FC2ブログ

【1433】120421 木曽詣(HB-1の故郷):HB-1スタックで音楽に浸りっ放し・・・(^^; 

さて、連日、原邸での驚きのサウンド体験のお話を続けておりますが・・・どれもが、驚きの拘りサウンドで・・・あまりの駄文で、それぞれのサウンドの特徴がさっぱり???

でも、誤解されないように・・・どれもが、非常に高レベルなサウンドの話なんで・・・凄いもん同士なんで、感覚が麻痺しちゃってるかも?・・・(^^;

でも、それにしてもHB-1のダブルスタックには、ちょっとビックリ!(@@;

ここまでのHB-1の小柄フルレンジ+ツイータ的なサウンドメリットに・・・これに加えて、HB-1ならではの、箱を鳴らすことで、楽器のように球面波をSPから放出するなり方ゆえに、非常にホログラフィックなステージと、スタックによるサウンドバランス・・・

特に、反応の早い中高域にあわせるべく、シングルで得られたクオリティーをそのままに、スタックすることで、速さを備えた低域に、量感までも・・・

で、お茶タイムに何曲か、CDをかけていただき、実感した・・・

っと、次にかけられた曲は・・・ヘイリーロレンの新譜から・・・

ブラシとキックドラムのリズムにバンドネオン・・・で、軽やかに、サラッとボーカルが歌い始めたが・・・なんとも、冒頭の入り方からして、既に良い曲っぽい予感が・・・

いやいや、とっても上品にセクシーな歌・・・この声、良いですね!(^^;

続けて2曲目に突入・・・いやいや、もう四の五の言わずに、ただただ聞き入るばかり・・・

っと、これを付けてみるとと・・・高周波のノイズを取ってマイナスイオンも出すと言うケーブルカバーが出て来て・・・装着・・・

【ケーブルカバーを装着して】
1433-01SPケーブルに撒く.jpg

で、そのケーブルカバーをSPケーブルの、HB-1の直前の所へ・・・

ほう!・・・静けさが増したようで、すっきりと見通しが良くなり、澄んだ音に・・・でもって、何だか、ボーカルの色っぽさが増したような感じで・・・(^^;

っと、この後、ケーブルの話になって・・・HB-1の5.0ch再生を目指すelmar65さんのケーブルの相談なんかがありまして・・・うん、実現されたら、是非聞きに行かせてくださいね~(^^;

っとお次は、大佐の持参CDから再生・・・ギターとボーカルにフルート?・・・途中バイオリンも入り、アイリッシュ系のの曲かな・・・

中低域の安定感が増したお陰で、ホント、何を聴いても心地よく、引き込まれる・・・

パーカッションのリズムが、控えめに快感・・・曲のあとの拍手がまたまた気持ち良い・・・

続いては・・・ロックのバラード?・・・おお、スティング!

これもライブですね・・・会場のホールのエコーが何とも心地よい・・・会場の大きさもかなり大きい感じの空間サウンド・・・これもまた、パーカッションのリズムが心地よいですね・・・キックドラムのドッって音圧を感じるところが、これまた快感・・・

お次は・・・スターウォーズのサントラ?・・・フルオケの雄大な演奏がフロントステージに広がる・・・個々の楽器の演奏まで鳴らし分ける・・・金管が煩くなく、でも明瞭に・・・この低域は、倍音を聞いてるの?ホントに出てるの?・・・箱を鳴らすから、案外出てるのかな?・・・

続いては、うって変わって、達郎のライブ・・・さっき、HB-1シングルでも聞いた・・・

冒頭の咳払いの響きが、会場の広さを教えてくれる・・・中域~中低域の厚みが随分違う!・・・なんか、凄く重心が下がって・・・会場の手拍子がゾワゾワって迫って来て・・・おおおお!・・・なんか、会場のグルーヴに引き込まれる・・・

いやいや、ホント、大佐のライブソースは、いつもご機嫌なものばかりで、感心します!・・・おまけに、HB-1がそのライブの雰囲気を丸ごと伝えてくれるし・・・素晴らしい!

お次は・・・naskorさんが、カンカワさんのオルガニストを・・・

やっぱ、箱の鳴りを活かしてるから、このサイズでは出無いはずの低い音が出るんだなあ・・・うんうん、ベースの沈み込みが凄いなあ!・・・うちのメインSPで出せてない音を、いとも容易く鳴らしてる・・・って、比較にならんか・・・後ろにはFMさんの後押しもある魔性サウンドやし・・・(^^;

2曲目の出だしのベースは、もっと凄いなあ!・・・こんな迫力がうちでも出せたらなあ・・・

っと、おさらいしてんだか、拙宅の音の反省してるのか分からなくなっちゃうなあ・・・

で、お次は・・・オルガン繋がりで、原さんの録音されたオルガンのCD・・・

っと、ちょっと短いけど、今日は個々で時間切れ・・・つづきはいよいよラスト?

ってわけで・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

>ギターとボーカルにフルート?・・・途中バイオリンも入り、アイリッシュ系のの曲かな・・・
Love Is Strange Jackson Browne / David Lindley http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=3798564

多分これだと思います。

20ぐらいのころ良く聴いていたJackson Browneです。

>続いては・・・ロックのバラード?・・・おお、スティング!

この音源は宮崎シーガイヤでスティングLive 会場が広いのが再現されて気持ち良い音源です。

Live会場の広さが違う音源を聴いてリアリティをチェックするのに選んだ音源だったのです。

毎回、原さんのシステムで聴くと感心させられます。

大佐、曲の情報ありがとうございますm(_ _)m
特にスティングのが良かったです・・・えっ?シーガイアってことは、筒抜け会場ってことですよね・・・
やっぱり、どこか、好きなポイントがあるのかな?・・・もうないかな?ちょっと探してみます(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1493-549bd324