FC2ブログ

【1359】120211 Ray邸襲撃:(2章)驚きのアナログ!&クロック準備完了!?・・・(^^; 

う~ん、インフルではないが、風邪が治らん・・・でも、もちっと頑張るぞ!(^^;・・・と言いつつ、もう夜が明けとる・・・おさらいが・・・すんませんm(_ _)m・・・チビットだけでも・・・

っと、さてさて・・・久し振りのRay邸サウンド・・・こりゃ参った!・・・こう言うサウンドだったけ?・・・うん?・・・そうか!・・・アナログ&ウエルフロート・・・

いやあ・・・ちょっとだけ、クロック入れた音の傾向が聞ければと、無理矢理押しかけたんですけど・・・って、σ(^^)私、もう既に、ショックで・・・このレコードの音・・・めっちゃ衝撃的です・・・

何ていうか・・・楽器の胴体が聞こえると言うか・・・

Rayさんいわく・・・そう、デジタルって言うのは、楽器から出る音を綺麗に拾って出してくれるけど、アナログは、楽器そのものからの音、楽器が振るえてる音、周囲の音、そういうのを全部出してくれまれますよね・・・(゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン!

金管は、ホーンならではだと無理矢理理解するとしても・・・さっきの、ドラムのリムショットもシンバルも、今までのイメージは、どちらかと言うと、叩いている方の、スティックの音を聞いていたって感じだたんですが・・・今聞かせていただいたのは・・・ドラムのリムをたたいた時に、ホントにリムとドラムが鳴っている音に感じたんですよ!・・・う~ん、こんなに違うんだって・・・ちょっと、そっちがショックですよ!・・・う~ん・・・いやあ・・・参りました・・・(^^;

うちは、バスレフポートを開けて、低域を出し始めたとは言え、マンションサウンド故に、土台が薄いんですよね・・・

と、Rayさんが・・・ああ、低域が、ガン!っと出ることで、中高域も押し出してきますからね・・・

いやあ・・・う~ん・・・うちに帰って聞けなくなっちゃいましたよ(^^;・・・音遊びをする以前の問題ですね・・・

っと言いつつも・・・せっかく押しかけたんだから、聞かせていただかないとと、持ち込んだクロックの準備を・・・

なんとなんと!・・・ラック上段に置かれていたサブのプレーヤーを一旦退けて・・・ラックの中段に収まっていたOCXをわざわざラックの上段へ引っ張り出していただいて・・・

【OCXを引っ張り出してラック上段へ】
1359-01OCXを引っ張り出してラック上へ.jpg

いやいや、まさか、ここまで大掛かりになるとは思っていなかったんで・・・すみませんm(_ _)m・・・隙間か、ラックの前にクロック置いて、クロックケーブルをつなぎ変えさせていただければ・・・程度に思ってたんですが・・・電源の取り回しや、クロックケーブルの繋ぎ変えには、距離がありすぎて出来なくて・・・と言うわけで、すぐさま、このレイアウトに・・・

【自作ルビとGPS-777もセットして】
1359-02自作ルビとGPS-777もセットして.jpg

いやあ・・・何と、こんなに大掛かりなレイアウト変更までさせてしまうことになるとは・・・これで、大して意味の無い結果になったらどうしようかと、恐縮してしまいます・・・

っと、大掛かりなレイアウト変更の間に、ルビジウムも安定し、LEDもロック・・・GPS-777も衛星電波を受信したようで、正常点滅を始めました!

いやいや、と言うことで、実験環境が完成・・・\(^^)/

これで、トラポのP-0へ44.1khz・・・DACのD70へ88.2khz・・・の1系統と・・・もう1系統は、プレーヤーのUX-1へ44.1khzを・・・OCXから供給している状態・・・

何の曲で、聞きますか?ということで・・・先日、ジョーシン1番館でGPS-777の音の違いが凄く分かりやすかった雑誌の付録CDで・・・オーディオアクセサリー誌の付録に付いていたティートックレコーズのサンプラーディスク・・・井上オサムのサックス、ケイコ・ボルジェソンのピアノ、河村竜のベース、小山太郎のドラム・・・・と、いろんな楽器ソロが入ったサンプラーを聞いてみることに・・・

で、まずは、ノーマル・・・P-0とD70にOCXのクロック供給をした状態でこのCDを聞いて・・・

う~ん、やっぱRayさんちの音の土台が凄いなあと冒頭のサックスに感心・・・つづくケイコ・ボルジェソンのピアノの低い方の音の出方に汗・・・オンマイクで採ったウッドベースの音の太さと胴鳴りに、またまた感心・・・ドラムのキックベースが叩かれてる、シンバルが叩かれてる、ドラムを叩いている音が・・・あれ?ちょっとRay邸にしては緩い?

あっ!・・・アブウーファーのチャンデバが、レイアウト変更で正常動作してなかったみたいで・・・これの抜けかけの配線をキチンと差し込んで・・・

おおお!・・・空気感がガラッと変わった!ドラムがビッと締まって、シンバルが凄く金属らしくしっかり鳴り始めた・・・太鼓を叩いた皮の音のリアルな事!・・・すんごく明瞭でリアル感が一機にアップしました・・・いやあ、恐るべし、サーロジックのサブウーファー・・・

いやいや、ここまで出てると、クロックの違いなんて、あんまり意味がないんじゃないのか?・・・せっかく大掛かりに、レイアウト変更までしてもらったのに・・・大した事なかったらどうしよう(汗

っと、サブウーファーが、途中から入ってガラッとイメージ変わったので、もう一度、ノーマル状態を、最初から聞いてみると・・・何これ?・・・サックスの実在感が物凄くアップしてリアルに・・・

この音・・・GPS-777を入れた時のピントが合って、雑身が取れて、音がハッキリする傾向が、ウエルフロートで、既に実現されているような気がして・・・ひょっとして余り効果を感じないんじゃないか?って気がして来ました・・・(滝汗

ジョーシン1番館で驚いたGPS-777の効果による変化って言うのが・・・ちょうど、今のサブウーファーが鳴ってない所から、サブウーファーを入れたことで、明瞭でリアルな空気感になったような違いだったんです・・・だから、既にここまで鳴っているシステムだと、その違いはもうクリアしてるんで、差が分かり難いんじゃないか?って気が・・・

いやいや、焦りました・・・ここまでの音が出てて、果たして効果の変化が分かるのか?

大きな不安を抱きつつも・・・いよいよ聞き比べに・・・っと、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

ヤマテツさん お疲れさまです。
実は、全シリーズでのGPS-777の素晴らしさに感嘆して、拙宅ではどのようなものなんだろうかと思っていたのですが、そうですね、今回のシリーズを読んで思い出しました。拙宅でも聴いていたのだったと。
読んでいるうちに、その時の事が思い出されてきました。
それにしても凄い実況見分ですね。
恐れ入りました。

こんばんは。毎度、全部だしですみませんm(_ _)m
でも、σ(^^)私の耳も、少しは成長してきたのか?アナログのサウンドにはホンと衝撃を受けました・・・
それに加えて、今回おさらいしてみて、改めて、驚きの体験が、それだけではなかった事を、痛感しております・・・
σ(^^)私自身、続きのおさらいが、とっても楽しみ!・・・なんですが、月末・月初モードでヘロヘロでして・・・実は、今もまだ・・・休憩時間なので、ちょっとだけ・・・フウ(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1418-c9ebdb87