FC2ブログ

【1325】120122 拙宅オフ会:(7章)TL5100にCRV-555、VoyageMPDとGPS-777も・・・(^^; 

さて、GPS-777やDACの持寄り実験オフ会・・・拙宅環境のUX-1とSV-192Sの次は、DACをMYTEK DIGITAL 192 DSDに・・・ここでも、GPS-777の効果を体感し、やっぱり2台供給の凄さを実感・・・

そしてお次は・・・クロック入力の無い機器へのクロック供給実験ということで・・・

まずは、拙宅の休眠トランスポート・・・CECのベルトドライブトランスポートTL5100を引っ張り出してきて・・・これを使うことに・・・

【CRV-555(手前)を経由して】
1325-01CRV-555.jpg

で、TL5100のデジタルアウトを、そのままDAC入れても良いのですが・・・ここは、酒仙坊さんに持参いただいたインフラノイズのCRV-555を使って、リクロックした後、DACに入力する事に・・・

ま、これで、クロック供給箇所がCRV-555とDACの2箇所になるわけですね・・・(^^;

ということで、接続は、次の通りで・・・

TL5100 ⇒ CRV-555 ⇒ MYTEK 192 DSD ⇒ 【※】プリ~パワー~SPとも通常の駆動系

で、まずは、外部クロックは、供給せず、各機器オリジナルの内蔵クロックで・・・ソースは、またKANNKAWAさんのオルガニスト4曲目を再生・・・

よく聞く音ですね・・・This is CDって音ですね・・・センターあたりにモヤッとした団子状の定位で、前後感が無くて、平面的な感じ・・・

続いて、CRV-555に、GPS-777から44.1khzを供給して、もう一度再生・・・

  GPS-777(44.1KHz供給)
      ↓
TL5100 ⇒ CRV-555 ⇒ MYTEK 192 DSD ⇒ 【※】プリ~パワー~SPとも通常の駆動系

おお!やっぱり、音の立ち上がりがグッとハッキリし、それぞれの楽器が、それぞれ別々に存在がはっきりしてきた・・・演奏の強弱が一層よく分かる・・・結構良いですね・・・と、まずますのコメント

それじゃあ、今度は、MYTEKをPLLモード(トラポからのクロック信号に同期)で、再生・・・

ほう!・・・なるほどね・・・グッと整理され、上質な音に・・・滲みが一層取れ、本来の余韻が綺麗に聞こえるようになった・・・良いですね・・・ベースが結構明瞭になりました・・・このプレーヤー結構良いですね、滑らかな音で・・・などなど、次々コメントが・・・

それじゃ、次は、MYTEKにも、GPS-777からクロック供給して、2台供給で再生・・・

 GPS-777(44.1KHz供給) GPS-777(44.1KHz供給)
       ↓       ↓
TL5100 ⇒ CRV-555 ⇒ MYTEK 192 DSD ⇒ 【※】プリ~パワー~SPとも通常の駆動系

フフ・・・2台供給の同じ傾向ですね!(^^・・・立派なもんですね・・・ジャンクに修理代2万円のトラポとは思えない・・・SN感、解像度、分解能がアップして、力強さと存在感が出てきた・・・これ(ベルトドライブ)は、これで、高級プレーヤーには無い良さがありますね・・・UX-1とは違う良さ、柔らかさがありますね・・・それぞれGPSクロックを入れることで、どちらもストライクゾーンに入ってきますね・・・それにしても、GPS-777の2台使いって言うのは凄いね!・・・古い録音のJazzは、このトラポと2台供給の方が、合うんじゃないですか・・・聴き応えがありますね!・・・と、非常に好評価なコメントが次々に・・・

じゃあ、そろそろVoyageに行きませんか?とのリクエストで・・・

予定していた4つ目の再生系のネットワークプレーヤーでの確認を・・・

                        GPS-777(44.1KHz供給)
                        ↓
(4) NAS ⇒(LAN)⇒ ALIX3D2+VoyageMPD+XMOS ⇒ SV-192S(DAC) ⇒ 【※】同じ駆動系

ソースは、これまでクラシックの試聴に使った、酒仙坊さんがBS録音されたカルミニョーラのバイオリン協奏曲ト短調と同じ音源ファイルを、WAVにして、拙宅のNASに入れたもので、これを再生・・・

ほう!結構、繊細で綺麗で整った響・・・立派なもんですね・・・良いんじゃないですか・・・ドライブと違う、PCオーディオの系統の音ですね・・・滑らかでストレスがないですね・・・人によってはクールすぎるかも知れないが、非常に清楚な音ですね・・・こちらも、なかなかの好評価コメントが・・・

っと、それじゃあ、このネットワークプレーヤーならではと言う事で・・・24bit/192khzのイーグルスのホテルカルフォルニア(HDTracksから入手のハイレゾファイル)を、SV-192Sには、GPS-777から同じ192khzを供給して再生・・・

おお、いいじゃないですか!・・・元はアナログマスターをハイレゾにしたんですかね?・・・当時の録音とは思えない情報量と解像度ですね・・・真空管の音が入ると、ハイレゾのファイルが一層良くなりますね・・・

っと、今度は、カーペンターズのハイレゾファイルの再生のリクエストが・・・

で、こちらは、別の音源もあるので・・・っトところが、今日はここで時間切れ・・・・m(_ _)m

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

クロック入力のない機器では?

クロック入力のないトランスポートやDDコンバーターでもCRV-555にクロック入力してリクロックすることの効果が出ましたね。それにしても短時間でいろいろな実験ができました。それらをMt.T2さんが克明に整理していただいたので、当方も背景や解釈を整理することができました。クロックの分岐供給と個別供給の問題は継続課題と思っております。

Re: クロック入力のない機器では?

酒仙坊さん、おはようございます。
σ(^^)私は、実質、今回、初めてCRV-555の効果を聞いたので、今思うと、トラポからGPS-777供給のDACへ直接入れた場合と、CRV-555を間に入れた場合の比較もやればと・・・あっ、少し時間を開けて、この後やりましたっけ?
そう言えば、VoyageでCRV-555入れた2台供給もやりましたね・・・今晩、そこにも気をつけておさらいしてみます(^^;
後は、1台のGPSクロックで、個別供給のサウンドが得られれば最高なんですが・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1383-eb3c1ccb