FC2ブログ

【1368】120218 daisuke邸再訪:(1章)何と!原因は教授だった?!・・・(^^; 

さて、毎度の長々としたいきさつがありまして・・・daisukeさんの教授邸訪問を受け、今度は、讃岐の国より、教授とモモンガさんが、daisuke邸を訪問されることとなり・・・σ(^^)私もご一緒させていただくことに・・・

讃岐の国の客人が、daisuke邸へ到着されるだろう、予定の時間に合わせて、σ(^^)私も車で出かけたんですが・・・高速を降りて、少し走って、daisuke邸まで後数分という所まで来たところで、前方に見覚えのある車が・・・あっ!教授の車!(^^;

と言うわけで、同時にdaisuke邸に到着・・・車を降りて、教授とモモンガさんに、いやいや、ピッタリですな!とご挨拶・・・で、前回からは・・・ちょうど半年振りのdaisuke邸と言うことで・・・

早速オーディオルームに入ると・・・

【左にも、中央にも】
1368-01左側から.jpg

ああ、修理に出されたというパールは、上部の三角部分だけを出されたんですね・・・で、代わりに、以前お使いだったステラメロディーを出してこられたと・・・うん?・・・ギョギョ!(@@

ななななんと!・・・部屋の左には、何か見たこのある物体が・・・

ええっ!・・・センターにも2機並んでる!・・・(@@;

【勿論右にも】
1368-02右側は・・・.jpg

っと、勿論、右の一次反射面にも・・・

【SP左右にシルバンとセンターにアンクが2機】
1368-03何と!シルバンとアンクが.jpg

っと言うわけで、SPの左右の1次反射面には、シルバンが2機・・・更に、前回は、センターにあったサーロジックのパネルを撤去され・・・アンクが2機置かれています・・・

何でも、前回の訪問の直ぐ後に、日東紡の石田さん(訂正)山下さんも招かれ、色々測定もしてもらって、アンクとシルバンの導入、配置となったとか・・・

いやいや、凄い!・・・σ(^^)私、シルバンの本物を、こんなに間近で見るの初めてで・・・ましてや、アンクに至っては、初めて見ました!!

う~ん、仕上げはもとより、丸棒の太さも材質も全然違いますね!・・・なんと言っても、コツコツとたたいた時の響きが、少ないし、綺麗・・・やっぱ、もどきはもどきなりってことですね(^^;

っと、感心しつつ・・・daisuke邸のGPSについて聞いてみたら・・・携帯の基地局で使われていたGPSレシーバー(HPのZ3801)だそうで・・・これの払い下げ品を入手して、ご友人に別筐体の電源を作ってもらわれたんだとのことで・・・

で、σ(^^)私の持ち込んだクロックが、つなげるかを確認してみた所・・・daisuke邸の構成は、PCのオーディオインタフェースからの同軸デジタル信号(S/PDIF)を、先のHPのGPSレシーバーから、10MHzのクロック信号を供したDCD-8に入れて、リクロックした上で、αDACに入れられているとのことで・・・残念ながら、クロックの外部入力は、DCD-8の10MHzのみとのこと・・・

【持ち込んだ自作ルビに通電】
1368-04持ち込んだ自作ルビを通電.jpg

ってわけで、10Mhz出力の無いGPS-777を諦め、拙自作ルビジウムクロックが、daisuke邸の環境で、どの程度癖を出すかを確認させていただくために、通電を開始させていただく・・・

そんな準備をしている間、ずっと弦楽四重奏?の曲が流れてたんですが・・・ふと気付くと、どうやらメロディーは、ビートルズ・・・

【1966カルテットのノルウェーの森~ザ・ビートルズ・クラシック】
1368-05ノルウェーの森~ザ・ビートルズ・クラシック/1966カルテット.jpg

流れていたのは、1966カルテットのノルウェーの森~ザ・ビートルズ・クラシックからでした・・・

ま、曲調もありますが・・・エネルギッシュで、音がぶっ飛んできたパールとは異なり、やはり、小型2ウェイならではの音の広がり感が・・・でも、この外側からの包まれ感は・・・多分に、シルバンとアンクの響きの効果のような気が・・・ハハハ、やっぱ視覚プラシーボ全開?(^^;

それと、この澄んだ感じの中高音は?・・・と、SPスタンドの足元を見ると・・・ギョ!(@@;

何と!・・・そこには、誂えたのかと思うほど、ピッタリのサイズのウェルフロートが・・・っと、別にこれは、特注サイズというわけではなくて、たまたま、ピッタリのサイズだったそうですが・・・

いやいや・・・それにしても、これだ!と感じるものを探し、意向に合った場合の素早い導入と、その勢い・・・この情熱とバイタリティーには、ホント驚き、敬服するばかりですね!

で、少し聞かせていただいた感じ・・・前回聞かせていただいた、メインSPのパールの方が、間接音がもう少し聞こえやすかったかな?・・・って、お話をしたところ・・・

実は、このステラメロディーは、3日前に置いたばかりとのこと・・・

ところで、パールには、何が起きたんですか?って、伺ってみると・・・先の教授邸での体感サウンドの影響で、色々調整を繰り返され・・・徐々に音量を上げても聞けるサウンドになって来ていたのだそうですが・・・同時に、ツイーターの音割れが出始めたのだとか・・・(^^;

っと、教授が・・・ああ、多分、ネットワークのコンデンサーですねって・・・

そんなわけで、オフ会を控えてはいたものの、修理に出さざるを得なくなったとのこと・・・

すると・・・教授が、なにか合点が入ったようで・・・どうしてこう言うチューニングをされているかが分かりましたと・・・

っと、今日はここで時間切れ・・・ってわけで、つづきは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1427-f2d2b602