FC2ブログ

【1376】120218 オルフェのサンバ邸:第二の敵は目に見えなかった・・・(^^; 

おっと、寝過ごしました・・・・すみませんm(_ _)m

さて、ハイエンドな機器で一気に構築されたオルフェのサンバ邸のシステム・・・アクセサリーも加えて目指すサウンドをいかに出すかに苦心されていたのですが・・・教授邸のサウンドを聞かれ・・・こう言う方向のサウンドが出したかったと・・・

そんな目指す方向のサウンドがあるものの・・・実際にご自身のシステムから出てくるのは、非常にメロウな美音系・・・そのサウンドの方向性を、情報量や解像度感はそのままに、エネルギー感、躍動感のあるサウンドにと・・・リクエストを受けた教授のクリニック・・・

オリジナルのサウンドを聞いて、これは、相当厳しいリクエストだったという事でしょう・・・開始早々に持参ケーブル総動員・・・普通なら、これでかなりの改善を得て、望まれるサウンド傾向の要素が、かなり出てくるはずが・・・SN感、情報量、解像度は、一層アップしたもの、その傾向は、更にハイレベルな美音系・・・

あまりに想定外のサウンドに、流石の教授も困惑・・・ここで一気に矯正をと、インシュレーターで音作りのつもりが・・・その効果はあるものの、どうにも動員したアイテムのパフォーマンスを出し切っているとは言えない・・・

ここまでやってこの状態と言うことは、先のお茶タイムで発覚していたSP下の木製インシュレーターが、祖のパフォーマンスを吸い取っているとしか考えられない・・・

ってわけで、このインシュを撤去すると・・・やっぱり、これが犯人だった!・・・

ようやく、教授メソッドのパフォーマンスを出し始めたシステム・・・なんですが、何かまだ少し感激すまでに至らない・・・と、教授が、インシュレーターの調整を加え、これで聞いてみて下さいと・・・

で、ふたたびアルパを再生すると・・・おお!弦を弾いた瞬間の硬質感が、グッと増した!・・・ようやく教授メソッドらしいサウンドになってきた・・・ここまで出るようになったから、もうY.M.Oも鳴りますよと・・・

っと、オルフェのサンバさん・・・Y.M.Oは、どれも鳴らなかったんですよと・・・もう、今は鳴りますよと、教授が・・・と言うわけで、東風がかけられた・・・

おお・・・お?・・・うん?・・・この低域はなんだ?・・・中高域は教授メソッドのサウンドながら、低域が何だかもっさりしてて、そのせいか、高域も抜けが悪い・・・

おかしい!・・・教授が、納得できない様子で教授が、リモコンを借りて、曲を変えて再生してみると・・・打ち込み系のバスドラが、ふやけてるは、止まらないは・・・・

うん?・・・少しましに?・・・あれれ?・・・どうして?何もして無いのに・・・

このスピーカーは、いままで、ちゃんとした信号で低域が鳴らされてなかったんですよ・・・今聞いている間に、どんどん、音が変わって来ているでしょう?と・・・

(゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン・・・何だか、打ち込みのバスドラ1発ごとに、音がしまってきているような感じです・・・いやいや、凄い凄い!・・・低域の制動が効いて来て、同時に高域の抜けがグッと増して、音楽の躍動感がどんどん増して来た!

と、オルフェのサンバさんが・・・こう言う音で鳴らすことに、どこか罪悪感があったんで、普段は最初の音量で、中高域の澄んだ美音を聞いて・・・今日は、気合を入れて少しだけ聞いてみようと思うときだけ、少し音量を上げて・・・

いや、これくらい出しても、全然問題ないですよ・・・部屋もしっかりした構造で、二重窓にもなっているし、環境的にも問題ないし・・・勿論、このSPは、モニター系のSPですから、この程度の音は、全然大丈夫(ちなみに、この時の音量は、マンションのうちでも出す程度の普通の音量)・・・このSPは、全然ちゃんとした低域の信号で、鳴らされてなかったんですよと教授が・・

っと、オルフェのサンバさん・・・そんな、□□して、○○に、全然△△を与えてなかったみたいに・・・大爆笑!!・・・なんちゅうオモロイ例えでしょう!(^^;・・・

ウーファーにきちんとした低域の振動を与えたことがないんですよ・・・

要するに、○○で言うところの、△△を与えていなかったという事ですか?・・・

△△与えて無いですね・・・○○不満ですよ・・・

もっと鳴るようになりますか?・・・成る鳴る!!・・・今は、ちゃんと低域の信号をウーファーに送ってますから、こう言う信号でウーファーを動かしてやら無いと、こう言う低域は出ないですよ・・・

何か、悪いような気がして・・・車で100km/h以上出したら駄目と思うように・・・どれ位、音を出していいか分からなかったと言うのもあって・・・最初に聞いた三角帽子も、自分なりには、躍動感も出てると思いつつも・・・本等はもっと鳴るんじゃないかという思いがあった・・・コンサートでは、もっと躍動感を感じるのに、スーッと綺麗な音に聞こえるなあと思っていたと・・・

っと教授が・・・これで、もう少し鳴らしていれば、10分単位で変わって行きますよと・・・

ちょっと、ここで玄関チャイムが鳴って中断・・・

この間、σ(^^)私は、エソテリックの最新ハイエンドトラポとDACの、マニュアルと格闘・・・クロックの入れ方が分からない・・・DACとトランスポート間でクロックの供給の仕方が変えられるようなんですが・・・元々、DACからのクロックアウトをトラポに入れる設定になってて・・・外部クロックを入れる設定に変えると・・・マニュアルの記述が分かり難くてさっぱり・・・

で、20分ほど格闘して、ようやく、外部クロックをちゃんと認識したので再生しようとしたんですが・・・音が出ない・・・おかしい???

で、DACへの外部クロック供給は、あきらめ、トラポの10Mhz入力に拙作ルビジウムクロックを入れることに・・・あれ?・・・これも音が出ない・・・

で、仕方なく、元に戻す事に・・・っと、ところが、なかなか元に戻らない・・・

いやいや、ヤバイ・・・困った!一体どうなっちゃうの?・・・っと、ここで今日は時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1435-4eb4ac7a