FC2ブログ

【1468】120713 久々に怪しさ満点のアイテムをS-1EXへ装着・・・(^^; 

さて、現実世界の別世界体験?のような、衝撃的な体験を、立て続けにした反動か?・・・久々に、怪しいアイテムの装着に走ってみました・・・

って、一体どういうこと?・・・ハハハ、そうですね・・・

別世界体験って言うのは、ロンドンウェスタンの鮮烈なサウンド体験、もう1つが、木曽のHB-1の故郷、原邸でのサウンド体験・・・

この刺激に対応する術もなく・・・一足飛びに、SPユニットからの音の品位をアップさせるべく、得意の現実逃避アイテム実験に走ったと・・そんな所でして(^^;

SPからの出音の品位を上げて、より澄んだ音色で、克明に、ストレートに、力強く厚く、熱くエネルギッシュに・・・

なんて、虫のいい話があるわけはなくて、実施には、機材や部屋の持っているパフォーマンスを、精一杯出しきれるように、邪魔してるところをコツコツ排除していくのが正道だとは思うのですが・・・

理屈抜きで、一足飛びにそのサウンドがどんな結果をもたらすか・・・ひょっとしたら、そのサウンドを体験できるかも知れない・・・そんな期待を元に、得意の怪しいアイテムを試して見ました・・・

そのアイテムとは・・・Ge3の「超結界機器用」・・・

【一足飛びアイテム超結界機器用】
1468-01一足飛びアイテム超結界機器用.jpg

えっ?・・・一体何にどう効くものなの?・・・ハハハ、これが全くよく分からないものでして(^^;

古くから、拙ブログをご覧の方ならご存知・・・Ge3の製品で、フェラーリレッドの凄いやつ「超結界」って車用のアイテムがありまして・・・

本来クルマ用の超、怪しいアイテムなんですが・・・これを車に装着すると、リニアモーターカーのように地面から浮きつつ吸い付いたような状態で、強烈に安定して走っている感覚になる・・・って、書いていながら、あかん、こんな怪しい話書いたら、おかしい奴って思われますね・・・(^^;

でも、これが、理屈は分からないんですが、そう感じれてしまうんですから、しょうがない・・・

で、この超結界を、オーディオに使うと・・・ま、実際、部屋に置くだけなんですが・・・

空気の粘性がなくなったかのように、SPからの音の品位が上がって、ストレスなく、音がストレートに飛んで来るような変化が起きるんです・・

って、誰もがそう感じるかと言うと・・・残念ながら、2割位の人しかこの効果は、分からないのだそうで・・・誰でもってわけではない・・・ま、益々怪しさ満点の話ですな・・・(^^;

ところが、実際、過去何度も、オフ会に持参し、効果を確認させてもらったんですが・・・結構な割合で、何らかの変化、効果があるのは確かめてまして・・・

中には、強烈な変化を起こすお宅もあって・・・特段、何かに取り付けるわけでも、音を反射させたり、機材に置いて振動を変えたりするわけでもなく、部屋に置くだけで、効果が出るんです・・・

ま、そんな実績もあって、その効果の範囲を、取り付けた機器の中に限定した、廉価版が、この「超結界機器用」なんだそうで・・・

ってわけで、早速試してみました・・・まずは、CSTユニット・・・

【装着前】             【装着後】
1468‐02CSTユニットの装着前.jpg 1468‐03CSTユニットの装着後.jpg

この画像では、マグネット後に取り付けた、仮想ウェイトの茅蜩・鼓粒に取り付けたように見えますが、この後、マグネット部分に両面テープで接着に、変えました・・・

で、お次は、ウーファーユニット・・・

【装着前】             【装着後】
1468‐04ウーファー装着前.jpg 1468‐05ウーファーに装着後.jpg

ってわけで、ウーファーユニット2本にも装着して・・・

どうなんでしょう?・・・ユニットの品位を上げるってことなんで、SN感や透明度、解像度なんかが上がるんじゃないかなあ?なんて、しっかり事前にプラシーボの仕込み?になってるのかな?・・・

ま、何はともあれ、CDをとっ変えひっ変えして、出音を聞いて見ると・・・

どうやら、GPS-777が揃えた位相をに従って、立体的に音を構築するとこうなる・・・そんな音に聞こえて来るんです・・・

尚且つ、演奏の溜めがタップリ取られている様に聞こえ、濃く、存在感があるGe3製品の効果が現れた時のような音楽が聞こえるんです・・・

っと、こんなん書きながら、そんな怪しい話、なる訳無いだろう?って疑いたくなるんですが・・・こんな簡単に音に効果があるなんて・・・おおきにですm(_ _)m

でも、これは、やっぱり聞いてみるしかないですよね・・・(^^;

ってわけで、この怪しい話は、これにてお終い・・・明日は・・・またまたお出かけのお話・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1529-468a8353