FC2ブログ

【1327】120122 拙宅オフ会:(最終章)Stereo誌おまけアンプと太鼓SP・・・(^^; 

さて、GPSクロック、DAC持寄り拙宅オフ会・・・って言うか、GPS-777の最適効果確認実験オフ会?だったわけですが・・・非常に貴重な体験をさせていただきました!(^^;

ま、オーディオ機器の常、出音に対する物理的な性能評価、比較に直結する指標もデータもありませんから、その効果の判断は、全て自身の感性と言う事になりますが・・・σ(^^)私のつたない経験の中ではその効果の大きさの面でも、CPの面でも最大級のものかなと言うのが実感・・・

ただ、効果が大きいと言うことは、それだけ支配力が強いということで、トレードオフになる部分があるかどうかが鍵だと思うのですが・・・こればかりは直ぐには分かりませんから・・・(^^;

ってわけで、大きな成果のあったオフ会もお開きにとの声も上がったのですが・・・まだまだ、終れません!・・・この日のために用意された?スペシャルな余興?を楽しんでもらわねば!(^^;

で、準備中の様子がこちら・・・

【Stereo誌付録アンプ対決!】
1327-01Stereo誌の付録アンプ対決.jpg

そう、昨年末大きな話題となったStereo誌の付録に付いてきたデジタルアンプの実験です!(^^;

1台は、拙作・・・ナンチャッテNuForceタイプ+自作出川式電源・・・詳細は、こちら・・・

【1307】111225 stereo誌付録のアンプにケースを・・・(^^; [2012/03/05]

ハハハ・・・中身はノーマルです(^^;

で、これに対するは、酒仙坊チューン・・・ベストバージョン!

チューン内容は、システム全体のバランスを考えたもので・・・付録アンプ自体は、オペアンプの交換を施し、これをL/R各1台のモノラル使用・・・加えて、非力なデジアンのサポートとして、ムジカライザー(画像手前の緑のBOX2個)で、逆起電力を抑制・・・

で、本来、ここへのRCA接続に、ラダーケーブルを入れた実験を予定していたんですが・・・長さが足りず、断念・・・

ってわけで、入力は、ここまで使ってきた拙宅メインシステムを使い、プリアウトをこの付録アンプに接続・・・勿論、GPS-777供給ありで・・・で、再生には・・・太鼓SP海苔巻君を・・・

ホントはメインのS-1EXを鳴らしたかったんですが、バイアンプ駆動のため、ずっとバイワイヤーになってまして・・・ジャンパーが見当たらず・・・断念・・・残念(^^;

 GPS-777(44.1KHz供給) GPS-777(44.1KHz供給)
  ↓          ↓
 U-X-1(トラポ) ⇒ SV-192S(DAC) ⇒ SV-192A/D(プリ) ⇒ 【付録アンプ対決】 ⇒ 太鼓SP海苔巻君

この構成で、まずは、拙作ナンチャッテNuForceタイプ(中身ノーマル)+自作出川式電源から・・・

試聴曲は、エリー・アメリンクのモーツァルト歌曲集からタイトル曲、春へのあこがれK.596・・・

拙作、太鼓SPは、ボーカルものは、筒の中で歌ってるイメージに鳴るので、が苦手なんですが・・・意外や意外、綺麗なエコーが入っててフロント壁面全体に空間が広がって良い感じ・・・(^^;

っと・・・おお!・・・立派な音がしてる!・・・素晴らしいじゃないですか!・・・これは凄い!・・・と、本日最高のお褒めの言葉が連発(^^;

ま、禁断のGPS-777の2台使いの音を供給してますから・・・とは言え、よう鳴るなあ(^^;

で、これを酒仙坊チュ-ンのベスト版に接続換えして・・・もう一度再生・・・

おお!随分変わりましたね!・・・凄く澄んだ音・・・一段と若々しく、瑞々しくなった!・・・ここまで鳴る太鼓SPも立派なもんですね・・・これだけ鳴れば、これだけ(太鼓SPとおまけアンプ)で生活していけるんじゃなかなあ?・・・と、更なる好評価!

で、これなら鳴るかなと・・・太鼓SPが苦手なボーカルもので、井筒香奈江さんの時のままにから・・・
おお、これならほとんど筒を意識しないなあ・・・でも、この曲は、目の前に浮かんで欲しいな・・・って、おまけアンプと太鼓SPに、対峙する聞き方を望んじゃ駄目でしょう・・・

で、ちょっと悪戯にメインシステムで鳴らすと・・・うん、対峙する聞き方なら、これだな・・・口が見えちゃう位・・・なにせ、禁断のGPS-777の2台使いですから・・・

