FC2ブログ

【1274】111119 4kプロジェクター(VPL-VW1000ES)を見て来た時のφ(..)メモ(後編) 

どわ~っと!やばい・・・(@@・・・またやっちゃった・・・どこまで書けるか?・・・

さて、ソニーの4kプロジェクターVPL-VW1000ESの視聴会ってタイトルなのに・・・なぜか、スピーカーやAVアンプの試聴ばっかり・・・絵の順番が来たと思ったら、うちのお兄さんVPL-VW95ESの視聴だし・・・っとまあまあまあ・・・この年の新製品の紹介なんだから(^^;

で、この時のうち(VPL-HW30ES)のお兄さん機(VPL-VW95ES)の違いをまざまざと感じ、意外にショックだったものが、グルーの月泥棒3Dで、3Dの性能については、ほぼ同じだと感じ、一安心・・・

そう、2Dの画質については、価格差相当の性能差が、ありありなんですが、3Dのちらつきのレベルは、特に地が良いが無いという印象・・・ま、ある意味残念ですが、うちはVPL-VW95ESで正解だったと、一安心・・・(^^;

っと・・・これだけで3Dめがねを回収!・・・ええ?もう終わり?・・・おお!ようやく、今日の主役のお時間なんですね!(^^;・・・

っで、4kプロジェクター(VPL-VW1000ES)の特徴のプレゼンがスタート・・・

【でっかいおいど(尻)!】
1274-01でっかいおいど.jpg

なんちゅうでっかいんでしょう?・・・肝心の波動砲のようなフロント画像を撮り忘れたんで・・・(^^;
でも、業務用の4kプロジェクターは、この台になってる青と黒の台を合わせた位の大きさとのことなんで、それから比べると、よくぞこんな小さな筐体に入れたな!って感じなんですと・・・(@@

そういわれると小さいのかな?(^^;・・・ま、それを実現した技術が、SXRDパネルの小型化(0.74型)と、画像処理回路のLSI(データベース型超解像処理)、レンズなどなど・・・ソニーの技術力を集結!したんだそうで・・・

最近の映画は、業務用4kカメラ・・・ソニーのF65か、レッド1で撮影されているものが多く、BDには、4kからフルHDにダウンコンバートして作られているのだそうで・・・

ま、そのカメラのレンズ製作技術も反映したレンズを使ってる・・・それに、先の超解像技術でアップコンバートして投影すると・・・うん?実際には、まだ、4kのコンテンツが無い・・・で、近くデジタルカメラで撮影した画像を映すソフトは出るそうですが・・・(リアルタイムの方では、もう出てるのかな?(^^;・・・でも、まだコンテンツのフォーマットとかも決まってないのが実状だそうで・・・

ってわけで、いよいよVPL-VW1000ESの絵を見る事に・・・

映画ボルベールで、発色の綺麗さをと・・・映像メニューの説明・・・2000ルーメンの明るさで、暗黒の部屋用からリビングや、暗黒に出来ない部屋でのブライトモードもあるそうで・・・

今回、通常の視聴位置より1列分前に椅子を設置しているが、画素が気にならない・・・ま、言われれば凄いなあとは思うものの・・・SDがHDになった時のような驚きはないんですね・・・(^^;

で、映画ツーリストを使って、リアリティークリエーションと言うアップコン機能のオンーオフで、その違いを視聴・・・ま、風景の背景の素材感・・・石畳やレンガの壁・・・顔の表情・・・ディテールがキチンと描かれるのは、説明どおりに違いは分かりますね・・・

続いて、2010年のクロスロードコンサートのジェフベックの演奏シーンを・・・ふ~ん、凄い映像になるんですね・・・

で、お次はいよいよ3Dの視聴・・・なるほど!この短い時間の中で、VPL-VW95ESとVPL-VW1000ESの両方をやらないといけないから、大急ぎなわけね・・・(^^;

ソースは、塔の上のラプンツェル・・・ほう!確かに、映像の綺麗さは、VPL-VW95ESでも凄いと思ったが・・・VPL-VW1000ESは、更に一層細かで微細な部分がキチンと描かれているのが分かる・・・

ってか、最初に、この時のうちのプロジェクターVPL-HW30ESとVPL-VW95ESの大きな差と感じたのと同じ位の差を、更に、VPL-VW95ESとVPL-VW1000ESの間に感じる・・・

