FC2ブログ

【1374】120218 オルフェのサンバ邸:優しい美音がお好みでは無い?・・・(^^; 

さて、歯痛で記憶も記録も無い状況から、無理矢理思い起こそうとしてはみたものの・・・あ、たった一つだけ、記録が・・・画像がありました・・・ってわけで、画像を見ながらぼちぼちと・・・(^^;

そうそう、ここから、オルフェのサンバ邸のこの時の画像を中心に、2ヵ月半前のお話に入るんですが・・・さすがに、そんなに期間があると、進展中のお宅の状態が、そのままというわけはなく・・・この訪問の後、一気に調整を進められ、機器配置も含めて、ガラッと変わってしまっております(^^;

ゆえに、ここでのお話は、はるか以前の昔話でしか無い・・・って訳に・・・

と言うことで、2ヵ月半前のオルフェのサンバ邸・・・到着して直ぐに、2階のリスニングルームに向うと・・・

っと、部屋に入ってビックリ!(@@・・・いやあ、ホントにモモンガ邸とよく似たサイズ・・・

【モモンガ邸によく似たお部屋】
1374-01モモンガ邸とよく似た部屋.jpg

画像に見えるのが、縦長のお部屋の半分ちょっとで・・・リスポジから後には、オルフェのサンバさんのオーディオ以外の大人の趣味のものがタップリ詰まった書架や机があり・・・全体の広さは14~5畳くらいはあるんじゃ無いでしょうか?

勿論、お使いのSPが、同じB&Wの802Dと言うこともありますが・・・それにしても、部屋の大きさといい、SPの配置といい、リスポジ以降の部屋の配置まで含めて、モモンガ邸によく似た感覚ですね!・・・

なるほど、オルフェのサンバさんが、モモンガ邸を意識される意味が良く分かりました・・・(^^;

ただ、送出し~駆動系は、随分違いますね・・・

【送出し~駆動系】
1374-02国産ハイエンド機器.jpg

再生系は、正に現代国産ハイエンド・・・エソテリックの超度級SACDトランスポートP-02とDACも同じくD-02・・・で、これを受けて、駆動系は・・・こちらも国産ハイエンドのセパレートということで、ラックスマンのプリアンプC-800Fに、パワーアンプも同じくラックスマンのM-800Aと言う構成・・・

これに加えて、アナログ系は、マイクロのターンテーブルと、AV系も・・・プロジェクターと立ち上げ式のスクリーンに、5.1chサラウンドSPまで・・・

と、この豪華なシステム構成からすると・・・丹精で精緻な国産ハイエンドの癒しの美音系を想像してしまいますが・・・

教授邸で、溢れる情報量にワイドレンジでハイスピード、しなやかさとダイナミックさの共存したサウンドに、強烈な刺激を受けられ・・・そう、つまりは、出し切り系の緻密な美音とダイナミックスで、ガツンとした躍動感や爽快で刺激的なサウンドを出されたいようなのだ・・・

で、矢継ぎ早に、オルフェのサンバさんが、何曲か、ご自身がうまく鳴ってほしい曲をかけられたんですが・・・想像以上にメロウで癒し系の超美音って感じ・・・

機器由来と思われる高いSNと癒し系の美音・・・さすが、国産ハイエンド系の生真面目で緻密なサウンドを聞かせていただきました・・・が

が・・・全てにおいて、メロウな印象・・・なるほど、ガツンと来る躍動感とはかなりのディスタンスを感じます・・・オルフェのサンバさんが、どうしていいかわからなくなったと仰るのも、無理からぬ事かな?ってのが、分かる気がします・・・(^^;

っと、ここで早々に教授が動き出しました!・・・

まずは、ケーブル類で、電源系と伝送ライン系に、一気に手を入れることに・・・

【トラポとDACに太刀魚君】
1374-03トラポとDACに太刀魚君.jpg

ってわけで、まずはお決まりの電源系の太刀魚君シリーズをトランスポートとDACと、パワーアンプに・・・そして、一気に信号系で、トランスポートとDAC間のデジタルケーブルをプラチナムシリーズに・・・

【パワーアンプにも太刀魚君】
1374-04パワーにも太刀魚君.jpg

DACからプリアンプへのXLRケーブルを、daisuke邸で、最後ちょっとフン詰まってたものを一気に出し切らせたXLRのプラチナ牛リーズ?に交換・・・

ってわけで、ここまでやれば、恐らく、機器のパフォーマンスは、かなりキッチリ出し切ってくっれるんじゃ無いかな?っと想像しつつ・・・

今日の冒頭から聞いた曲をふたたび聞かせていただいた・・・

うん?・・・一番ふにおちないのは、このケーブル類の真のパフォーマンスを知る教授だった・・・

おかしい、「え~!凄い!このCDには、こんなにも音楽が詰まっていたの?」って、鮮度タップリに、あふれ出す情報量、ダイナミックな躍動感のあるサウンドが出てくるはずなのに・・・

まるで、眠れる獅子のごとく・・・

と、ここで、しばらく鳴らしっぱなしにしておいて、出し切り系信号に機器を馴染ませておくことにして、お茶タイムに・・・

さてさて、一体どうなる事やら?・・・っと、ここで今日は時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1433-33b43e2d