FC2ブログ

【1334】120128 四国ツアー:(3章)教授邸の電子音再生の快感!・・・(^^; 

おちゃ~また、夜が開けてる・・・ってわけで、今日も、今書いて中・・・しばしお待ちをm(_ _)m
っと、ようやく今日の分だけ・・・お待たせしましたm(_ _)m

さて、タイトルを先に書いちゃったが、果たしてどうなるのか・・・ま、ちょっとペース上げれるように頑張ろう!・・・

っと、毎度お馴染み、教授邸の近くのうどん屋さんへ行って、いつものうどんをご馳走になり・・・いつもご馳走様ですm(_ _)m・・・それにしても、やはり、本場讃岐うどん!うまいですね!(^^

で、お腹も膨れて、準備OK・・・教授邸に戻って、オフ会の再開です・・・

部屋に戻ると、教授から・・・電子音をまだ聞いてもらってなかったので・・・と、最初にかけられたのは・・・手嶌葵のテルーの歌・・・今回は、シングルの方です・・・

う~ん、なんちゅうエコーが長く最後まで聞こえるんや!・・・やっぱり、脅威の低暗騒音の部屋が活きてるんかなあ?・・・凄い情報量と滑らかさ・・・そう、この名前らかさがこのところの大きな違い・・・以前は、美音と高解像度で、音のエネルギーが津波のように押し寄せてくる感じを、ダイヤモンドのサンドブラスターなんて感じ、超微粒子の粒立ちが印象的だったのに・・・サックラの効果か、情報量や解像度が高いまま増して、遂に粒立ちの隙間が埋まり出し、滑らかで厚みも増した・・・

っと、Rayさんが・・・CDの中に入った情報、録音の環境が全部出てきますねと・・・

さて、お次は・・・前回に続き、大貫妙子のアトラクシオンから、1曲目の雷を・・・

うん、壁と天井を無視したサラウンドサウンド・・・熱帯雨林に迷い込んだようなムッとする空間に・・・前方上空に雷とスコールが・・・雷が頭上を走る・・・低域の部屋への回り込みも凄いなあ・・・うちじゃ、バスレフポート開けたのに、ここと比べると全く空振りな低音・・・それにしても、ホンと、サラウンドマルチが入りませんね!(^^;

曲が終わって、Rayさんからは・・・これ、前聞いた曲?全然違う曲にしか思えない、物凄いスケール感で、聞いたことないかと思うほど、全然違う曲に聞こえると・・・

っと、さて、本題の電子音・・・勿論、YMOの東風・・・

どひゃ~この打ち込みのドラムの立ち上がりの音圧・風圧?エネルギーの凄まじさ・・・パルス的にドッと立ち上がって、ピタッと止まる制動力・・・当時のミキサーの意図が分かる音の配置・・・音量は大きいんだけど、お腹も膨れて、あまりに心地よくて、ついうたた寝を・・・教授、すみませんm(_ _)m

と、曲が終わって、教授が、Rayさんに、こう言うのありですか?と聞いたら・・・ありです、こういう打ち込み系も好きだとのこと・・・

ええ?だったら・・・もう1曲聞いてくださいと、いよいよ本番!UC YMOからライディーンを・・・

ひょえ~!やっぱ凄いなあ・・・微温のシンセの高域にゾワッとする・・・このパルス性のリズムがこれだけスパッと大音量で立ち上がって立ち下がるってのは、脅威だな!・・・

RayさんのiPhoneのスペアナ・・・やっぱり超ワイドレンジ・・・低域も高域も伸び切って・・・音圧は110dBくらい・・・なのに、耳に付く嫌な音は無くて、むしろ快感サウンド・・・

Rayさんが、昔ブラスバンドで演奏してた時、周りの楽器の音が体に沁みてくる感じに近いものを感じたとのこと・・・つまりは、原寸大の音に近付いているってことか・・・(^^;

っと、教授が・・・じゃあ、今度は、無し行きますと、かかったのは・・・そう!パフュームのねえ!・・・しかも痺れる体感サウンドで・・・

冒頭の衝撃波・・・むず痒いボーカル・・・心地よくスパッと来る打ち込みドラム刻むリズム・・・空気鉄砲の口の前にいるように音が迫ってくる・・・この日の音量は、σ(^^)私も上限近い、右耳の蝉が鳴いてましたから(^^;

曲が終わって、Rayさん・・・声が無かったら良かったのに・・・ディスコを思い出したよと・・・

じゃ、これは、ありありの奴ですと・・・極めつけの1曲・・・川井憲次のイノセンス・・・

Rayさんが、これ芸能山城組?と・・・確かに(^^;・・・雰囲気は似たものありますね(^^;

ナハッ・・・これは、もう、何度聞いても、映画の衝撃サウンドの世界・・・音の津波にもみくちゃ!・・・太鼓の鳴りは、N801のウーファーサイズならでは・・・っていうより、この音の出るところがどれだけあるんだろう?

Rayさんも・・・これは良いね!これは凄いは・・・ふつうはこれは出されへんでと・・・これ、普通の家でかけたら、ゴチャゴチャで出て、何の変哲も無い局に聞こえるやろね・・・普通の家では、煩くて音量上げれないし・・・

教授が・・・これはめちゃくちゃ電気食います・・・普通のアンプなら破綻しますからと・・・(^^;

っと、Rayさんが、じゃ、これをかけてと・・・エンジェルスカイツの7曲目を・・・

ひょえ~!・・・このパイプオルガンってこんなスケールの低域だったの?・・・これなら、数十センチのパイプが共鳴して出てるんだって分かるなあ・・・それと、この空間・・・なんなの?(^^;

Rayさんからも・・・凄いね、ここにパイプオルガンがグワッと出てた感じがすると・・・

いやいや、凄い奥行きと、高さ、広がり・・・

じゃ、これを聞かせてくださいと・・・っと、残念ながら、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Rayさんは日頃聴かないソフトも楽しんで頂きよかったです。エンジェルスカイツやっと手に入れました。このソフトも最高っす!

教授、遅いレスですみませんm(_ _)m
エンジェルスカイツの低域・・・相変わらず、うちでは出なくて・・・寂しい(^^;
SPの特性と、部屋の影響が重なるセッティングなのか、最低域の方は出てるようなんですが、低域が少ないので、出てないかのような印象に・・・難しい!(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1392-7d44e83d