FC2ブログ

【1425】120415 コーヒーブレイク:春祭りの大太鼓・・・(^^; 

次ぎなる木曽の御嶽山近くでの衝撃サウンド体験のお話をお待ちかねの皆様・・・すみませんm(_ _)m

リアルタイムの昨日・・・センター定位が左にずれてる事に端を発した、大掛かりな部屋の模様替えに放浪され、力尽きてしまったので、おさらいが全然進まなくて・・・(^^;

ってわけで、今日は、本来は飛ばすつもりだった息抜きネタというか・・・

時間稼ぎの一息ネタということでお許しを・・・m(_ _)m

さて、既に2ヶ月半遅れのこのお話・・・もう梅雨真っ只中と言うのに春祭りのお話・・・(^^;

例年、仕事の方では、期末~期初にかけて、非常に輻輳状態が続き、心身ともにヘロヘロなんですが・・・それに追い討ちをかける行事が・・・

実家が農村なので、この時期、豊作を願う春のお祭りがあるんですが・・・これが相当の試練で(^^;

主役は、この大太鼓・・・直径が、約1.7mくらいの大太鼓で・・・

【太鼓はこの大きさ】
1425-01太鼓はこの大きさ.jpg

この大太鼓と、合いの手を入れる直径70cmくらいの鐘・・・

【鐘もこの大きさ】
1425-02鐘もこの大きさ.jpg

これを山の中腹にある神社まで担ぎ上げるんです・・・

太鼓は、梯子状に組まれた櫓を、約60人位で・・・鐘も10人位で担いで参道を上がるんですが・・・

何が試練かと言うと・・・この太鼓を担ぎ上げる参道・・・

そう、担ぎ上げると言うのは、正に、山道だから・・・

自分の身一つで上がっても、汗だく、息切れ、太ももが痛くなるほどの坂道・・・

そンな坂道を、この巨大な太鼓を担いで上がる・・・

昔の人なら苦痛じゃなかったかも知れませんが・・・農家でさえ、今は肩に荷を担ぐことは余り無いのに、こちらは、そんな事、日常生活では、全く無いサラリーマン・・・(^^;

それゆえ、担ぎ始めて数分で、肩は痛みを過ぎて発熱をはじめ、同時に体中はギシギシと・・・

最近、普通に運動すると、筋肉痛は、翌日どころか、翌々日に起きるんですが・・・(^^;

この太鼓を担ぐと、もう即行で筋肉痛が始まります・・・なにせ、各々が力を抜けば、簡単に事故や怪我に繋がりますから、一時も気を抜かないで、必死で全力を出しているからなんでしょうんね・・・

で・・・先の画像、この太鼓の櫓の端から携帯で撮ったんですが・・・

ここで聞く、太鼓の音・・・鐘の音・・・小さな頃から聞き馴染んだ音なんですが・・・全然煩くないんですよね・・・って言うか、何とも言えない心地よさ・・・正に、体感サウンド(^^;

どれくらいの音圧なんでしょう?・・・オーディオで聞く120dBとかより大きいのは確かだと思うのですが・・・閉じた室内で聞く90dBより小さな音のような気が・・・

室内で聞くオーディオの音だと、この太鼓より高い周波数で感じる空気の圧力の方が大きく感じる気がするんです・・・鼓膜を圧迫される感じ・・・でも、実際の太鼓だと、確かに、風圧、音圧は感じるんですが、屋外で、しかも極低い周波数なので、音として感じる部分が多いというか・・・圧力を余り感じないからですかね?(^^;・・・

でも、この太鼓の音、すんごく遠くまで聞こえるんですよね・・・遠達性って言うんでしょうか?

