FC2ブログ

【1434】120421 木曽詣(HB-1の故郷):最終話~最後に極め付きの驚愕体験・・・(@@; 

さてさて、長きに渡り続けてまいりました原邸のお話も、いよいよ最終章・・・HB-1のダブルスタックをFMアコースティックのアンプで駆動するサウンド・・・多くの方々が魅了される魅惑的なサウンド・・・その秘密がなんなのかは、さっぱり分からないが・・・ライブ音源を聞いたとき、簡単にそのライブ会場の興奮の坩堝の中へ引き込まれるのは確か・・・

いつかは、そのエッセンスを、自分の手でシステムから引き出せるようになりたいものです・・・

っと、カンカワさんのオルガニストをおさらいで聞きながら、ぼんやり考えたり・・・

で、当日の現地では・・・オルガンといえば、原さん達が録音されたCDを聞かせてくださいよって事になり・・・まずは、そのCDを聞かせていただく・・・

【りゅーとぴあ山本真希グレンツィングオルガンの魅力】
1434-01りゅーとぴあ山本真希グレンツィングオルガンの魅力.jpg

おおお!・・・何だか、パイプオルガンのパイプの壁面が、目の前に雄大にそびえ立つようなかんじで・・・そのパイプの壁のあちこちから音が出て、広いホールの空間に反射した音と共に曲となって包まれるような感じ・・・

何ともちょっと不思議な感覚・・・σ(^^)私の知るパイプオルガンの曲って、どちらかと言うと、パイプからの音と言うより、既にホールを巡ってきた音で、ふわっとした空間に、その音が混じっているようなイメージだったんですが・・・このCDのパイプオルガンの音は、音の出てくるところが分かるような克明な録音・・・

何より、まるで原邸の部屋のサイズを越えて、このホールの大きさ、空間で聞いているかのよに聞こえるのには、ビックリ(@@;

で、まずは、どうやったら手に入るの?って話しに・・・

今回同行された皆さん、既にこのCDの事はご存知で、アマゾンやHMVで検索されたものの、全然見付からないとの事で、一体どうやったら入手できるのかと・・・

と、このCDは、録音した新潟県のコンサートホール・・・りゅーとぴあへ行くか、ここへ注文しないと手に入らないとのことで・・・

オリジナルCD「りゅーとぴあ 山本真希 グレンツィングオルガンの魅力」

こっちらのHPに、演奏された山本さんのことや、録音されたホールやパイプオルガンのこと、CDの入手の方法などが、書かれています・・・

で、このCDの録音秘話をあれこれ聞かせていただいた・・・

なんでも、現在ではコスト的に出来ないそうだが・・・何と、このホールを3日も借り切って、HB-1を録音用のモニターとして使って、このホールの音響を調べつくして、録られたそうです・・・

最初は、こんなに小さなSPが、モニターとして使えるのかと、心配されたそうですが・・・マイク位置のシビアな違いや、パイプオルガンの調整の不十分な所を、あからさまに出すことで、その能力の高さを示したとのこと・・・

大型のモニターでは、まず、その部屋できちんと鳴らせる状態にすること事態が出来ない・・・対してHB-1では、簡単に調整が出来る・・・しかも、小口径で反応のよさのお陰で、ホントにシビアな状態がモニターであからさまにされるとのこと・・・

で、この録音でも多用された静ブランドのアクセサリーのお話も・・・ノイズ吸収の素材の話から、カーペットのマイナスイオンの効果などなど・・・

それから、HB-1の鳴らし込みの話・・・原邸の機材の話・・・SP下の床は基礎を持ち上げてて、その手前の部屋の方は、切り離して普通の床にしてあるとか・・・ちょっと変わったアクセサリーがゴロゴロしてる所を拝見して、ビックリしたり・・・超高価なカーボンのボードが、無造作に、何枚も立てかけてあったり・・・クリーン電源の台数も、良く見たらハンパじゃない台数があったり・・・

って、その話しの繋がりで、大元は、別室がレコード収納庫になってて、もっと大きなクリーン電源が置いてあって、空調も完備しているとか・・・他にも、知る人ぞ知るようなとんでもない貴重なものが置いてあったり・・・お仕事の方の事務所の電源とご自宅の生活スペースとは別にオーディオルーム専用の電源を取っているとか・・・

ちょっと聞き始めると、もう、端から端までビックリするような試行錯誤の歴史が・・・

っと、目に止まったのが、HB-1のミニ・・・これ鳴るんですか?って聞いたら、聞いてみる?ってことになって・・・結構音楽的に鳴るんだよって・・・

で、なんと、FMに繋いで聞かせてもらった・・・(@@;

【HB-1ミニを聞く】               【こんな小さいのにHB-1ミニ】
1434-02HB-1ミニを聞く.jpg 1434-03こんな小さいのにHB-1ミニ.jpg

ホントに、こんなに小さいのに、この部屋でなるの?・・・って思いつつ・・・

最初にかかったのは、ちあきなおみ・・・えええ!(@@;

うわ~!・・・何この音!めっちゃ濃い!雰囲気タップリ!!・・・凄い!何?このサイズで?・・・

こんな音をこんなに小さなSPで出されたら・・・ま、これぞFMの魔力ってところなんですが・・・それを克明に鳴らすこのおもちゃのような小さなSPって・・・

続いて、神尾真由子のバイオリン・・・ハハハ・・・もう笑うしかない!

