FC2ブログ

【1479】120715 リベラメンテ持参オフ(naskor邸)終・・・(^^; 

スミマセンm(_ _)m・・・ちょっと寝坊しました(^^;

さて、楽しくおさらいしてきたnaskor邸でのリベラメンテ持込オフ会のお話も、いよいよ最終回・・・最後は、アナログでの印象からです・・・

っと、その前に、お茶タイムの話題は、SIDE by SIDEの1~3の好みについて・・・皆さん、結局最後には、最初に聞いた盤を良く聞かれるようになるとのことで・・・なかなか面白いお話ですね(^^;

で、アナログはやっぱいいよねって話から・・・SIDE by SIDEの3のベーゼンドルファーのサイドを再生されて・・・

しばし、何とも魅力的なピアノの艶、響きにうっとり・・・

アナログから遠ざかっていたnaskorさんに、Rayさんが火をつけ、再び復活された話から・・・

Rayさん仕様と同じフォノイコのお話・・・管球は、RCAに交換してあって・・・その違いの大きさが話題になって・・・

う~ん、いいなと思いつつも、アナログには、手を出さないでおこうと自分に言い聞かせ・・・(^^;

っとここでいよいよ、フォノイコとプリの間のインコネを、リベラメンテに変えて・・・と、やっぱりここで、左右の判別が分からなくなって・・・左右の目印付けないとって(爆笑

これは、さっきのデジタルでの傾向からすると、ちょっと眠くなるんじゃない?・・・いやあ、眠くはならんやろ!・・・ピアノはこっちのほうが良くなるんじゃない?・・・

などと憶測が飛び交う中、SIDE by SIDEの3、ベーゼンドルファーのサイドを再生・・・

う~ん・・・ピアノは、元の方がいいかなあ?・・・前の方が良いなあ・・・ちょっとピアノの響きが多く聞こえ過ぎ?・・・ベースが緩いな・・・

まあ、元のケーブル(XLO)も、独自の構造(細めのフラットケーブルを編んだような構造)のもので、中古で安く手に入れられたそうですが、元は、10万以上するケーブルなのだそうで・・・

低域が少し膨らむね・・・でも、なぜこうなるのかな?・・・さっきのデジタルの時の効果の雰囲気と随分違うよね・・・さっきは、高域が変化したのに、これは、低域の変化が大きいね・・・装置によるところが大きいのかも知れないけど・・・でも、装置の方は、それだけ違いが出るんだから、敏感でいいんじゃ無いですか?・・・

案外、ケーブルの方向性を変えると良いのかもしれませんね(^^;・・・人によって、聞き所も、捉え方も違うから・・・それに、装置の傾向によって、変化の方向も全然変わってくるから・・・ここでの音はこうでも、他へ持っていくと、また、全然違った音になるだろうしね・・・

じゃあ、最後に、SIDE by SIDEの3の反対側、スタンウェイのサイドを聞いて、Ray邸でどう鳴るか、聞きに行きましょうか?・・・と再生・・・

やっぱり低域の締りが随分違うね・・・アナログの方が、違いが良くわかる・・・バランスはこっちの方がいいなあ・・・

とまあ、比較と言うほどキッチリ聞き比べていないので、他の環境や曲でどうなるかも聞いて見ないと分かりませんが、なぜか、ここでは、サウンドの傾向が違ったような・・・

この後、レコードと針圧の話・・・レコードは復元するから、本来どちらも減らない・・・針に付着したもののせいで、傷ついたり、削れたりするのだと・・・それから、オーディオルーム建築の話などなど・・・音量の話、音の聞き方・・・音量で脳が覚醒するとかなどなど・・・

四方山話は尽きること無いので、ここでおしまいにして・・・お次のRay邸へ移動することに・・・

っと、何だか、昨日のお話から、わざわざ分ける必要があったのか?・・・一気に昨日のお話でここまで行っちゃえば良かったのにってところですが・・・

昨日は、時間切れで、おさらいが途中で終っちゃったので・・・(^^;

と言うことで、少々中途半端な終わり方ですが・・・今日はここでお終い・・・

明日は、Ray邸でのお話に・・・で、勿論、リベラメンテの試聴も・・・これがまた、いろいろな変化がありまして・・・面白いもんですね・・・(^^;

ってわけで・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1540-f8c06ebc