ま、昔は、通信手段として使われたんですから、当然ちゃ当然?(^^;

なのに、この至近距離で聞いても、気持ちいいんです・・・

撥が太鼓の表面を叩いた次の瞬間・・・一瞬ムッと密度が高まった空気の塊りがぶつかって来るんですが・・・あっという間に、その空気と音波は、体を通り抜けていくような感じで・・・

その後は、太鼓の皮が振動する余韻が・・・

で、鐘は、脳みそが一緒に鳴ってるような感じで・・・ちょっと痺れますね(^^;

一気に、全身が開放されます・・・(^^;

この低音・・・それに、実家で聞き馴染んだ筒抜けの空間の音・・・

どうやら、σ(^^)私は、感覚的に、そういう傾向の音に安堵すると言うか、安心感を持つみたいで・・・重く押しつぶされるような音圧のサウンドには、違和感を持つ事が多いかな?・・・

そう言えば、数年前に感じたブルー邸での低音のイメージ・・・それに、つい先日のかめきち邸での英国ウェスタンの低音は、その感覚に合う、重くない・・・軽い低音だったような気が・・・

でも、最近、打ち込み系の重い低音の魅力にも・・・

どちらにしても、この欲求を満たすには、まず部屋と言うか・・・エアボリュームが必要なようで・・・困ったもんですね・・・(^^;

っと、とりとめなく、無理矢理オーディオの話しに繋げた感もありますが・・・

明日こそは、本来の、衝撃サウンド体験のお話へ・・・えっ?・・・どうせ、最初は前フリ?

ハハハ・・・それはどうなるか?・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

大がかりな装置ではどこか周波数感を意識する音な気がするのは同感です。

最初は面白いのですが、しばらくすると飽きて・・・

音に意識が行き過ぎると音楽の中身を楽しめなくなるのはマニアの性なのでしょう。

狭い部屋オーディオなら任せて下さい!

中津川の音を狭い部屋でめざして修行中のHawaiian KoaをMt.T2さんに聴いてもらいたいです。

大佐、こんにちは。
やっぱりσ(^^)私は、オーディオで聞くなら、音楽より、音の方を聞いてしまうというか・・・σ(^^)私のレベルの聞き方には、既に充分な音が出ているので、好きな曲は、どちらかと言うと不満なく聞いてしまえたりします(^^;
オーディオとして聞くなら、やっぱり好きな筒抜け空間の音を望んでしまうような気がしてきました・・・その空間に浸るには、どうもそれなりのエアボリュームが必要な事も分かって来ました(^^;
なので、この方向は、今はちょっと追いかけられないなと・・・将来、実家に戻った時に余裕があれば・・・て夢にしとくことに・・・(^^;
なので、まだしばらくは音の変化のノウハウを実体験して、少しでも経験値を上げて行きたいなと(^^;
ってわけで、また勉強させていただきに伺いますね!(^^;
当面、仕事の方でドタバタが続くので、ちょっと先になると思いますが、また連絡させていただきます・・・よろしくお願いしますm(_ _)m

どうも久し振りです。
やまてつさんはその様なサウンドが、お好みでしょうか。
だったらやはり録音現場からでしょうか。
だいたいその様なサウンドは普通は、出来ないのですが近い内実現出来そうです。
お楽しみ~

青フォレさん、お久し振りです。

元は室内録音で全然OKなんです・・・ただ、再生時のテイストとして、筒抜けと言うか・・・再生している部屋の圧迫感を感じたくないというか・・・
でも、実際に見に行ったコンサートやライブのそのままの録音を聞くっていうのが一番の楽しみ方だと思いますね(^^;
何か面白い録音がされるのですね・・・何だか楽しみですね!(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1485-2d31a39a

まとめtyaiました【【1425】120415 コーヒーブレイク:春祭りの大太鼓・・・(^^;】

次ぎなる木曽の御嶽山近くでの衝撃サウンド体験のお話をお待ちかねの皆様・・・すみませんm(_ _)m リアルタイムの昨日・・・センター定位が左にずれてる事に端を発した、大掛かりな部
  • [2012/07/01 14:10]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