FC2ブログ

【1378】120218 オルフェのサンバ邸:もう1つのビックリ&刻々とSPの目覚め・・・(^^; 

さて、慣れない、国産最新ハイエンド機器・・・同じメーカーのプレーヤーを使っているというのに、全然その設定方法が分からない・・・ま、そもそもは、どんな機能を持っていて、何が出来るかってのを知らなかったというのもあるかも・・・(^^;

って、言い訳は置いといて・・・ホントは、DACでの外部クロック供給と、トラポとDACに、別々に外部クロック供給ってのまでやりたかったんですが・・・ま、これは、次回のお楽しみと言う事にして・・・

拙作ルビジウムが、一撃で却下と言うのには、ちょっとビックリ・・・

ただ、サウンドの傾向は、真空管アンプの響きが乗るような感じ・・・と言う部分のみを捉えると、GPS-777のDACとトラポの2台供給実験での、驚きのサウンドの音傾向に、少しだけ似た印象も合ったので、もう少し違ったアプローチで実験してみたかった・・・

気になるのは、トラポに拙作ルビ、DACにGPS-777を供給してたら、どんなサウンドになっていたか?・・・ま、これも、次回のお楽しみと言う事で・・・

で、それ以前に・・・GPS-777供給時のサウンド変化について・・・本当に、滲みが無くなるのか、それとも情報量が減少しているのか・・・確かに、σ(^^)私も、GPS-777体験の初期の頃には、そのサウンドの違和感が気になっていた気がする・・・

あまりにCDの製作段階の粗が聞こえてしまう気がして・・・製作時、実際にユーザーが聞く際の環境を想定して、弄るがあまり、現実にはありえない音を作り出しているのではないか?との心配・・・ピントが合う結果、フラット傾向からバランスを崩し、中域重視のエネルギーバランスになるのも、製作者の本来の意図?配慮なのか?・・・

う~ん・・・絶対的な判断の基準を持たない、σ(^^)私のいい加減で、駄目駄目な試聴能力を悔いるばかりで・・・ま、これも、対象数を増やして、経験値を上げるしかないか・・・

っとさて置き・・・外部クロック遊びはそこそこに・・・せっかく眠っていたSPが、少し目を覚ましてきたのだから、もっと聞かせてもらいましょうと、次の曲の要求が・・・

で、かけられたのは・・・試聴の定番である、今井美樹、I Love a Pianoの2曲目、年下の水夫・・・

と、教授が・・・あれ?ピアノのが逆から聞こえる!!!・・・ええっ(@@;

あちゃ~!・・・またまた大問題が発覚・・・どうやら、前半部のラインケーブル入れ換え時から、ラインケーブルの左右が、逆に入っていた模様・・・慌てて左右を入れ換えて・・・

ああ・・・教訓、オフ会実験時、まずは、機器なれたソースで接続の正常性を確認するべし・・・(^^;

ってわけで、もう一度再生を・・・うん、左右の定位は正常に・・・あ、やっぱり少し透明度が上がったような・・・低音がしっかり出てきたような・・・あ、これは、SPが目を覚まし始めてきたからかな?・・・実際、細かな変化は、気のせいレベルもあるかもしれないが・・・エネルギーバランスが、中高域寄りだったのが、低域も出始め、一層フラットな方向へ・・・

と、教授から・・・もっと鳴らし込めば、ピアノの低い弦は、もっと深く沈みこむはずと・・・でも、さっきから鳴らしただけでも、随分低域が出てくるようになった・・・情報量も出てますねと・・・

じゃ、もう一度、GPS-777を供給して、聞かせてくださいとお願いして、同じ曲を・・・

これで、情報慮減ってますか?・・・減ってますけど、悪くは無いですよとのコメント・・・

う~ん、ピアノの響きが少し減って、音の芯が強くなり、らしさがアップして、余韻のレベルが少し低くなっているので、情報量が減ったように聞こえるんじゃ・・・ああ、どう転んでも、今のσ(^^)私には、思い込みのバイアスが働いちゃう・・・

っと、ここでの話題は、トラポ&DACの設定中に、後で盛り上がってた、大人のアートの方へ・・・

ってわけで、元の内蔵クロックに戻して、ふたたび年下の水夫を・・・

ああ、なるほど・・・やっぱり、音の出方があまりに変わるので、きちんとしたリファレンスがないと駄目ですね・・・σ(^^)私的には、GPS-777供給ありの低域の音の出方の方が、好きなようですが・・・

と、せっかくここまで鳴るようになって来たので、鳴らなかったY.M.Oをも一度と言う事に・・・

おお!中高域の透明度、明瞭度がアップしたような気が・・・おっ!低域が、しっかり出始めてきた・・・皆さんからも、よくなって来た・・・埋もれてた音が出てきたじゃないですか・・・エネルギッシュになってきた・・・締まった低音も出るじゃないですか!・・・と、皆さんからコメントが・・・

この、低音が、真下に当ってそこから前へ出て来る鳴り方は、σ(^^)私のB&Wの音のイメージだと言ったら・・・まだ、低域は出切ってないし、まだ、バランスが悪いし、バスレフポートは塞いでやらないと駄目だと、教授が・・・オルフェのサンバさんに、タオルがないかとリクエスト・・・

っと、その前に、しつこくGPS-777供給での音を聞かせてもらうと・・・おお、音の芯がハッキリ、締まって・・・今のσ(^^)私には、こっちのバスドラの締まり方の方が好みだなあ・・・でも、教授からは、これは駄目だと駄目出しが・・・中低域に凄く癖が付いていると・・・

で、GPS-777を外して内臓クロックにして・・・オルフェのサンバさんが持ってこられた、タオルを、バスレフポートの穴の中に詰めて・・・ふたたびY.M.Oを・・・

う~ん・・・低域も出るようになったでしょと教授のコメント・・・確かに、低域~中域にかけての濁りが無くなり、綺麗に出てきた・・・GPS-777の供給有りと無しの中間的なサウンドレベルになった気が・・・σ(^^)私には、少し低域が緩んで聞こえてしまう・・・既にもう、GPS-777の音に同調しちゃってる感じですね・・・(^^;

それにしても、何だか、どんどん音がエネルギッシュに、低域もじわじわ締まってきた感じが・・・

どうやら、刻々と、SPの目覚めが進んでいるようで・・・

じゃ、ここで、お寿司を取っていただいたとのことで、食事タイムに・・・その間、リピートで鳴らしておきましょうということに・・・

っと、ここで、今日は、時間切れ・・・ってわけで、最後の盛り上がりは、明日につづく・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1437-f9caa103