何なのこれ?・・・凄いなあ!・・・こんなに弦の音、倍音、その響きが綺麗に鳴っちゃうの?

【ピアノマン】
1434-04ピアノマン.jpg

続いてピアノマン・・・はあ~・・・このピアノの音の濃さって何?・・・こんな低弦の音までちゃんと鳴るの?

【グリーンスリーブス】
1434-05グリーンスリーブス.jpg

最後は、極めつけ・・・グリーンスリーブス・・・

うを~!!・・・あかん・・・こんなの聞かされたら、もう家で聞けん・・・

何なのこれ・・・すんごい緊張感!背中がゾワゾワ・・・鳥肌もん!・・・完全にノックアウト!

驚きの体験の連続の最後が飛びっきりの驚き!

いやいやいや・・・ホンと、別世界を堪能させていただきました・・・ありがとうございますm(_ _)m

う~ん、おさらいしつつ・・・ちょっと最後のこの衝撃のインパクトは大きすぎて・・・

今思うに、やっぱりFMの魅惑の音をホントにストレートにあのちっこいSPは出したんだと・・・

駄目です・・・このわけ分からんφ(..)メモだけ書いて、記憶を封印します(^^;

いやいや、参りましたm(_ _)m

お忙しい中、原さんには、長時間タップリお付き合いただて、これでもかってくらい驚きと気付きと、最後に、美味しいお土産までいただいて・・・もうホンとにありがとうございましたm(_ _)m

また、このツアーに誘っていただき、同行いただいた大佐、naskorさん、elmar65さん・・・どうもありがとうございましたm(_ _)m

最後、あまりの興奮に、もう出社準備しないといけない時間を過ぎてしまって、グタグタになっちゃいました・・・すみませんm(_ _)m

これにてこのお話は終了・・・明日からお話書けるかな?・・・・

ってわけで・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。大変楽しく拝見致しました。原邸にお伺いした時の様子が、昨日の事のように鮮明に甦って来ました。忘れてしまっていた事も思い出しましたし、さすがにMt.T2さんメモは伊達じゃありませんね。また、ご一緒出来ればと思っています。

Re: お疲れ様でした。

naskorさん、読みにくい長文にお付き合いいただいて、ありがとうございましたm(_ _)m
昨夜は、うたた寝が過ぎて、遅くからおさらい始めたら、なんとHB-1ミニの「必要なとこだけ、こってりドバッと出すサウンド」を思い出し、大興奮しちゃって、危うく会社に遅刻しそうになりました(^^;
今思うと、2話に分けて、もっとじっくりおさらいすれば良かったかな?なんて・・・えっ?もういいって・・・ハハハ(^^;
うちのメインは、ピアノマンもグリーンスリーブスもHB-1ミニにも及びません・・・宝くじが当るか、何かの間違いで、手元にFMのアンプが転がり込んできたりしないかなあ・・・(^^;
また、遊んでやって下さいm(_ _)m・・・では!

HB-1ミニは販売されないのはもったいないと思います。

ある意味本当の「切り出しサウンド」だと思います。

今までの常識を覆すスピーカー FM以外のでアンプでもかなりいい音するのは確認済みなので、
某商社の営業も販売を考えて下さいと言って事を思い出します。

掛かってる手間からして採算とれないかな・・・

寒くなったらもう一度ご一緒しましょう!

大佐、今回、ホントに貴重な機会にご一緒させていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m
あれだけのシステムの感激サウンドを聞いといて、最後、一番インパクトがあったのがHB-1ミニってどうなんや!って感じですが・・・あれだけのサウンドを聞いたからこそ、HB-1ミニの究極サウンドに、飛びっきりの驚きを感じたんだと思います・・・(^^;
でも、お願いですからHB-1ミニの音は、FMのお陰と言うことにしといてください(^^;・・・でないと、うちのシステムの立つ瀬が無い・・・いや、自分に耳も腕もないからなのは分かっちゃいるんですが(^^;

是非、またご一緒させてくださいm(_ _)m・・・まだ残ってる魔性のものを聞いてみたいですね(まだ死にたくは無いですけど(^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1494-0137608b