なので、おそらく・・・VPL-HW30ESから、VPL-VW1000ESを見れば、相当な違いを感じれたんじゃないかなあ?・・・ただ、それでもSDとフルHDの違いに感じた程のインパクトがあるかどうか・・・

最後に、バイオハザードIVの3Dを・・・ふ~ん・・・より目立ち難いとは言え、σ(^^)私の印象としては、クロストークのレベルは、この時の現状VPL-HW30ESの3D時のクロストークと、そんなに大きな違いは無いという印象・・・

ってわけで、映像初心者のσ(^^)私の目には、VPL-HW30ES~VPL-VW95ES~VPL-VW1000ESと、その差があるのは分かるものの・・・同時に見比べてみないとその差の大きさを、本当に感じるまでには至らない・・・まだまだ、見方を身につけないと、その恩恵を充分感じれるには至らないと言う印象・・・

ま、要は、宝の持ち腐れになるだろうなと言う印象・・・だって、この頃のVPL-HW30ESの実売価格からすると、5倍くらい違うわけで・・・しかも4kのネイティブコンテンツは、まだ無い・・・しかも、σ(^^)私の一番気にしている3D映像の見易さと言う点のみにおいては、その価格差相当の違いは感じれなかったというのが、この日の感想・・・

この日、映像なら分かるかも?と、かみさんを誘ってこの視聴会に行ったんですが・・・かみさんの目には、綺麗だけど、うちのとどこが違うの?・・・私はTVで充分との、きつ~い一撃が・・・(^^;

実際のところは、万が一、物凄い進歩が体験できれば、その凄さをかみさんに見といてもらえば、その時期が来た時、ほらね、あの時、凄かったでしょって、口説けるようにとの下心で連れて行ったんですが・・・残念ながら、逆効果だったようで・・・(^^;

ってわけで、最新機種の実力を一応体験だけはして置く事が出来ました・・・ちゃんちゃん。。。。

と言うことで、このお話は、これでお終い・・・

明日は・・・拙宅大改造!?のお話のつもり・・・何それ?(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

大改造?

> 見方を身につけないと、その恩恵を充分感じれるには至らない

なんか、初期のSACDみたいな話ですな (~_~;)

> 拙宅大改造!?のお話

おおお(」`Д´)」 ついにやりますか

Re: 大改造?

村井さん、こんにちは。

例えば、ハイビジョン放送になって、初めて対応TVでスポーツ番組を見て・・・綺麗になったなあ、プレーの詳細やボールの動きなんかが良く見えるなあ・・・までは、すぐ気づくんですが・・・
そう言えば、引きの全体ショットが多いなあ・・・あれ、でも細かなところが凄く良く分かる!・・・ってなって・・・これをプロジェクターで大きな画面で見ると・・・おお!こんなプレーしてたのか!・・・あっ!スタンドに友達が映ってる!・・・とか・・・こんなに元の情報が変わっているんだから、見方も変えないと・・・って、そんな感じです(^^;

大改造・・・ハハハ、今回は全部バレちゃってますね(^^;

でも、お話は、ちびりちびりと行きます・・・だって、今の状態は、このお話から2ヵ月後の結果ですから・・・今の状態からすると、明日のお話の大改造ってのは、始めの一歩って感じですね(^^;




> > 見方を身につけないと、その恩恵を充分感じれるには至らない
>
> なんか、初期のSACDみたいな話ですな (~_~;)
>
> > 拙宅大改造!?のお話
>
> おおお(」`Д´)」 ついにやりますか

プロジェクターについて

こんにちは。
ソニーストアの15%offクーポンが使えるうちに、
デジカメのNEX-7(1%ローンにて)を買おうと意気込んだのですが、
VW95ES(49.8万)が値下がりしたのを知り心変わりしそうです。
売れてないんですねー、きっと・・・

95ESのレヴューをググるも余りなく悩んでいます。

私も3Dに興味がありビクターのHD1からHW30ESに買い替えようかと悩んだ結果、
ラプンツェル目当てでパナのプラズマ50VT3を購入したばかりです・・

やはり大画面で堪能したいですものね。お金はないですが1%ローンが組めて
この価格ならば95ESにダイブするべきなのでしょうかね・・・

4Kも気になりますが、ヤマテツさんのアドバイスをお願いできないでしょうか?
気長にお待ちしています。

Re: プロジェクターについて

た~じょーさん、こんにちは。コメントありがとうございますm(_ _)m

結局、何を求めておられるかだと思います。
σ(^^)私の嗜好は、ちょっと一般的ではないので、あくまでそういう奴の戯言として捉えておいてくださいね(^^;

