FC2ブログ

【014】怒涛のGe3チューン -第2章- アクセサリー(撤去)編 

相変わらず、汚い携帯画像ですが、さてさて、この画像は何の画像だとおもいますか?

 取り外したGe3アクセサリー

実は、当時のシステムに施工してあった「もどき」も含むGe3アクセサリー群です。
Ge3のBBSで、自分の耳は「超駄耳」で、Ge3アクセサリーを使っても、その効果がわからないんだとカミングアウトしたところ、ニコニコさんから、「一度全部はずしてみて、聞き比べてみたらどうか」とアドバイスをもらったので、重い腰を上げ、外せるGe3アクセサリーを全て外してみました。

我ながら、呆れてしまいます。
めっちゃ凄い量ですね(^^;

携帯画像が見辛いお陰で、アイテムの怪しさも半減しているかもしれませんね。
画像に写っているGe3アイテムを正規品ともどきに分けて列挙すると次のようになります。

【Ge3製品】
 「」 画像説明:茶色いこぶし大の丸く写っているもので、オオサンショウ
            ウオの形をしています。
     用途  :インシュレータです。元々は、ひそかな人気のあった「菱餅
            (ひしもち)」というオーディオ用インシュレータと、「艮(とどめ
            )」という「ストーンヒーラー」専用のインシュレーターが合体し
            た製品です。セラミック(陶器)とゲル状物質とのハイブリッド
           構造で全反射を利用して振動を減衰、遮断するそうです。
 「要石」画像説明:紺色の芋虫からケーブルが1本出ているような形のもの
            です。
      用途    :仮想アースです。
 「脈々」画像説明:画像真ん中の一番手前のお皿(ストーンヒーラー)に乗せ
                た濃紺の芋虫(要石)からでているケーブルを1本にまと 
            めて繋がっているケーブル状のものです。
      用途    :仮想アースである「要石」の能力を5倍に上げるブースター
                です。接続部がピンプラグになっているので、機器の空き
            (RCA)端子に接続します。
 「SP用脈々」 画像説明:木箱からでているケーブルが2~3周巻いてあり、
                      白い毛皮が乗っているものです。
            用途     :仮想アース「要石」のSP取付け用アダプタ兼ブー
                 スター
 「」 画像説明:黒いボード上に乗っている「礎」の頭にくっついている丸い
              コイン型のものや、同じくボード上に3個が三角形に繋が
            れ、白い毛皮のテープで巻いてあるものです。 
     用途  :半径8cm以内の物質に良い影響を及ぼします?(強力なエ
            ネルギーフィールドをつるとか??)
 「ケブタ」 画像説明:紺の芋虫状の「要石」の上に乗っている5cm×10cm
              の白い毛皮です。
        用途    :原理不明の怪しいアイテム。オーディオ機器に貼ると、
                貼った 部品の性能、品位を向上させ、音調も明るくエネ
              ルギッシュなモノになるとか。
 「防守」 画像説明:画像真ん中の黒い四角いカード上のものです。
       用途     :電磁波や磁気ノイズの吸収パッド。機器のトランスの
                 上、液晶表示部の前などに 置き、ノイズを吸収させる
              パットです。
 「ストーンヒーラー」 画像説明:黒い四角い板の上に白い毛皮の付いた木 
                     の皿が乗っているものです。
                 用途     :元来、オーディオ用ではありません。
 (画像には入っていませんが、この他に「エンジェルファー」「繭(まゆ)」等
  のアイテムも取り除きました。)

【自作○○もどき】
 黒い四角いボード 画像説明:手前に2枚平置き、奥のスタンドに立てかけ
                    てある2枚
                  用途     :「7/22」に紹介した「大地もどき」のオーディオ
                    ボードです。
 木製3本足スタンド 画像説明:奥2台の木製3本足スタンドです。
                   用途    :「7/21」に紹介した「櫓(やぐら)もどき」のSP
                     スタンドです。


次のは、上記の怪しいアイテムを取っ払い、テレビは置いていませんが、すっきりしたシステムの画像です。
若干、お茶目にSPが髭を生やしていますが、ご愛嬌ということで。

ノーマルシステム 

このすっきりしたシステムで聞いてみた結果を、当時、次のようにメモしていました。

    ⇒音像がこじんまりしたような気がする。
    ⇒女性ボーカルがそっけなく冷たくなったような気がする。
    ⇒ピアノトリオのピアノの響きが少なく、小さくなったような気がする。
    ⇒ベースの音に芯が無くなったように元気がない気がする

全く聞くに堪えない音ではなく、BGM程度に流し聞くのには全然不足はありませんでした。
しかし、お気に入りのアーティストのCDを最後まで集中して聞けず、途中で飽きてしまいます。
そう、とってもつまらない音になり、演奏のエネルギー感や盛り上がりが感じられなくなりました。


次回は、再構築の経過とともに、少し説明予定。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/15-c1edad75