FC2ブログ

【137】081130 H氏邸再訪(げげげに拒否反応) 

以前、お宅訪問記(以下Vol.093)でご紹介しましたH氏のお宅へ、出水電器さんの西蒲田試聴室で出会い、PWC(ファイルウェブコミュニティ)で仲良くなったヒジヤン(以下Vol.108~111)と一緒に行って来ました。

【093】080928 H氏邸訪問(驚愕の高S/Nオーディオルームに感激)

【108】081109 ヒジヤン邸訪問記(音響パネルの達人)-1-
【109】081109 ヒジヤン邸訪問記(音響パネルの達人)-2-
【110】081109 ヒジヤン邸訪問記(音響パネルの達人)-ゲゲゲ編①-
【111】081109 ヒジヤン邸訪問記(音響パネルの達人)-ゲゲゲ編②-

今回、再度H氏邸にお伺いすることになったのは、前回、求める音の方向性を見失い、迷子になったσ(^^)に、H氏が、一度来て見ませんかと暖かい手を差し伸べてくださったのですが、スケジュールの変更とσ(^^)の予定の都合で、少し訪問時間か短くなってしまい、充分な試聴体験が出来なかったのでは・・・というのが取っ掛かりだったのです。

で、その間に知り合ったヒジヤンが音響パネルを駆使してルームチューニングをしているので、何か得るものがあるのではないかと考え・・・・加えて、同じお宅の音を聞かせていただいて、話をすれば、σ(^^)の音に対する感じ方の乖離を補正できるのではないかと考えて、お付き合いいただというのが本音ですね。

ところが、中々予定が合わず、最終的に、H氏が、これも以前ご紹介したK氏(以下Vol.117~121)を招かれる日に、同席させていただけることになったのです。

【117】081116 K氏邸訪問記 -1- (興奮!恐縮です
【118】081116 K氏邸訪問記 -2- (濃密な巨大音玉に包まれた!)
【119】081116 K氏邸訪問記 -3- (オフ会で思うこと)
【120】081116 K氏邸訪問記 -4- (アクセ試聴)
【121】081116 K氏邸訪問記 -最終章- (げげげ妄想ストーリー)

と言うことで、ご存知の方は、お分かりの通り、少々お調子もんのハチャメチャコンビが、相互訪問をされ、音の定点観測をされる場に乱入したという所でしょうか(^^;

σ(^^)はヒジヤンと途中乗車車両を決めて合流し、目的駅に到着し、駅前のマクド(マック?←Macやないねんから!)でコーシーとちょっと腹の足しを補充し、待ち合わせ場所で待つこと数分、K氏と合流しました。
ヒジヤンを紹介して、今度ヨロシクとお願いして待つこと数分で、H氏が車で到着しました。

残念ながら、今回、もう一方参加予定だったIK氏は、急用で参加できなくなったとのことで、3名が同乗し、途中マルチのアダプター用に電池を調達して、H氏邸へ向かいました。

H氏邸へ入って、K氏とH氏の会話が弾む中、σ(^^)は、早速、前回忘れた画像をパチパチ撮らせていただいきました。(^^;

と言うのも、前回、デジカメを持っていっていたにもかかわらず、時間がない事で焦ってしまい、画像を取ることをすっかり忘れていたので、今回は、最初に撮らせて頂きました。(^^;

【SPのとクリーン電源のセッティング】 【パワーアンプのセッティング】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081208234955.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">137-1SPもクリーン電源設置も対策が.jpg  http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081208235031.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">137-2パワーアンプも対策.jpg

【PWアンプからのケーブル】         【クリーン電源の電源ケーブル】
137-3 AET SINが色濃く.jpg  137-4クリーン電源にもAET.jpg

【このDS2000はドナー】      【新旧入り乱れの機器群(マルチ対応)】
137-5 左はドナー右はリア.jpg  http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081208235228.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">137-6 新旧入り乱れ.jpg

【ビジュアルにも対応】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081208235251.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=620,height=820'))">137-7 ビジュアルも対応.jpg 

ヒジヤンの紹介も済んで、機器の確認なども終わり、早速試聴を開始しました。

先日、K氏邸でかけられたソースを中心に、H氏のプレゼンソフトを何枚か聞かせて頂きました。

σ(^^)が、前回、ここでの再生で一番その高S/N感を感じたエバ・キャシディのライブ盤!

あれほど凄いと感じた印象から、更に一段とS/N感が向上しています!!

同時に分解能が上がった感じで、一層克明に空間を再現しているような印象を強く受けました!!

