FC2ブログ

【123】げげげ新技「アマネイシ」の驚き!! -2- 

今、Ge3のBBSで話題の「アマネイシ」の実験結果をお知らせするつもりが、デジカメゲットの話のあおりを食って先延ばしになりました。

今日は、いよいよ、本題の「アマネイシ」のお話です。

【接続全景】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081124033833.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">123-1接続全景.jpg

少々、色んな実験ネタが写っていますが(^^;
昇気」の上の「要石」に「脈々」を繋いで、SUSANOのフロント入力のピンに接続して実験しました。

今回の「アマネイシ」という技は、九州のGe3フリークの「あそーさん」と言う方が、見つけられたGe3アイテムの組み合わせ使用例で、以前σ(^^)が「雲泥」の効果の凄さについてはしゃぎまくりましたが、それと同等クラスの変化が起きるとのことです!! ←つまり、控えめに言って「激変」するということだそうです。(^^;

そうと聞いては、試さないわけには行きません。

丁度、家族が上京中だったので、一番信頼できる娘の強力(×ちゃう!協力 でも気持はあってるな。)を得て、早速実験です。

先ずは、技の名称通り、「天音」を使ったバージョンから。

【アマネイシ】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081124033925.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">123-2アマネイシ.jpg

画像の通り、「昇気」の上の「要石」に「脈々」を繋いで、機器に接続というのが基本で、名前の通り、「要石」のケーブル部分に、「天音」を装着することから、「アマネイシ」という名称がついたようです。

先ずは、画像の通り「天音」を3本使用で試聴。

ギョエー!!
残響やエコー音が倍増したかと思うほど増えます。
それに、その響きの部分に、何とも色っぽい艶がのります。

「○○ちゃん、どう?」
「全然違う。凄いふわっとした」

娘も、その変化の大きさに、少々驚きの様子。

じゃあ!今度は、「天音」の兄弟「雷知(いかづち)」でやってみましょう、と言うことで「イカズチイシ」の実験です。
【イカズチイシ】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081124034004.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">123-3イカズチイシ.jpg

画像の通り、「天音」を「雷知」に置き換えただけです。

おおー!!
凄い雰囲気が違います。
「アマネイシ」より、少し中低域の量があり、厚みがある感じで、中高音の抜けが良いと言うかS/Nが良くなった感じ。

「○○ちゃん、どう?」
「似てる。ちょっとスッキリしたのと、声がふっくらした」

なんか嬉しいですね。娘がこうも同じ反応をしてくれると(^^;

ちなみに、「アマネイシ」「イカズチイシ」合わせて、坊主はお気に入りの本を読んでて、真剣に聞いてなかったものの、
「変わったよ、○○と一緒」
と、一応、変化に賛同していますが、言葉で表現しろと言うと、「分からん」と返ってきます(^^;
かみさんは、
「なんとなく良くなったのは分かるけど、別にどうでもいい」
とのこと。(^^;

[追記]
昨日のこの話の冒頭でデジカメ忘れたこと書きましたが、お伺いしたこのお宅[PWCで知り合ったMac_cel氏邸]では、接地抵抗5Ω以下という凄い環境のお宅ですが、めっちゃ「激変」しました。\(^^)/
σ(^^;と同じAVアンプ(SUSANO)を、プリアンプとして使い(σ(^^;のお気に入りのアイスパワーを使っていない(^^;のです)、各チャンネルをA級アンプでドライブするという、こだわりのシステムですが、そのSUSANOのフロントパネルにある、外部入力のピン端子に「雷知」3本使い+「脈々」+「昇気」を接続して試聴しました。
ところが、曲が流れ始めた途端、その変化ぶりに驚愕!
元々、ホールにいるかと思うほどの再生音だったのですが、その音が、普通のホールから、最も残響の素晴らしいホールの音になったかと思うほど、その差が大きかった。
石井式の天井高4mの部屋でですよ!
残響音が激増し、S/Nもグッと向上しました。・・・・こりゃ凄かった!!

で、実験はまだ続きます。

Ge3のBBSで、「アマネイシ」の構造図が公開されたんですが、「天音」を「雷知」の上に亀の子状態で乗せてるんですよ。

と言うことで、その違いを確認しました。

「アマネイシ」(横置き):残響、エコーが綺麗。艶がたまらない。
「アマネイシ」(亀の子):私も娘も変化は分からない。

「イカズチイシ」(横置き):アマネイシより少し中高音の艶、綺麗さは少ない。
              中低域が少しふくよかな感じに加えてS/Nがあがる。
「イカズチイシ」(亀の子):横置きとアマネイシの間くらいの感じ。
              中高音の響きがすこし綺麗で中低音が少しふくよかになる。

と言う結果となりました。

で、更に、テレサテンを乗せると変わるとの報告があり、追試。
ちなみに、ここで出てくる「テレサテン」とは、シルクの布を、Ge3のシモン石鹸の水溶液に浸して陰干しした物なんですが、何にどう効くか不明(^^; 色んなところで色んな効果が出る(^^;

【テレサ登場】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081124034054.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">123-4テレサ登場.jpg

で、「テレサテン」を乗せて試聴。

「○○ちゃん、どう?」
「なんか違う見たいやけど、よう分からん。何かハッキリする」

とのこと。

そうですね、空間がスッキリして、全体の音が少しハッキリした感じがありますね。


ふっとよぎった不安を確かめるべく、念のため、「天音」も「雷知」も取っ払って、元のただの「要石」のみにしたら、一気に残響、響きが減り、広がり感がしぼんでしまいました。

娘によると、

「○○ちゃん、どうなった?」
「全然つまらなくなった」

とのことでした。

と言うことで、システムによって、効果の出方に差がありそうですが、相当効くことがハッキリしました。
うちでは、採用決定ですが、「アマネイシ」にするか「イカヅチイシ」にするかは、もう少し試してからになりそうです。
ひょっとすると、更なる新発見が出てくるかも知れないので、Ge3のBBSはしばらくチェックがいりますね。

それでは、今日はここまで。

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/141-df38b0e8