フェルトは最初から貼れって言われてましたが・・・(爆

こう言うソースなら、何とか鳴らせるようになりましたと・・・おおお!(^^;

先日伺った時より、更に低域の制動が効いて、良くなりましたね!

いやあ、あれから・・・っと、オルフェのサンバさんが説明しようとした時・・・

中低域にバランスが寄ったソフトだったので・・・今度は、普通のソフトを聞かせてくださいと、教授がリクエスト・・・(爆

少し中低域が多目だと思いますが・・・もし、今のバランスがお好みなら、今のままでいいと思いますとのこと・・・後、もう少しSNを上げて、情報量を増やすともっと気持ちよくなると思いますと・・・

で、かけられたのはエレキギターの伴奏で女声ボーカル、曲はフィーリング・・・誰かな?・・・

こう言う、少し暗い目の曲を多く聞かれるなら、今のバランスですが、明るい曲を聞には、少し暗すぎるかと思いますと・・・これはバイワイヤーで使の片方のSPケーブルの音が支配的とのこと・・・色んな傾向の曲、バランスのソースを鳴らすには、少し暗めだということらしい・・・

このしっとり暗い目で、ちょっぴり低域を膨らませた感じがそうなのかな?・・・σ(^^)私には?(^^;

低域と高域のケーブルが違うからか、少々、音域によって、定位がブレるとのこと・・・

じゃあ、ちょっと明るめの曲と言うことで・・・Epoを・・・サイン入りのCDで(^^;

タケチャンマンのテーマ?を・・・恋のパラダイス?

う~ん、言われてみれば、浮き浮きって感じには、弾まない・・・リズムが後乗り?・・・

で、このインシュで、随分キレが良くなったんだけど・・・と、トラポの純正の足の下に2枚重ねで敷かれたクリプトンのチタンインシュを説明・・・

っと、教授から・・・これが惜しいなあ・・・純正の足の下では、効果が・・・これだけで、変わりますよと・・・

う~ん、こんな高額商品の純正の足が、良くないと言うのはおかしいですねと、オルフェのサンバさんが・・・確かに、そうですね・・・

材質もお音楽的に良いという評判を見ないし、以前は3点支持だったのに、この製品は4点支持と言う点でも・・・メーカーは、何故こんな足にしてるのか?と・・・

前回も話した通り、メーカーのリファレンスには、ボードを買って、足買って、ケーブル買って・・・と、あれこれ買い足すのを前提にしている・・・何かおかしいですねと・・・

確かに、でも、このクラスで拘りのある方なら、どんな音を求めるかと、その音を実現する手法にもよるので・・・難しいところでしょうね(^^;

じゃあちょっと、今度は持参CDを・・・ライバルのCD行きましょう!と・・・(^^;

っと、ここで、今日は時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1571-719a659f