で、酒仙坊チュ-ンのベスト版に戻して・・・ハイティンク・シカゴ響のマーラーの3番を・・・

おおお!よくこれだけ鳴りますね!・・・グランカッサのドスンもドロドロドロもしっかり聞こえるし・・・金管パートも弦も分かれて聞こえる・・・

じゃあ、太鼓SPがどこまで鳴るかを、メインシステムで鳴らしえみましょうか・・・

と言うことで、メインのシステムの出力をS-1EXから太鼓SPに繋ぎ変えて・・・コープランドの市民のためのファンファーレを・・・

お!・・・さすがにパワーアンプがしっかりすると、より、キチンと鳴りますね!・・・よく、こんなSPで、グランカッサの低域の破裂音みたいのが出るな!・・・と、良い感じのコメントが・・・

じゃ、最後に、酒仙坊チュ-ンのベスト版に戻してどこまで鳴るかを確認してみましょうかと・・・市民のためのファンファーレを再生・・・

ふ~ん、ちょっとぼやけますけど・・・こうやって聞くと、ムジカライザーが結構サポートしているようですね・・・低域の制動力は厳しいですけど・・・抜けや透明度は凄いですね!・・・海苔巻君、良く鳴りますね!・・・

いやいや、面白かった\(^^)/

それにしても、GPS-777の2台使いの音・・・凄かった!

ってわけで、急遽、村井裕弥さんの取材付きとなった、GPSクロック供給は、どこが効果的か?実験オフ会も、余興の部まで全て終了となりました・・・

村井さん、はるばる東京からお越しいただいて、段取り悪くてスミマセンでした・・・でも、ご参加の皆さんともども、ホントに楽しい時間を過ごさせていただきました!ありがとうございましたm(_ _)m

酒仙坊さん、貴重な機会を与えていただき、たくさんの体験をさせていただきました。どうもありがとうございましたm(_ _)m

困ったのは、GPS-777への興味が、一層高まっちゃったこと・・・さてさてどうするか・・・

幸い、次の週末まで、1台をお借りできる事になったので、もう少し遊ばせていただきます・・・(^^;

っと、まてよ?・・・この週末は、四国だ!(@@

ってわけで、次は、そのお話?・・・続けていくのか?・・・

明日は・・・ちょっと考え中・・・

ですが・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

ありがとうございました。

詳細なご報告ありがとうございました。時間切れで宿題を残してしまいましたが、よろしくお願いします。拙宅でも追試を行いましたのでそれはいずれご報告いたします。
太鼓スピーカーと付録アンプはとても手作りや付録と思えない音でしたね。GPS入力とムジカライザーが効いていたように思います。

Re: ありがとうございました。

酒仙坊さん、こんにちは。
お付き合いありがとうございましたm(_ _)m
今回、ほんとにたくさんの気付きがあり、今後の課題、テーマとすべき所も・・・
ただ、全部が出きるわけではないので、興味深い所から、ぼちぼち行こうかと・・・(^^;

ホント、すごかったo(><)o

> いやいや、面白かった\(^^)/
> それにしても、GPS-777の2台使いの音・・・凄かった!

このふたことに尽きますね。
過去にもいろいろな衝撃がありましたが、この20年間で3本の指に入ると思われます。( ´ ▽ ` )ノ

Re: ホント、すごかったo(><)o

村井さん、こんにちは。
お疲れ様でした!・・・今回、酒仙坊さんの計画と取材と言うテーマがあったんで、これまでになく分かりやすいオフ会でした・・・これが無ければ、どんなに脱線してたか(汗・・・とは言え、あれこれ脇道に逸れたし、溢れて長時間に渡ってしまいましたが・・・(^^;
それでも、楽しい貴重な体験を、素敵な記事にしていただいて、ホント大喜びです!ありがとうございましたm(_ _)m

σ(^^)私が考えなしにオフ会進行してたら、ゲルの有無や丸棒チューニング、それに御馬鹿に走った3D映像の視聴とか・・・リビング実験工房のお楽しみ成果発表会もやっちゃって、わけわからない状況になってたsでしょう・・・危ない危ない(^^;
と言うことで、お楽しみアイテムは、まだまだありますので、チャンスがありましたら、是非また遊びにお越しくださいm(_ _)m

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

GPSクロックの威力が2台使いに、置いて効果発揮したと言うことは、よーく分かりました。
ただ問題とすれば、スタジオエンジニアの方はこの事実をどうすべきと言う事だね。
(各一個づつ付けるべきなのか、それともまとめてグループ化してプレーヤーとDAC分けるとか)
非常に悩ましい問題だ。
話が変わりますが、家のCDプレーヤーか、CDドライブに入れてみよか考えてます。(笑)

青フォレさん、こんばんは。
2台使いが良かったのは、うちの環境での再生においての話しですから、他でも再現性があるなら、何故かということを究明し、その対策が一般的にも有効であれば、フィードバックが必要な可能性もあるかもしれませんが、現時点では、ソースの製作側がクロックを個別化する意味は無いでしょう(^^;
問題なのは、機器間の同期が目的の仕組みが、何故理屈に反して個別供給の方が良く聞こえてしまったのか?ということだと思います・・・何故なんだろう?(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1385-ab25cc15