えっと、HD-1は、随分前にチラッとしか見たことがないのですが・・・σ(^^)私の捉え方としては、どちらかと言うと、色味が濃い方の系統と言うか、映画的?・・・対して、ソニーは、今風というか、テレビ的な系統かなと思っております・・・

で、まず、何をご覧になって、どんな系統の色調と言うか色味と言うか絵を好まれるか・・・それに合うのは、どのメーカーで、どんなデバイス(液晶・LCOS・SXRD・DLP)か?なんていろいろ見て、楽しみながら選んでいかれるのが、良いんじゃないでしょうか?・・・それなりに金額も張るものですし・・・

ただ、何より3Dを中心にと言うのであれば、大画面の近接視聴(画面を視野角一杯にして、現実世界が視野に入らなくする)をお薦めします!
じゃあ、何を選ぶの?ってところですが・・・現時点で、3D試聴にきちんと対応できるのは、三菱のLVP-HC7800しかないと思っています。
正しい用語が分かりませんが、σ(^^)私に取って、現時点での3D試聴の最大の障壁は、クロストークと言うのかジャダというのか、アクティブシャッターの切り替わりの瞬間に見える残像のチラツキだと感じていますが、この点においては、これまで見たソニーの4Kプロジェクターも、ビクターの4K対応機も、もちろんソニーの95ESも30ESも、三菱のLVP-HC7800には、全く敵いません!

ただ、ローンを組まれるのであれば、デジタル機器は、本当に日進月歩ですので、恐らく、半年もすると、この状態は、簡単にひっくり返りますから、2D中心で、3Dもとお考えなら、ほんの少し両方を、もっと高次元で満たす機種を待たれるのが良いと思います(^^;
少なくとも、σ(^^)私には、LVP-HC7800の3D性能と同等にならない限り、他の機種は選択肢に入りません。(だって、疲れて3D映画1本見終われませんもの(^^;

かなり偏ってますが、これが現時点のσ(^^)私の考えです・・・
ちなみに、この結論に至る経緯は、このブログのリアルタイムとのタイムラグの中に含まれていますが、この部分が結末に至るには、後1ヶ月くらいかかります・・・日記のアップが遅くてスミマセンm(_ _)m

さっそくのコメントありがとうございます。
結局HW30ESの3Dには、満足できなかったご様子なので、
同等の95ESでも満足に至ることはないだろうから
まだ待った方が良いとのご助言ありがたく受け取りました。

SONYの絵はもちろん承知しております。
プロジェクターは、レンズが命だと思っていますので
95ESで、4Kがこなれてくるまで乗り切ろうと思いましたが、
もう少し考えてみます。
ちなみに95ESの値段は、49.8の15%offになります、
さらにポイントが付くので魅力的なのですが・・・・

HC7800と同等のものは、他のデバイスでは当分出てこない
のではないでしょうか?

やはり3Dを求めるなら2D機とHC7800の2台体制
が一番の良策であると思います。
HC7800、レインボーノイズさえなければ
よいのですがね。

た〜じょーさん、おはようございます(^^;

偏狭な意見でスミマセン(^^;
幸い、σ(^^)私、レインボウノイズに鈍感でして・・・おまけにDLPの発色も好きで・・・
確かに、現時点では、懐が許せば、2Dと3Dの2台体制ってのが良いかも?とも思いますが・・・普通の人は、それ程3Dを見る事はないでしょうから・・・

冷静に、HD-1をお持ちで、ソニーの絵に興味があり、レンズ性能を重視されると言う事に加え、限定の割引と来ると・・・95ESに相当揺れますね(^^;
昨年の大阪のオーディオセッションで見たVW95ESの絵は、30ESとは、正しくレンズ性能の差を見せ付ける抜けと解像度だと感じましたし・・・低金利のローンを使って4kまでの繋ぎ・・・確かに我が事だとするとめっちゃ悩みますね(^^;
視聴ができる環境にいらっしゃるなら、実物を見て決められるのがベストだと思うんですが・・・時間や距離で、なかなか叶わない事もありますものね・・・ギリギリまで、楽しんで検討してください!(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1331-76332caa