更に、ノイズレベルが下がったためか、中高音がすっきりと聞こえ、抜けもよくなったように感じました。

H氏にお聞きすると、先日K氏邸に行って、その変化に刺激を受けられ、K氏をお招きするなら、やはりちょっとは進化させないとと、奮起され、ご多忙な中、対策の追加などの調整をされたそうです。

嬉しいことに、前回のげげげ実験で(おそらく「天音」の効果で、ノイズ感がさらに下がったからと推測するんですが)、まだ追加対策をしても対策し過ぎではないと判断されたそうで、更に振動(ノイズ?)対策を徹底されたとのことでした。

実際の対策は、ケーブルインシュレーターの洗濯バサミのケーブル保持部、全てにfoQをかますなどの対策を追加されたそうです。

【H20.12.09 08:50追記】
一つお話を忘れてました。ファイルウェブ・コミュニティで紹介されて、一気に話題となった通称「黒いCD」(AUDIO SPACEのテストCDだそうな(他にもシリーズがあるらしい))に、上記のエバ・キャシディの同じ音源らしいものが入っており、聞き比べさせていただいた。
これが、同じ音源か?(本当に自信ないです)と思うくらい違った。
σ(^^)的には、黒いCDの圧勝でした。艶っぽく響きも多く綺麗に聞こえ、普通のCDより若干中低域が厚いバランス(こちらの方が好バランス)で、非常に良かった。同席の皆さんも黒いCDの方がいいとおっしゃってました。


そして、今回、何より度肝を抜かれたのが、天道よしみでした!!  ←何でや?(^^;

どういう経緯でこのCDをお持ちで、この曲をデモされているのかはわかりませんが、前日、ディナウディオのショールームの試聴会でご一緒させていただいたM氏に、明日はH氏のところへ行くと話したら、必ず天道よしみを聞かせてもらって来るべきだと、強く勧められました。

国産システムで聞く、日本の音楽!!

恐ろしく澄んだ空間に浮かび上がり、切なくむせび泣くように訴えかけてくるギターの音色と、妖艶な迫力で切々と迫ってくるボーカルの熱唱!!
演歌と言う音楽のジャンルの認識を全く変えてしまうような、敢えてボーカルといいたくなるような素晴らしい詩でした。


さて、今回、σ(^^)の訪問目的の1つは、上記の再訪問によるσ(^^;の耳のおさらい(補正?)だったんですが、もう一つは、やはり、「げげげ」アイテムの効果に対して、皆さんがどう反応されるかを、改めて確認させていただくことでした。

前回は、H氏邸にお邪魔して、いきなり実験させていただいたんですが、振動の仕方が変るから音が変るんだねと物理的効果を確認いただけたようですが、他にいくらでも同様の効果が得られるとの認識をされているようで、σ(^^)が感じる変化とは、少し違うような気がしたんです。

で、今回、雲泥級の変化アイテムを2種類持ちこみ、果たしてその反応に変化がないかどうかと、同時に多少変化はあるものの、特に関心をお持ちでなさそうな、K氏が、このお部屋でどのような印象を持たれるか、ヒジヤンがこの微細な調整が行われた部屋でのげげげアイテムをどのように受け取るかを確認させて欲しかったんです。

と言うことで、早速、実験をさせてもらう宣言をし、まずは、マイブームの「アマネイシ」からお願いしました。

ラック裏での接続のため、少々手間がかかりましたが、試聴した感じでは、σ(^^;には確実に効果があったように感じました。S/Nがアップし、全体の広がり感が増したように感じました。

ただ、期待したほどの変化は無く、クリーン電源による効果にマスクされているのかもしれませんね。

他の方も、効果は感じられているようでしたが、特段なコメントがいただける状況ではなかったようです。

H氏は、何か思うところがありそうな様子でしたが、別にこれといったコメントはありませんでした。

それじゃあという事で、MAX飛び道具である「超結界」ダブルと、「天音」の実験を行ってみました。
【超結界ダブルの実験】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081208235322.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">137-8 超結界ダブル.jpg 

どうやら違和感があるようで、反応は最悪。

ヒジヤンにいたっては、これは嫌いだ、音場がおかしくなってしまうと、完全な拒否反応をもらいました。

多くを語られませんでしたが、H氏も似たような反応だったように感じました。

K氏は、あまり顕著な変化は感じないとのことでした。

で、実は当のσ(^^;は、何か異様な違和感を感じました。
何となく、作為的に歪んだ空間のような印象です。

【SPケーブルに天音】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081208235359.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">137-9 SPケーブルに天音.jpg 

天音は、一応の効果をみせ、広がり感のアップと中高音の見晴らしが更に良くなったように感じました。

皆さんにも、その効果は届いたようですが、やはり効果の度合いはわずかだったようです。

という事で、今回は、ついに感激できる効果が現れることはありませんでした。

H氏邸の音が、元からかなりげげげの方向に近かったのではないか?との推測を持ちましたが、何か別の要因があったのか?どうかについては、残念ながら、σ(^^;には分かりません。

ただ、一つ、ひょっとしたら?と思うことがありました。

そのポイントは、ヒジヤンとH氏の超結界ダブルに対しての反応です。

音響パネルで、音場を自分のイメージに調整される方にとっては、空間の響きなどの情報をより多く出そうとするような効果は、既にチューニングされた部屋の影響によって、逆に歪んだ空間を創出してしまうのではないかということです。

と言うことで、今回は、げげげ効果への皆さんの反応は残念な結果でしたが、σ(^^;にとっては新たな確認課題が見つかった、大変有意義な一日となりました。

是非、この課題については、推測の信憑性を追いかけて見たくなりました。

近く、機会がありそうなので、新たな結果が得られたら、報告したいと思います。

今回は、今までと全く違う展開で、変則的な結末でしたが、新たな課題が発見でき、お招きいただいたH氏、同席いただき、楽しい時間を過ごさせていただいた、K氏とヒジヤンに、お礼申し上げます。

是非、また遊んでやってください。

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/155-5938a04b