FC2ブログ

【1430】120421 木曽詣(HB-1の故郷):危険領域!HB-1とFMの魔力・・・(^^; 

さて、原邸で聞かせていただいた超度級のサウンドの数々・・・あまりのまとまりの良さに、まるでフルレンジのようなと表現せざるを得ないほどの巨大7Wayシステム・・・その比類なき原寸大サイズのワイドレンジでハイスピードなサウンドに、超感激したのもつかの間・・・

その巨大7Wayシステムをも、HB-1のサウンドを聞き慣れると、緩いと感じてしまうという原さんの言葉に、そんな事があるのだろうかと思いつつ・・・まずはHB-1の5chサラウンドを聞かせていただく・・・

っと、(TA-DA9100ES)でそのまま鳴らしているにもかかわらず、こんなに自然なサウンドステージを再現できるのかと、驚きの音響空間に包まれ、改めて感心していると・・・

お次にかけられたのは・・・SACDのベルリオーズのレクイエム・・・

【ベルリオーズのレクイエム】
1430-01ベルリオーズのレクイエム.jpg

うわ~!・・・天井高いなあ!・・・教会の録音か?・・・奥行きもかなりあるように聞こえる・・・部屋の左右・後の響きも結構強いようだ・・・トランペットの空間での響きが後方の左右から・・・この包まれ感は、5CHならではの空間再現能力・・・最後の盛り上がりのスケール感には、ホントにHB-1が鳴っているのかと、思わず確認を・・・(^^;

でも、そんな空間に包まれると、もう、低音がとか高域がどうとかなんて、全くどうでも良くなって、ただただその空間に浸って、曲を素直に楽しめてしまう・・・これこそがHB-1のサラウンドの真髄!

クラシックファンなら、これ以上もう何も要らないんじゃないの?と言うコメントに・・・確かに!・・・オーディオファンはともかく、クラシックファン、Jazzファンなら、ホントと、これだけのサウンド空間に包まれれば、充分満足出来ますねと、皆さん納得・・・

っと、ここで、このクオリティーで5.1チャンネルサラウンドに重要なのは・・・どうやってシステム構築するのかと言う、方法や、ポイントについて、あれやこれや、皆さん興味津々であれやこれや、話が大紛糾!・・・

最初のエリントンを聞くと、やっぱり、ホーンの良さを感じるし、7Wayのシステムで無いと聞けない世界もあって、はやはり、それは、その存在意義が合って、HB-1には、それ独自の世界があって・・・

でも、このソニーのAVアンプとHB-1だけで、ここまでのサウンドが出せてしまうということには、改めて驚き、その凄さを再認識したわけですが・・・欲を言えばやっぱりFMに行ってしまうとの話も・・・

と、ここで、一旦お昼休憩・・・近くのお店でめっちゃ美味しいお蕎麦をいただき・・・勿論、オーディオと音楽の話で大盛り上がり!・・・

ウェスタンの再生と、HB-1の再生に、共通点を感じるとの話から・・・その世界にはのめりこまない方がいいよなんてお話や・・・そうは言ってもAVアンプの音はある程度まで・・・FMとは比べるには至らないなんて話も・・・

ってわけで、お昼を終えて、再び原邸に戻って・・・再び午後のお楽しみタイムへ・・・

と、原さんが・・・それじゃあ、2chのCDを9100ESとFMで聞いてみよう!と・・・誰かさんが、原さんに火をつけちゃった?(^^;

で、午後の最初は、9100ESでHB-1を・・・曲は、大佐が持参された井上陽水のライブ録音を・・・

うん、やっぱり、これで充分楽しめる・・・ライブならではの空間の雰囲気がタップリ入ったご機嫌なソース!・・・

とは言え、やっぱりFMにはかなわないですよ・・・いや、それは勿論分かっているけど、どれほどの違いか?ってことで、逆に、9100ESが、どれだけ値打ちがあるサウンドかってことだと・・・

と言うことで、FMアコースティックのアンプでHB-1を駆動してみることに・・・

!!!・・・(@@;

やっぱ、それは、違うでしょう!(^^;・・・空間の静寂感、静まった空間の広がりがこんなに出るとは・・・それに、声の温度感にぬくもりを感じて・・・その生々しさはかなり(^^;

っと、等の原さんも・・・やっぱりFMの方が良いなと・・・(^^;

いやあ、まあ、確かに、解像度感や明瞭度など、9100ESが善戦しているのは確かなんです・・・でも、FMに変えたら・・・オーディオの音が、いきなりライブハウスに!

揚水の澄んだ声とアコースティックギター中心~控えめにバックの演奏も・・・心地よいエコーもさらにライブハウスの部屋に響いてるさままで感じさせてくれる・・・

あかん、あかん・・・これはやっぱり魔性のサウンドや・・・σ(^^)私は近付いちゃいけない!・・・と、聞きつつも聞いて無いと思いこむことにしとかないと、とんでもない世界に・・・(汗

これだと、後のX1が鳴ってるって言っても分からないですねって・・・(^^;

じゃ、X-1で鳴らしてみようかと・・・

っと、何だか、どんどんとんでもない世界での聞き比べに・・・

なんですが、今日はここで時間切れ・・・ってわけで、つづきは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

確かにソニーのAVアンプとHB-1だけでも十分なのに・・・


憬れのFM Acoustics 2011 限定生産品

魔性のサウンド・・・ 痛いほどわかります。
オーディオとは恐ろしい趣味ですな

大佐、こんにちは!
FM?・・・何の事?σ(^^)私は聞いてませんよ・・・ハハハ(^^;
σ(^^)私の現在の最大の特技は、すぐ忘れる事・・・もう忘れました!
そう、ソニーのAVアンプ良かったですね・・・充分でした(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1490-585a0e9a

まとめtyaiました【【1430】120421 木曽詣(HB-1の故郷):危険領域!HB-1とFMの魔力・・・(^^;】

さて、原邸で聞かせていただいた超度級のサウンドの数々・・・あまりのまとまりの良さに、まるでフルレンジのようなと表現せざるを得ないほどの巨大7Wayシステム・・・その比類なき...
  • [2012/07/06 23:53]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