FC2ブログ

【1319】120122 拙宅オフ会:(1章)いよいよ持寄り実験がスタート?・・・(^^; 

さてさて、いまいちスッキリしませんが、何とか1週間が終えられました・・・残るは、このおさらいなんですが・・・実は、これが今週一番の山場か?(^^;

熊本のオーディオ道場への遠征に行きそびれ、ジョーシン1番館のデモで、これでもか!ってほどに、その効果を耳にしたσ(^^)私に・・・酒仙坊さんから、GPS-777を拙宅へ持ち込んで、クロック三昧のオフ会をやらないか?とのお誘い・・・

これは、願ったりかなったり!・・・ってわけで、ここまで数日のお話にある通り、あれやこれやの準備をして来たわけですが・・・

何と、何と!・・・突如!ホンと突如、σ(^^)私と酒仙坊さんをめぐり合わせた、村井裕弥さんが、いらっしゃるという話しに・・・っと、それも単に、拙宅オフ会への参加と言う訳ではなくて・・・

何と!・・・今回の、酒仙坊さんのGPS-777拙宅持込・持ち寄り・クロック三昧・実験オフ会を、取材に来られると・・・(@@;

その話が来たのは、何と、オフ会の4日前・・・つまり・・・それを知っても、もう何をなす術もなく・・・元々、気になっていた、S-1EXのバスレフポートからの中低域の被りに、最後の一手を打っただけで時間切れに・・・と言う事で、もう、まな板の鯉状態・・・(^^;

とは言え、今の拙宅のサウンドで、果たして取材に足りる程の実験になるんだろうか?・・・

過去、自作ルビジウムクロック導入時、ケーブルだけで、コロコロ音が変わる事は、体験済み・・・しかも、高周波を扱う外部クロックでは、ケーブルのインピーダンスの違いだけでも、何が起きるか・・・

果たして、記事になるような、実験成果が出るのだろうか?・・・って不安が、ふつふつと・・・っと、ところが、この取材決定が、あまりに急だったため、あれこれ考える以前に、当日を迎えてしまったというのが、実際のところ・・・

ってわけで、遂に、拙宅オフ会当日に・・・

待ち合わせ時間に、最寄駅の改札前へ、お迎えに・・・っと、程なく、酒仙坊さん、M谷さん、大@神戸さんが、到着・・・少しして、村井裕弥さんが、到着・・・

で、皆さんと友に、早速クロック談義に花を咲かせつつ、狭苦しい拙宅へ・・・

【おおよそのレイアウト】            【この頃の拙宅の斜め配置】
1319-01レイアウト-2.JPG 1319-02この頃の拙宅の配置.jpg

まずは、太鼓SP海苔巻君で、BGMを流しつつ・・・拙宅の部屋の模様替えの様子を確認いただきつつ・・・斜め配置の説明・・・当日持寄り機器のセッティング・・・

まずは、予備機として持参いただいた、もう1台のGPS-777を、右のラックの臨時追加した棚板の上、既に前日から動作中のGPS-777の右隣に・・・で、GPSアンテナをベランダに設置・・・

続いて、外部クロック(ワードシンク)入力のあるDACとして、MYTEK DIGITAL 192 DSD DACを、同じ棚板の上に設置して、通電開始・・・

と・・・っとと・・・天気が良いからか?(^^;・・・10分足らずでGPS-777が衛星電波を受信して、ロックしたようで、2秒間隔のLEDの点滅が始まった・・・(@@;

で、太鼓SP海苔巻君に繋いでいた出力を、メインSPのS-1EXに繋ぎ変え・・・

最近のσ(^^)私の課題だった、バスレフポートからの中域の被りによる、濁り対策の結果を聞いていただこうと・・・確認に使ってた、今井美樹のI Locve a Pianoから、年下の水夫を再生・・・

っと・・・今、何が、どういう構成でなってるの?っと突込みが・・・おお!すみませんm(_ _)m

てわけで、慌てて構成を説明・・・大きくは、送出しが、(1)~(4)の4系統ありまして・・・

◇ます、送出し系統1番目は、UX-1直接・・・

  GPS-777(44.1KHz~192KHz供給)
  ↓
(1) UX-1 ⇒ 【※】SV-192A/D(プリ) ⇒ MU-80FT(パワー:4chでバイアンプ) ⇒ S-1EX

◇次は、UX-1のデジタル出力をDAC経由で・・・で、準備したのは3パターン・・・

  GPS-777(44.1KHz~192KHz供給)
  ↓            ↓
(2) U-X-1(トラポ) ⇒ SV-192S(DAC) ⇒ 【※】プリ~パワー~SPとも同じ駆動系

  GPS-777(44.1KHz~192KHz供給)
  ↓            ↓
(2)'U-X-1(トラポ) ⇒ MYTEK 192 DSD(DAC) ⇒ 【※】同じ駆動系

  GPS-777(44.1KHz~192KHz供給)
  ↓            ↓
(2)"U-X-1(トラポ) ⇒ SRC2496(SRC+DAC) ⇒ 【※】同じ駆動系

◇もう一つは、クロック入力のプレーヤーで2パターン・・・

                  GPS-777(44.1KHz供給)
                  ↓
(3) TL51001(トラポ) ⇒ SV-192S(DAC) ⇒ 【※】同じ駆動系

                  GPS-777(44.1KHz供給)
                  ↓     ↓
(3)'TL51001(トラポ) ⇒ CRV-555 ⇒ SV-192S(DAC) ⇒ 【※】同じ駆動系

◇最後は、ネットワークプレーヤー

                                   GPS-777(44.1KHz供給)
                                   ↓
(4) NAS ⇒(LAN)⇒ ALIX3D2+VoyageMPD+XMOS ⇒ SV-192S(DAC) ⇒ 【※】同じ駆動系

で、これらを、実験の流れによって、随時切替え、繋ぎ変え、供給クロックを変えて、実験して行こうというわけでして・・・

っと、実験機材の構成を説明して・・・ああ、今日はここで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

計画もスクランブル

村井さんには、オーディオ誌の一押し記事のMYTEK 192DSDのことで質問したことから、この日の計画をお伝えしました。当初は取材云々のことはなかったのですが、急遽取材の話が持ち上がって、たかがマニアの集まりに大仰な!と思いつつも、ケーブルやアクセサリーのスクランブルはよくあることですが、クロック入力のスクランブルは珍しいので納得。せっかくの取材が空振りになると困るということからバックアップ機を揃えたり、いっそ来られるならMYTEK 192DSDも持参してもらおうというお願いをしました。それやこれやで時間切れも起こってしまう顛末になりましたが、おおよその目的は達せられたと思いますし、予想外の結果も出てきましたね。

Re: 計画もスクランブル

酒仙坊さん、こんにちは。
いやいや、ホンと貴重な体験をさせていただいて、ありがとうございます。
お陰様で、色々な気付きや学びがあって、これを切っ掛けに、さらに、色んな事に動きが・・・ま、その動きの成果が、拙宅サウンドの、今後に大きな影響を与えてくれるんじゃないかと・・・と言っても、パッと変わるものではなく、1つずつの積み重ねになるのでしょうけど・・・ぼちぼち、やって行こうと思います(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1377-a106bd0e